2010年 12月 12日
熟柿
c0120913_14515915.jpg
熟柿
ガラス器は鍋田尚男作「秋の夕暮れ」
OLYMPUS E-410



熟れた柿を
熟柿(じゅくし)と言う
カリカリの硬い柿が好きな人もいるが
熟れて柔らかくなった柿が好きなひともいる
ボクは
ちょうどその中間が好きだ

先月けんちゃんに送ってもらった柿を
冷蔵庫で熟成させていた
皮の表面に張りがなくなって
指で押してみて
少しブヨブヨしてきたら食べごろだ
これを過ぎるとほんとうの熟柿になる

潰さないように
赤子に触るように丁寧に皮をむく
タネなし柿なので
本来タネのある部分がゼリー状になっている
天然のグミだ
実はとろりとジューシーだが
グミの部分は少し「コリッ」としている
この食感が楽しい


季節の終わりを
名残惜しむように戴く
ああ
たまらぬ・・・

by ikasasikuy | 2010-12-12 07:23 | 食文化論


<< 天保山大観覧車      週刊アクアリウムニウス 10.... >>