2008年 11月 30日
김치
むかしは朝鮮漬けといった
いまは原語でキムチ(김치)と呼ばれている
さっき仙台からキムチが届いた

c0120913_10491611.jpg
Kimchi of "J" carried on Nabeta glass.
OLYMPUS E-410 with Zuiko 35mm F3.5 Macro


キムチをはじめて食べたのはいつだろう
まだ子供の頃だ
口の中が火事になった
朝鮮のひとは毎日こんな辛いモノを食べるのかと驚いたが
食べてみると
辛さの中に独特の甘味があることがわかった
この甘味こそが旨味にちがいない
あとを引く味だ
ついつい箸が伸びる

韓国へは何度も行った
ソウルでも
釜山でも
大きなレストランでも
小さなめし屋でも
驚いたことにキムチは食べ放題なのだ
高級店では十種類近いキムチが小皿で供される
たまらなく旨い
これだけでお酒もご飯もススムくんだ
しかもすべてタダである
ボクはメインの肉や魚よりこっちを愛してしまう

一皿食べ終えるとすかさず新しい皿が運ばれてくる
韓国では残さず食べ切るとそれは「おかわり」の合図なのだ
「ごちそうさま」の場合はひとくち残さねばならない
なんだか勿体ない気がする
食べ残すのはお行儀が悪いとされるニッポンでは考えられないことなのだ

今日仙台から届いたキムチ
驚異的に旨い
辛味より旨味が勝っている
昆布が効いている
烏賊が効いている
まさにこれはボク好みのキムチだ
昼間からキムチを肴に飲んでしまう

それにしても
和食の料理人なのに
こんなことまでできるとは・・・
しかも
本場のキムチを食べたことがないのに
こんなことができるとは・・・
鬼の平蔵も畏れ入るしかないのである

by ikasasikuy | 2008-11-30 13:53 | 食文化論 | Comments(2)
Commented by jinenbo at 2008-12-02 12:39
ボクも昔
朝鮮漬け食べてました
オヤジが好きでしてね・・・

おいしかたですか
そりはよかった!

平蔵殿が辛味好きで^^
Commented by ikasasikuy at 2008-12-02 16:40
じねんきむち
おいしかったです
あ〜っというまになくなりましたです

ほんで
親方のオヤジさんといえば
ガラガケでオオガイを捕るあのオヤジさんですね
オオガタオオガイを衣装ケース3杯分釣ってきて
三枚におろし腹をかいて皮を剥ぎ
切り身にして冷水に1時間晒し
水気を切って擂鉢に生姜、味噌、卵、片栗粉を入れて当たり
出来上がったすり身を団子にしてお湯に投入し
薄口醤油と塩で味付けして出来上がり

あのオヤジさんですね
ボクも川の上流部のウグイならなんどか塩焼きで食いましたが
脂の薄い魚なのでいわゆる旨味は感じませなんだです
小骨と身をクチビルと前歯で漉きながら食いました
野趣を感じる魚でした
兵庫県の日本海側の河川河口部には溢れ返るほどいます
こんど日本海へ行ったら
オオガタオオガイを衣装ケース3杯分釣ってきて
三枚におろし腹をかいて皮を剥ぎ
切り身にして冷水に1時間晒し
水気を切って擂鉢に生姜、味噌、卵、片栗粉を入れて当たり
出来上がったすり身を団子にしてお湯に投入し
薄口醤油と塩で味付けして食べてみます



<< 夕月      柿 >>