2010年 08月 18日
ホヤのマリネ
c0120913_15285145.jpg
ホヤ職人のマリネ
on the nabeta glass.
OLYMPUS E-410



ホヤ
漢字で書くと
「海鞘」
つまり
うみのさやと書く
ほかにも
「老海鼠」「富也」「保夜」と書くこともある

ホヤは
海のパイナップルと呼ばれる
ただし
植物ではない
脊索動物門・尾索動物亜門・ホヤ綱・・・
早い話が
動物だ

クセがあるので苦手な人は苦手だが
好きな人はとことん好きである
ボクはとことん好き派だ
ホヤが嫌いな人は
ずっと嫌いなままでいればいいと思う
むしろ
どうか好きにならないでと願う
なぜなら
もし
日本中の人がホヤ好きになったら
ホヤが足りなくなって高騰するからだ

刺身や焼きホヤなど
素人でも簡単に調理できるが
「ホヤ職人」と呼ばれる料理人が手を加えたホヤはベツモノである

 ほやめし
 しおから
 マリネ

この世のモノとは思えぬ美味さである
特に「ホヤ職人のマリネ」は絶品である


それはそうと
仙台にホヤ職人が作るマリネを食べさせる店ができたらしい

 jinen bar Kuccina

ボクはまだ行ったことはないのだが
近々、無理に用事を作ってでも行こうと思っている

by ikasasikuy | 2010-08-18 10:28 | 食文化論 | Comments(2)
Commented by iけねすけ十三○番弟子 at 2010-08-18 12:58 x
甲子園なんてものは出場しないほうがよいのです。

一口1万円(できれば)二口からカンパをお願いします。
と、選手の宿泊費をむしりとられます。
挙げ句、
『皆さんは自腹切って、甲子園まで応援にきやがれ、バスは用意したぞ、会費払えよ』
と、言われます。

でもって、どこから金が出るのか、
学校のグランドに目の細かいネット張って、外から見えないようにしたり。

1919年の創立ともなると
所在不明のご老人にまでカンパがおよぶでしょう。

こまったもんです。

1919年といえば、ホワイトレディの作られた年だったような。
あぁ、最近飲んでないなぁ。
というか、お酒を飲む気がしていない・・・
Commented by ikasasikuy at 2010-08-18 14:04
iけねすけ十三○番弟子

われらが母校は
毎年
激戦区の兵庫県大会で
一回戦、良くて二回戦敗退を繰り返してるので
寄付金を炙り取られる心配は有馬温泉
それに
もし甲子園常連校やったとしても
びた一文払いません

ほんで
>お酒を飲む気がしていない・・・

いったい
どないしたんやろ?
心のナニがナニなんやろか?


<< 猛暑日      _m_a_t_s_u_k_o_ >>