2010年 08月 20日
島の光
c0120913_22251613.jpg
島の光
OLYMPUS E-410



小豆島の素麺である
小豆島というと
オリーブと二十四の瞳が有名だが
素麺も有名なのである
まあ
関西以外の人にはピンとこないだろう
いや
関西の人でも知らない人の方が多い気がする

三輪、播州、小豆島が素麺の三大産地と言われている
ただし
ちょっと前
奈良の三輪素麺は
価格の安い長崎県産素麺を買い付けて
「三輪素麺」ブランドとして売っていたことがあった

 産地偽装ぢゃん

同じ素麺を売るにも
素麺発祥の地「三輪」のネームで売ると恐ろしく高値で売れるからだ
大手メーカーのやりそうなことだ
メーカーの言い分は

 「奈良の水をわざわざ長崎まで運んで作ってまんねんで」

である
何をか言わんやである
そんな言い分が罷り通るなら
大阪湾も豊後水道や三陸沖につながっているのだから
湾奥の油臭い身のゆるいサバを
「関サバ」だとか「金華サバ」だと称して売ってもいいというハナシになる

ボクらは長い間
奈良の悪どい素麺メーカーにだまされて
島原の素麺を三輪素麺だと信じきって
「おいしい」
「おいしい」
「素麺はやっぱり三輪やなぁ」
と言いつつ食べさせられていたわけだ
まったく消費者を馬鹿にした話だ
しかし
言い換えれば
島原の素麺も美味いと言うことだ
実際、島原の「白瀧」は美味い
(勿論、三輪にも伝統を重んじて奈良県下で清く正しく生産しているところもあることを付け加えておく)
ん?
ハナシが脱線しかけてる?


さて本題に戻る
小豆島素麺「島の光」である
ボクがこの素麺を愛好する第一の理由は値段だ
とくにかく安いのである

赤帯と黒帯がある
赤帯は上級
黒帯は特級
という分類になっているが
赤帯は2kgで2150ヱン
黒帯は2kgで2200ヱン
素麺の相場から言うと極めて安い
こんな値段で売って儲けがあるのだろうか・・・
三輪素麺の三分の一以下
揖保の糸の半分以下だ

素麺は
「コシ」「ネバリ」「肌理の細かさ」「喉越し」などが取りざたされるけれど
三輪や播州に比べて値段の差ほど味の差はないと断言する
つまり
小豆島素麺「島の光」は
コストパフォーマンス日本一、いや世界一だ

黒帯には二年もの(ひね)もあって
こちらは「極上」と呼ばれて値段も少し高くなる(といってもかなり安い)
つまり
上級、特級、極上の三種類があって
中級とか下級とか普及品とか徳用、業務用などはないのである

c0120913_21574370.jpg

素麺は
あれこれ飾らず
シンプルに茹でたてを氷水で〆て
「ずずずずずーっ」

かっ込むのが美味い
薬味は
葱とおろし生姜だけ
汁は
甘すぎず
辛すぎず
素麺の風味をこわさない薄味
そのままゴクゴク飲めるぐらいの薄味がよい


これさえあれば
どんなに暑い夏でも乗り切れる

  氷見糸うどんじゃなかったのかという指摘もある

そうだったかなぁ

ああ
やっぱり
夏は冷たい麺にかぎるなぁ・・・

by ikasasikuy | 2010-08-20 12:37 | めん類学 | Comments(4)
Commented by iけねすけ十三○番弟子 at 2010-08-20 15:26 x
つーことは
東京湾のシロギスを
平塚産キス干物にするのは全然アリなわけですね。


おぉ、ということは
うちの近所でも金華サバも釣れるということです。
むむむ。
Commented by ikasasikuy at 2010-08-20 22:00
iけねすけ十三○番弟子
東京湾と平塚は電車で一時間なので
ぜんぜんオッケイ
牡鹿半島と平塚はちょっと離れすぎてる気もするけど
まあ
ぎりぎりセーフかななぁ
Commented by at 2010-08-20 23:37 x
ついにおっちゃんも小豆島素麺ですね。
私も子供の頃から食べてます。
(毎年送ってくれる人がいた)

素麺のためにだけ、小豆島に行きたいと
毎年夏に思います。
Commented by ikasasikuy at 2010-08-21 11:17
うむむ
ぴちゃんも小豆島素麺なんや
そうか
ぴちゃんの先祖「岡山原人」やったなぁ
ボクは美作原人や

なにしろ
徳島の半田素麺も思い切り安いけど
味と値段のバランスからゆうても
島の光はコストパフォーマンス世界一やからなぁ
ただし
黒帯と赤帯のの味の差がわからへんねん
値段もキロあたり25ヱンしかちがわへんし
いっしょちゃうんかなぁ
こんど
黒帯のひねものを買ぉて食べてみよ


<< ジオラマ写真      猛暑日 >>