2010年 05月 29日
あさめし
「実験くん」の食生活の影響を受けた質素な一汁五菜朝膳

c0120913_12235479.jpg
上段左から葱納豆、金平牛蒡、梅干、スクランブルエッグ
下段左から白米のご飯、葱味噌汁、葱冷や奴
fuji finepix z33wp



納豆は面倒でも発泡スチロールの包装から出し
葱、辛子、胡麻などと練り込んでから小鉢に盛ること
冷や奴は面倒でも生姜をおろして載せその上から鰹節を荒めに削って盛ること
味噌汁は面倒でも大根、若布、油揚などの具を加えること
牛蒡は面倒でも皮をきれいに剥くこと

白米、大豆、葱、胡麻、牛蒡、人参、梅、鶏卵

若い頃から
朝食を摂らない人生を送ってきたが
数年前から必ず食べるようになった
朝食を摂ると体調が良いことに漸くこの歳になって気が付いた

 手遅れだという指摘もある

普段は
トーストと野菜サラダ
ハムエッグにスープなどだが
米のごはんと味噌汁が食べたい日もある

そうそう
卵は面倒でも生で食さず少し火を通すことを心がけている

 葱の使用頻度が極めて高いという指摘もある

子供の頃
「葱を食べると頭が良くなる」
と母親にだまされて以来
母の没後も
いまだにだまされ続けている

by ikasasikuy | 2010-05-29 08:49 | 食文化論 | Comments(13)
Commented by MUN! at 2010-05-29 10:05 x
納豆を混ぜるときは、開き気味に持った箸を使い、
腕がだるんだるんになるまで頑張ります。
薬味や醤油、たれなどを入れるのは、
そうやって腕がだるんだるんになり、
納豆にじゅうぶんな粘りが出たあとです。
Commented by ikasasikuy at 2010-05-29 10:36
テレビのホームドラマで
納豆をかき混ぜるシーンを見ることがありますが
それはもう
腕がだるんだるんになるまでやってますね
納豆という食文化のない関西では
あのシーンが「????」です
そこまで混ぜんでも味いっしょなんちゃうん・・・
と思うのです
ボクはたぶん関東の人(得に茨城県人)の十分の一ぐらいしか混ぜてないです
あんまり混ぜんほうが見た目が美しいしね

こんなこと
関東人に聞かれたら撲殺されますね
それと
ボクは超小粒か挽き割りしかダメです
大粒の納豆は噛むと歯ぁの裏にひっついて難儀です

これも
関東人に聞かれたら抹殺されそうです

ところてん
MUN!さんは薬味は何を入れるんですか
ちなみにボクは練り辛子と白胡麻と青葱です
Commented by MUN! at 2010-05-29 11:05 x
薬味はネギと辛子だけですねぇ。
たまに辛子ではなく、七味や一味でも食べます。
あ、いやね。
ちゃんと混ぜた方がでったい美味しいですよ。
かき混ぜて引き出されるあのネバネバこそが、
納豆のうま味なんです。
Commented by angling_net at 2010-05-29 12:10
MUN!さん
かき混ぜて引き出されるあのネバネバこそが・・・
仰せのこと
よくわかりますです
ほんで
ボクもちょいちょい七味(善光寺の胡麻七味)を入れます
清酒を冷で飲るときはこれです
もちろん葱は必須です

Commented by Jellyfish at 2010-05-30 13:11 x
茨城県人にしては納豆摂取率が少ないほうだと思うのですが
食べるときはやっぱりこれでもかと混ぜ混ぜしますね、
子供のころは納豆をアホみたいに混ぜるのは子供の役目で
力が入りすぎて箸を折ったことがありました(笑)
Commented by ikasasikuy at 2010-05-30 16:51
関東人が関西人に比べて
かき混ぜる能力に優れているのは
食文化の違いによるものだという研究結果が出ています

