2009年 02月 23日
うちなーすば
c0120913_19512497.jpg
首里そば
OLYMPUS E-410


沖縄にも
そばがある
そばといっても「蕎麦」ではない
いわゆる小麦粉を原料にした「麺」だ
つまり
成分はうどんと同じなのだ

形状はきしめんに似た平打麺が多い
食感は讃岐うどん以上の強いコシが特徴だが
店によっては
弱腰のものから
超アルデンテまで様々だ

出汁は
豚骨、鶏ガラ、鰹節などをあわせ
塩と醤油で味を整え
茹で上がった麺に掛け回して食べる
うどんのような
ラーメンのような
独特の出汁である

トッピングは
主に豚の三枚肉や
骨付きスペアリブを煮込んだもの(ソーキ)だが
テビチ(豚足)
ユシドーフ(おぼろ豆腐)
フーチバー(よもぎ)などを乗せるものもある
このあたりの発想はうどんとまったく同じで自由だ
したがって
出汁にカレールゥを加えた「カレー沖縄そば」も
当然ある
残念ながらまだ食べたことはない
(平蔵も琉球探索までは手が回らないのであろう)

沖縄そばを
現地のことばに近い発音で言うと
「うちなーすば」になる
「おきなわそば」と言うより美味しそうに聞こえる(気がする)

ボクの沖縄での昼食の定番メニューになっている
町中どこに居ても
すこし町からはなれたところでも
「沖縄そば」の看板を見ることができる
手軽で安くて栄養価も高い
コストパフォーマンスの高い昼食と言える



朝から
写真を撮りに首里へ行った
青空を背景に屋根のシーサー撮るためだ
残念ながら曇天だった
雨まで降られた

昼前
「首里そば」へ行った
いろんなグルメ雑誌や旅行ガイドブックに紹介されている
いわゆる「行列のできる有名店」だ
案の定、満員だった
ただし
順番を待っているのは若い男性客一人だけである
果たしてこれを行列といえるのだろうか
とりあえず
ボクがその後に続いたので少しは行列らしくなった
待つこと5分
前の客が呼ばれたすぐあと
「おひとり様こちらへどうぞ」
順番が来た
振り返るとボクの後ろには10人以上の列ができていた
さすがは有名店だ

ボクが案内されたのは
別室だった
別室とといっても部屋ではない
縁側だ
板の間の広縁だった
つまり「お外」である
暑くもなく寒くもないこの時期の沖縄なら
「お外」のほうが快適である
しかも「個室」なのだ
厳密には「室」でもないけれど・・・

ところで
この有名店のそば
どういう味だったか
語りたいところだがやめておく
「メディアがこぞって紹介するだけのことはある」
とだけ言っておこう
なにしろ
相手はそばだ
決して語ってはイケナイのである

by ikasasikuy | 2009-02-23 10:03 | めん類学 | Comments(8)
Commented by ゾン at 2009-02-23 12:28 x
茶碗にお花にソバはでてきたけろ、あんまり魚でてこんな~
Commented by ちっち at 2009-02-23 14:47 x
この円形テーブル
年期の入り具合がとてもいいですね
うちのンも早くこんなンになってほしいです
えっ?
ソバの話やんけ?

あはは~
そーでした、そーでした
ソバが見えてませんでした
Commented by ikasasikuy at 2009-02-23 18:27
zongさん
>あんまり魚でてこんな~

なんか勘違いされておられるようですな
ここは魚屋のホームページではありませぬよ

Commented by ikasasikuy at 2009-02-23 18:27
ちっちさん

いやいや
そばよりこの円卓のほうが
たしかにインパクトが強いですからね
ほんで
ちっち家(あえて本名伏す)にもこのような円卓があるのですか
それはステキなチョイトいかすテーブルです
ざぞ歴史が刻まれておるのでしょうねぇ
え?
>うちのンも早くこんなンに
そうですか
もっと
もっと
傷が刻まれて
「うわ〜」ゆうぐらい迫力ある円卓になってほしいのですね
わかりました
でも
だいじょうぶ
だいじょうぶ
あと10年もしたら
「あ、これ、ママンがヒス起こして出刃包丁付き立てた時のキズやん!」とか
「あ、ここ、おにいがガールフレンドにふられて噛み砕いたときの歯形や!」というふうに
きっと
ちっち家(あえて本名伏す)の円卓も首里そばの円卓のように
複雑な年季に刻まれたすばらしい円卓になることでしょう
まちがいなく

Commented by at 2009-02-24 15:01 x
横の方にちょこっと外して置いたぁるメガネの気持ちが
良く分かるような気がします。
Commented by miyazaki at 2009-02-24 15:15 x
ダイジョウブです、
沖縄そばは大いに語って下さい。
そば店の評判は、琉球では井戸端会議や瓦版における、
主要なテーマのひとつであります。

Commented by angling-net at 2009-02-24 18:10
ぢさん
わかっていただけますか
そうなんです
ファインダのぞくとき
メガネ
ちょと邪魔になるんですね
メガネのほうにしたら
のけもんにされてるような
「疎外感」てゆうんですか
そゆのを感じているかも知れませんね
なにしろ
ボクは近眼の他に
乱視を所有てゆうんですか
保有でしょうか
あるんです
おまけに近頃は
老眼まで参加して
けっこう賑やかな眼ですから
しかし
そうゆうメガネの気持ちまで
思い遣れるとは
サスガです
少しくうれしく思いました

Commented by Sa. Sa. King at 2009-02-24 18:15 x
miyazakiさん
しかし
やっぱり
そこはそれ
そばはそばですからねぇ



<< カチャーシー      南の島に咲く花 >>