2010年 06月 06日
続々々・あさめし
続々々・一汁五菜朝膳
c0120913_19543827.jpg
上段左か葱納豆、だし、梅干し、カワハギの味醂干し
下段左から白米のごはん、若布の味噌汁、冷や奴
fuji finepix z33wp



カワハギの味醂干は炙りすぎてはイケナイ
「サッ」と炙る
魚の旨みと味醂の甘みが相俟って
絶妙の酒の肴になる

 ごはんのおかずではないのかという指摘もある

勿論ごはんにもあう
つまり
ごはんにもあう酒の肴だと理解していただきたい

冷奴は蕎麦汁で食べてみる
そばつゆの深みのある甘みが酒に合う
 
 だからごはんのおかずだろという苦情もある

申し訳ない
ごはんにもあう酒の肴だとご理解願いたい

「だし」というのは山形の郷土料理である
胡瓜、茄子、冥加、大葉、葱などの香味野菜を細かく刻んで醤油に浸したものである
いわゆる山形版「ご飯のとも」といったところだ
もちろん酒の肴にもなる

納豆は100回ぐらいかき混ぜたが
魯山人によれば357回以上かき混ぜなければイケナイらしい
納豆で飲む冷酒は格別だ

米、大豆、葱、生姜、胡瓜、茄子、大葉、茗荷、梅、若布、皮剥

塩分、糖分、脂肪を
余分三兄弟というらしい
この朝食
若干塩分過多な気もする

 不健康な食事だという陳情もある

まあ
酒の肴なのだからいたしかたない

by ikasasikuy | 2010-06-06 19:52 | 食文化論 | Comments(10)
Commented by 純太 at 2010-06-06 21:29 x
むかしアサヒグラフという雑誌に
團伊玖磨という作曲家が
「パイプのけむり」と題する随筆を
随分長い間連載していました。
1年余の連載を1分冊にして
次々出版されました。
その分冊ごとの表題が
最初は「パイプのけむり」
次は「続 パイプのけむり」
その次は「続々 パイプのけむり」
その次は「また パイプのけむり」
その次は「またまた パイプのけむり」
その次が「まだ パイプのけむり」
その次は「まだまだ パイプのけむり」
という具合に続いて
27分冊になって出版されました。
全部の表題は記憶が定かではありませんが
「重ねて」「重ね重ね」「なおかつ」「またして」…
という風に続いていったそうです。

佐々木さんの朝食シリーズの題名も
続々々・の後、困っていらっしゃるかもしれないな
と思いまして
老婆心ながらコメント差し上げました。
参考になれば幸いです。
あはは
あはは
Commented by ゾン at 2010-06-06 21:39 x
山形の「ダシ」。
今うちの店もとこちょこ売れてきてます。
ボキはまだ食べたことないけろ
Commented by ささき at 2010-06-06 21:55 x
純太さん
こういうネタも
あんまりしつこいとナニなので
ぼちぼち朝食シリーズもナニにしようかしらと思っていたのですが
そうですか
また、まだ、重ねて、重ね重ね、なおかつ、またして・・・
なるほど
なるほど
そういうテがありましたね
いやいや
なんだか勇気がわいてきました
ぜひ
参考にさせていただきます
ありがとうございました

Commented by ささき at 2010-06-06 22:02 x
ゾンさん
きみんとこのお店にも置いてるんですか
ちゅうことはこれ
けっこうメジャーなんですね
ところで
ボクときみはもう二十数年来のお付き合いやけど
きみのお商売がなんなのか知りません
野菜を扱う会社と思てたんですが
こういった加工品も扱うのですか
ちゅうことはスーパーマーケットですか?
南港にそんな店あるんですか?
もしかして野菜ブローカー?
ひょっとして産業スパイ?
まあ
きみがなにものであれ
ボクはいままでどおりのお付き合いをさせてもらいますけどね
Commented by bugscope at 2010-06-06 23:16
正岡子規の「仰臥漫録」を思い出しました。
というと、縁起でもありませんが
何を食べたかを記すのは
いろんな意味でよいことだと思います。

ちなみに、あたしゃもう
昨日、何を食ったのか
ほとんど憶えちゃいませんのです。
食の貧困さと
高濃度アルコールによる
短期記憶領域の衰退が原因でありましょうが。
 
Commented by ささき at 2010-06-07 00:05 x
bugscopeさん
そうです
それがしなど
歳を追うごとに記憶力が減退して
昨日どころか
今朝何を食べたかを思い出せなくなっています
しかし
そのつど何を食べたかメモをしたり写真を撮ったりするのも面倒で
もう何を食べたかなどどうでもよくなって
食べたか食べてないかだけを記憶しようと心がけているのですが
それがなんとしたことか
食べたことさえおぼろげになってきている今日この頃
ついには
もう食べたか食べてないかなどは芸者のとき
と思うようになってしまっております
困っておる次第です
Commented by mahasatou at 2010-06-09 00:30
でた!ダシ
そちらでも売ってるんですね
地元でもスーパーなどで売られるようになったのは
ごく最近のことです
実家ではよく母親が作ってくれましたし
それを食べたうちのカミサンが夏が近づくと作ります
でも今年はまだ食べてません
使う野菜はいろいろですが
欠かせないのは
「なっとこぶ」
らしいです
これがないとできないということらしいです
僕が作ったことはないので、らしいのです
Commented by ikasasikuy at 2010-06-09 09:22
mahasatouさん
そうそう
たすか
まはさんは
みやぎけんでねぐで
やまがだけんずんでしたね
あはは
最近は関西でも売ってます
これ
あれこれ使えて便利ですねー
ところで
なっとこぶてなんだべ?
納豆昆布?
Commented by iけねすけ十三○番 at 2010-06-09 12:44 x
先日の沖縄釣行で船宿の娘さんが
『納豆1万回混ぜた』
と、写真つきメールをお父さんに送ってきてました。
沖縄もあなどれません。

それだけ混ぜれば筋肉もつきますし
橋を持つ手のひらにもタコができましょう、
もう全身『なっとこぶ』だらけなのでしょう。
Commented by ささき at 2010-06-09 13:08 x
iけねすけ十三○番
納豆を1万回混ぜるのがどれほどのことか・・・
こないだ試しに300回混ぜました
もう
ヘトヘトです
腕も指もだるんだるんです
1万回ということは
それを33回以上続けるということですよ
朝ごはんが昼を過ぎてしまいますがな
_u_m_u_m_u_
いっぺんその
全身ナットコブだらけの沖縄のムスメ
みてみたいです



<< いつもの川 其の四十(タナゴ三種)      カブ通信5 >>