 ウソをつくなという指摘もある

とりわけ
納豆をかき混ぜる能力は
関東人は関西人の3.7倍というデータがあります

 どこにあるのだという突っ込みもある

ボクの納豆摂取率は
関西では比較的多い部類だと思いますが
食べないときは半年以上食べないこともあるし
食べるときは朝昼晩三食一ヶ月続くこともあります


これも食文化の違いでしょう
Commented by ladon at 2010-05-31 10:53 x
きにょうは、ごくろうさんでげした。納豆は、ほぼ毎朝食しております、混ぜる回数ですが、必ず百回以上は、かき混ぜます!!ネバネバが細かい泡状になって、かき混ぜる手ごたえがフッと変わりますそれが目安です。かの北翁路魯三人は確か357回?(確かに覚えてませんが300回以上は記憶してます)かき混ぜんといかんてゆうたはったはずです。因みに薬味はめんどくさいのでカラシだけです、たまにオクラでネバネバデュエットすることはあります。
Commented by ikasasikuy at 2010-05-31 11:51
左ラドン師匠
きんのはごくろはんでした
しかしなんです
釣れまへんなぁ
あんまりはらたつもんさかい
どっかそこいらの池でもいてこまして
ぶるーぎるしこたまつりたおしてこましたろかと
むずむずと思てるような遅い午後でございます
Commented by ikasasikuy at 2010-05-31 11:52
そらそうと
なんです?
コッテコテのオーサカンであらせられるラドン師匠が
納豆みたいなもんをお食いになられるとは
へえええ
一向に存じあげませんでした
さいですか
手ごたえがふっと変わるまでかき混ぜる・・・
なるほど
関東人もびっくりくりくりくりっくりの奥義ですね
じつは今朝も納豆食ろて修行に出てきたようなわけですが
ボクは毎朝でのぉてもええし
なかったらなかったでかましまへんのどす
それにどっちかゆうと
酒(主に清酒)の肴になることが多く
納豆をつまんでは
口の中の粘粘を酒で洗い
酒で洗うては納豆をつまみしているうちに
ほろ好い加減に酔いが廻ってきて
えもいわれぬ陶酔感に浸るのであります
そやさけ(京都の町外れ弁)
357へんもかき混ぜたりしてたら
酔いがさめてまいまんにゃわ
Commented by ikasasikuy at 2010-05-31 11:54
そらそーと
富山
休みの日ぃをへんがえにしてもろたりして
なんとか行けるような段取りになりました
しかしこれもまたなんですわ
魚いっこもよぉ釣らんと
飲んで食うて喋って歌って踊って丘に登って温泉浸かって
帰りに五箇山豆腐こおていぬようなことになるんでっしゃろなぁ
ひさしぶりに
どぜうのヒポポタマス焼きでもこおていのかなぁと
画策しているような
もうじき昼であります
Commented by ladon at 2010-05-31 16:37 x
すんません、ロサンジンの綴りまちごてました!!はい!ほんで.ぼきは、j河内のおばはんと愛知ちちのおっさんのあいの子です、どうも納豆食えるのはおっさんの遺伝子やに思えます。一時は、どぜうのヒッポ焼きを、ヒッポの逆立ち程買って帰る富山行きでありました。奇尿は、帰りに奈良の香芝にある分川池ちゅう所で、チビギルいわして腹なでさしてからかえりました。ほな五箇山でつあいちぇんです。
Commented by radon at 2010-05-31 16:40 x
追伸、ほんで分川池で足滑らして、膝まではまりました。ははは は!

Commented by ikasasikuy at 2010-05-31 20:18
北大路魯山人
わざとまちごたはんにゃと思てました
ほんで
はんぶん愛知県?
ありゃりゃ
さいでしたか
ほんで
杓子屋でしたね福光のどぜうの蒲焼屋
かまどや脅して送らせたこともありました

帰りに分川池?
分川池ゆうたら西名阪の香芝SAから見えてる池でしょ
帰りて
それ遠回りちゃいますか
まあ
近所ゆうたら近所ですけど
ほんで
はまった?
そらご愁傷様です



<< 続・あさめし      琉球的ミニバイク >>