2010年 06月 16日
あさめし紀行・・・再々
再々・一汁五菜朝膳
c0120913_19403065.jpg
左上からもずく酢、だし巻き玉子、壬生菜漬、シーザーサラダ
下段左から白米のご飯、蜆の味噌汁、辛子明太子
fuji finepix z33wp



妻と娘が福岡へ遊びにいって
その土産が辛子明太子というわけである
まあ
ご飯の友としては「キング」クラスなことはまちがいないが
とにかく辛いのでご飯が「いる」のである

白米、もずく、鶏卵、壬生菜、サニーレタス、キャベツ、蜆、明太子

だし巻き玉子を上手に焼くには修練が必要である
ボクは学生時代から修行を積んだ
これまでに
練習に使った卵は一万個以上だ

 餃子の王将かという指摘もある

それでも
ひと月も「焼き」を怠ると
微妙な返しのタイミングを逸して
思い通りの焼き加減、巻き加減にならない
今日の出来は66点満点で33点だ

 100点満点で50点と言えという指摘もある

蜆の味噌汁は二日酔いの朝に効く

そうそう
「虫を見る」と書いてシジミと読む
ちなみに
虫を合わせるとハマグリになる
なぜだろう・・・

 知らんがなという声もある
 
今朝は二日酔いではないが
蜆の味噌汁である
タウリン、アミノ酸、メチオニンが肝臓に良いらしい
それはともかく
蜆汁はうまい
宍道湖のシジミのような大粒ではないが
出汁はしっかり出ている
宍道湖の蜆と比べても遜色ない

いや
待てよ
そういえば
まだ宍道湖のシジミを味わったことがなかった
これはいかぬ
これはいかぬ
いつか
山陰津々浦々の幸を味わいに行きたいものである

 勝手に行けばという意見もある





特別付録
ジュールリメの気持ち
 象牙海岸 0-0 葡萄牙
  _u_m_u_m_u_
  面白いゲームやったなぁ
  象牙海岸
  なかなかやるぢゃん
  互角以上ぢゃん
  棟梁に腕折られた泥愚婆
  右手庇いながらも全力プレイ
  このグループ
  伯剌西爾も入ってて
  なかなか面白い
  うわ
  前半0-0
  キタ朝鮮がんばっとるなぁ・・・
  後半10分
  とうとう1点取られよった
  結局2−1でブラジル
  ニッポンはこんなグループでのぉてよかったなぁ・・・


by ikasasikuy | 2010-06-16 19:39 | 食文化論


<< ザ・リガニーズ      八幡神社 >>