2009年 10月 14日
里芋
c0120913_1082375.jpg
里芋
OLYMPUS E-410



昨日
バスが釣れなかった代わりにというように
けんちゃんが芋をくれた
けんちゃんのお母ちゃんが
朝はやくから掘ってきてくれた里芋だ
ボクは芋が好きだ
じゃがいももさつまいもももさといもも大好きだ

さっそく洗う
洗い方は
ボウルに里芋をいっぱい入れて水を張り
芋と芋をこすり合わせるようにすると
土といっしょに細い根や皮のヒゲが取れる
「芋の子を洗うような・・・」
というのは
里芋を洗う様子から来たことばだ
ああ
阿波の土のいい香りがただよう

「野菜はやっぱり土がついてんとなぁ」


独り言を言う
スーパーマーケットでは
きれいに土を洗って皮を剥くだけの状態で売られている
なかには皮をむいてパックされたのもある
機械で測ったように大きさやカタチがそろっている
味気ないことこのうえない


洗った芋を嫁が皮をむいて焚いた
ほんとうは
「芋棒」にしたかったのだが
ぼうだらがなかったのでふつうに煮た


c0120913_10834100.jpg
嫁が焚いた里芋



これが
ねっとりと
もっちりと
しっとりと
たまらなくうまいのである

けんちゃんありがとう
けんちゃんのお母ちゃんありがとう





   芋洗う阿波の誰そ彼空を見ゆ

               どろ


by ikasasikuy | 2009-10-14 10:20 | 食文化論 | Comments(2)
Commented by ぽーる61番でし at 2009-10-15 20:42 x
おいしそーっ。
思わず真似して、今晩は里芋でした。

どうも、里芋と空豆には目がなくて。
好き嫌いの多かった幼少の頃は、
玉子焼きやウインナー、カレーよりも、
里芋の煮っ転がしと空豆の塩茹でが一番でした。
誕生日に何を食べたいか聞かれ、
「さといも」と答えていたのが懐かしいです(なぜかいつも却下)。

自分で作ってみると、なかなか煮加減が難しいです。
多少芯を感じる程度の歯ごたえが好きなのですが、煮過ぎました。。。
Commented by angling_net at 2009-10-15 21:35
ぽーるくん
サトイモ
ボクが煮ると少しゴリゴリします
そんなかんじのが好きなんですか
やっぱり変わってますね
ちゅうか
サトイモとソラマメが好きな子供というのが変わっています
その
変わっているところを
今後も生かして
ステキな大人になってください

もちろんもうすっかり大人だと思いますが
もっとステキな大人ということです


<< Pancetta      944 autumn 2009 >>