2009年 07月 11日
冷やし中華そば
c0120913_15181465.jpg
冷やし中華 on the Nabeta Glass.



冷やし中華そばだ
食欲が減退する夏はこれだ

麺は生麺を使ったが
いま注文中の昭和製麺の中華そば(乾麺)が届いたら
こんどはそっちでやってみることにする

作り方は簡単だ
麺はさっと茹でて氷水でしめて器に盛る

胡瓜は千切りにし
もやしは湯通しして冷水でさらし
薄切りロースハムを細切りにし
茗荷の千切り
揚げ玉
炒りごま
などなどを麺の上にトッピングする

その上から
ごまドレッシングと柚子ポンズを少々かけ回す

できあがりだ
小学生でも作れるシンプルな夏の定番だ

  MUN!さんの受け売りだという指摘もある

by ikasasikuy | 2009-07-11 15:17 | めん類学 | Comments(4)
Commented by ゾン at 2009-07-11 11:04 x
美味しそうなお皿やな~。あとボキ的にはトマトスライスを入れたいな赤色をいれると尚お皿が映えますやん
Commented by ささき at 2009-07-11 11:59 x
ゾンさん
これ
ヱヱ器でしょ
ほんで
よめはこれにトマトのぶつ切りを入れて食べてます
ボクはトマトはトマトで単独で食べたいという強い意志のもと
あえてトマトはトッピングせずにいただくのです
あえて「赤」を入れるとするならば
赤いパプリカ
でしょうか
Commented by MUN! at 2009-07-12 02:43 x
いや、私が作るものの300倍くらい美味しそうに見えます。
ゾンさんもおっさってるように、器もいいですねぇ。涼しげです。
そうですか、ささきさんはトマトは単独で味わいたいタイプですか。
私は熟したトマトの甘味が全体に廻るのがまた好きなのです。
この辺り、それぞれの食べ方が出て楽しいですね。

「冷やし中華」としてタレと麺がセットになっているものは、
具を増やすとタレの量が足らなくなっちゃったり、
「冷やし中華用」として売られているタレは酸味が強すぎたり。
なかなかコレてものがないので、いっそのこと、と、
ドレッシングを使うようになりました。
さっぱりとまろやかのあいだで味の調節ができるのはいいかな、と。
しゃぶしゃぶのゴマだれを使うてのもアリです。
ホントはごまのペーストから自分でちゃかちゃか作っちゃって、
しかもそれが激美味だったりすると、
カッコイイようにも思うんですけどね。
Commented by ささき at 2009-07-12 03:37 x
MUN!さん

さんびゃくばいて・・・
ほんで
MUN!さんもトマトトッピング派ですか
まあボクもトマト大好きですから
トマトがのっていても
いっこうにかまわないのですけどね
あはは
いま
研究中なのは
ぜんぜんすっぱくない冷やし中華です
ただし
酸味がないと清涼感とキレがなくなるので
そのあたりをどうするかが研究課題です
この際
思い切って清涼感を捨て去るか・・・
焼き豚のタレ的甘みとクセの強さ
それに
コリアンダーか紫蘇のような刺激
ここらあたりにヒントが隠されている気がしています


<< 南の花      ホヤの天ぷらそば >>