2009年 08月 11日
アジの味噌たたき
c0120913_11583139.jpg
アジの味噌たたき on the Nabeta Glass.
E-410 / 35mm F3.5



釣れたてのアジをたたきにする
20〜25cmぐらいのマアジなら文句なしだ
もちろんマルアジでも悪くない
いいアジが釣れたら
まずこれだ


  アジを三枚におろして皮を引き
  中骨を刺抜きで丁寧に抜く
  これを怠るとうまくない
  上身をまな板の上で
  味噌、清酒、生姜、葱、大葉といっしょに包丁でトントンする
  粘り気が出はじめたらたたくのをやめる
  それだけだ


夏はビールもいいけれど
土佐鶴の純米をキリッと冷やして
(土佐鶴純米に冷やしすぎという言葉はない)

たくさん作ってあまったら
小麦粉を振って団子にしてつみれ汁だ
いい出汁が出る
すまし仕立てでも味噌仕立てでも

房総半島あたりでは「なめろう」というらしいが
とても不味そうに聞こえる


さあ
アジを100匹釣りに行こう


アジ釣りには
ヤリヱの「アジ爆ジグヘッド」「アジ爆ワーム」を薦める

 ヤリヱのまわし者かという指摘もある

by ikasasikuy | 2009-08-11 13:46 | 食文化論 | Comments(2)
Commented by なべ at 2009-08-13 11:04 x
旨そうですねぇ〜
春に伊豆に行った時
毎日あじを食べていました

彩りもとても綺麗ですね
なんだか嬉しいです
Commented by ikasasikuy at 2009-08-13 17:31
なべちゃん
アジは美味い魚です
なかなか釣れへんけど
おるとこにはいやというほどいてます
釣れたては刺身が美味いです
きれいな器のおかげで一層美味しくなりました



<< souvenir to the...      南京町 >>