2010年 02月 13日
かきやま
c0120913_16351874.jpg
富山おかき
PENTAX Optio W80



北陸地方の一部では
「あられ」「おかき」「せんべい」
などのことを
すべてひっくるめて
「かきやま」
というらしい
それをはじめて聞いたのは十年近く前のこと
福光に住むイノクチユキオだった

 「ゆきさん、かきやま食べる?」
 「かきやまってなに?」
 「え? かきやま・・・そう言わない?」
 「言わへんよ」
 「これ、かきやまって言わない?」
 「そんなん言わへんて」
 「う、うっそー!」 

というような会話だったと思う
イノクチユキオは
「かきやま」

全国津々浦々まで通じることばだと信じていたようだが
ボクは
はじめて聞くことばだった
たぶん
「おかき」「かき餅」
が転じたのだろうと思った
しかし
ちがっていた
「かきやま」は「柿山」と書いて
富山県にある有名な菓子メーカーの名称だった

なんだ
メーカーの名前ぢゃん
ベトナム人がバイクのことをすべて「ホンダ」というのと同じぢゃん


  画像の「富山おかき」
  せっかく「おかき」と書いてあるけれど
  富山では当然「かきやま」だ
  で
  この「かきやま」
  めちゃくちゃうまい


by ikasasikuy | 2010-02-13 10:12 | 食文化論 | Comments(6)
Commented by おおすみ at 2010-02-16 04:29 x
昨年の晩夏に富山の入善へ行きました。
友人がここは水がいいから米がうまい。
だからそれに類するものもみなうまいと。
そんな水の流れる用水で釣れた鱒はとても冷たかったです。
Commented by ladon at 2010-02-16 08:36 x
まだ、福光へ行く前のことです、得意先の人で得能(とくの)さんちゅう福光出身の方がおられて、よう土産に[柿山]のカキヤマを持ってきてくれたはりました、美味しいんで、楽しみにしてたもんです。この人のおかげで、福々との繋がりが出来た様なもんです!!。[柿山]は新潟に同じ[柿山]ちゅうオカキ屋があって、商標に関する裁判になって、負けたんやったか、和解やったかで、引いて、今は、確か[ナラビゴマ](双駒やったかな)になってるはずですが?!確かに美味いオカキでありんす。福光で美味いもんっちゅうたら、
かぶらずし・どぜうのばかやき・かきやま・タカトンのトンカツエトセトラ
特に、福光のかぶらずしは、新町の麹屋(名前は忘れたけど)、もち米やなしにうるち米で作る麹を使うから美味しいそうじゃ!。
Commented by ささき at 2010-02-16 08:40 x
おおすみさん

入善といえば
黒部川水系ですね
あのあたりは黒部を中心に放射状に枝川があって
おもしろそうなところです
ボクがよく通った庄川水系も
同じく「水がうまい」ところで
とにかくめし屋のめしがうまかったです
いちばんうまかったのは
民宿で食べた「稗めし」です
いまも年に一度は釣り大会で訪れますが
最近のマスは富山の水と同じでボクにはとっても冷たいです
Commented by ささき at 2010-02-16 08:56 x
左ラドン師匠
得能さんというひとは知らんのですが
話に聞いたことがあります
もし
その得能さんがおらなんだら
ボクは一生富山へはいかなんだかもしれませんわ
ボクが五箇山へ行きはじめてちょうど30年になりますから
さらに昔の話ですねー
いやほんま
鬼籍に入る日が近づいていることを実感しますです

ほんで
「柿山」が新潟にも・・・
へえええ
そんな歴史があったんですか
知りませなんだ
いや
べんきょになります

ところで
ボクが選ぶ富山のうまいもん五指は

 民宿まいだの稗めし
 五箇山豆腐
 大門素麺
 杓子屋のどじょうの蒲焼き
 亀甲城のうすくち醤油

まあ
これで「決まり」です
ちゅうかあれです
じつは「かぶらずし」を食たことないんです

 え?
 なんです?
 かぶら寿司を食わずして福光を語るな?


でらいすんません
これ
サバとカブラの押し寿司ですね
こんど行たときには
是非にも買ぉて帰る所存です

Commented by いの at 2010-02-18 09:12 x
かぶら寿司食わせたどーーー。
おっちゃん、
こんな甘いもん肴にならん いうて
嫁はんに みな食わせてしもた
いうとったどー
Commented by ささき at 2010-02-18 10:38 x
いのちゃん

え~~~~!!
もしかして
あのブリをどろどろの麹でぐちゃぐちゃにしたあれのこと?
あれがかぶら寿司やったのか
うむむ
ボクはめっきり
いや
てっきりサバの押し寿司かと思てました
あれでしたかー
やっぱり鱒寿司のほうがええかなー


<< ラパラ      kurochiku grip >>