2009年 06月 24日
仙台のうまい
c0120913_2025787.jpg
大阪9:55発仙台行きANA733便
OLYMPUS E-410



ホヤを食いに仙台へ行く
前日大阪は土砂降りの雨が降った
梅雨だ

しばらくすると
雲の切れ間から富士山が見えた

c0120913_206211.jpg


静岡県だ
いや
山梨県かもしれない

ふと眼下を見ると
海が見えた
名取川の河口だ

c0120913_2063689.jpg


大阪を発って1時間15分
もう宮城県だ
宝塚から電車で天王寺まで行くのと同じだ

あっというまにホヤにたどり着く
日本一のホヤ職人に会える


c0120913_2015872.jpg
日本一のホヤ職人が造るホヤ
OLYMPUS E-410


目の前にホヤ職人の太い腕をながめつつ食うホヤは
刺身に良し
焼き物も好し
塩辛がまた佳しである
ことばでは言い表せないうまさだ

開高健は
うまいものを前にして
「ことばにならない」だとか
「息をのんだ」だとか
「筆舌に尽くしがたい」などと
物書きなら決してほざいてはイケナイと言った
しかし
ボクは物書きではないので
何も言えないのである
無駄口を叩かず
ただただ
日本一うまいホヤを食うのである

申し訳ないが
ガゼウニさんも
イワガキくんも
かのイカキモルイベちゃんさえも
すっかり霞んでしまうホヤのうまさなのである

酒は
じねん女将さんのオススメ
いづみ橋の「夏ヤゴ」の赤だ
山廃雄町
初めて飲む酒だ
なんどか飲んだことのある「青」と飲み比べて見る
青には若々しい力強さがあるが
「赤」は深く熟したおだやかな強さがある
清廉さを捨てた代わりにと言うように
重厚さを前面に押し立てて掴みかかってくる

 梵天丸が伊達政宗になったようだ
 (一生懸命考えた喩えだ)

食材の強いクセに一歩も引けを取っていない
見事だ


c0120913_2015228.jpg



日付が変わるまで
ボクの酒に付き合ってくれた大ちゃんは
残念ながらホヤがダメらしい
まったく残念だ
しかし
こういうひとがいるおかげで
ボクの口にもホヤがまわってくるのだ
申し訳なく有り難いことである

by ikasasikuy | 2009-06-24 20:01 | 食文化論 | Comments(2)
Commented by bugscope at 2009-06-25 00:07
ANA733便、懐かしいです。
1年前までは
しょっちゅう乗ったもんです。
 
 
Commented by ikasasikuy at 2009-06-25 13:48
bugscopeさん
ほんまは昼か昼過ぎの便でじゅうぶんやったんですが
昼前に着いて牛タン食わなあかんかったで早い便にしました
べつに食わなあかんことはないんですが
で733便
仕事の人らしいひとも1~2割乗ってました
ちゃんとビジネススーツ着て


<< 仙台のうまい その2      なつのそば2 >>