2011年 02月 26日
御幸通
c0120913_2341225.jpg
んま
OLYMPUS E-410



調理された秋刀魚
これはなんという料理だろう?

 秋刀魚のキムチ?

ラドン師匠なら知っているにちがいない

熱々ご飯とこれさえあれば
あとはなにもいらぬ・・・
という逸品にちがいない
いわゆるご飯の友だ
これを食べた者はみな

 「んまー!」

と言うのだろうなぁ
こんど売ってるのをみかけたら
必ず買って帰ろう
しかし
相手が秋刀魚なので
いつでもあるというものではないのだろうなぁ

by ikasasikuy | 2011-02-26 04:56 | 食文化論 | Comments(8)
Commented by のら羊 at 2011-02-26 10:48 x
近所のコリアン・マーケットに行くと、韓国産の秋刀魚(と言っても、日本海だけどね)を小ささハングル文字とともに、大きな日本語で北海島のさんまと書いた袋に入って冷凍の状態で売ってました
で、写真のこれは「さんまふぇ」と言うのでせうか
Commented by ikasasikuy at 2011-02-26 11:05
のら羊大兄
近所の様子はどうですか
まだまだ平静ではないと思いますが
こっちでは
崩壊した学校に閉じ込められてるニッポン人留学生のニュースばっかりで
クライストチャーチ全体の様子は報じられません
ところで
「フェ」は鱠(なます)のことやから
火ぃの通った魚はフェとはゆわへんのんちゃいますか?
ほんで
イカフェは食べたことありますけど
サンマフェはまだです

Commented by のら羊 at 2011-02-27 12:43 x
あ、これやいたぁるんやぁ!
ほたら、さんまのなんばんきむちでっか
Commented by ikasasikuy at 2011-02-27 13:18
のら羊大兄
秋刀魚の皮がめくれてるあたりの肉質は
どう看ても火が通ったものでしょう
「さんまのなんばんきむち」
まあ
そんなかんじですが
ハングルでどういう名前なのか
韓国人の友だちにきいといてください

ほんで
クライストチャーチ
これから一ヶ月がたいへんやと
阪神淡路大震災の直撃を食らった経験から思料します
あのときうちは
電気、ガス、水道すべてがとまってて
トイレを流すための水をとりに
マンションの12階から地下一階まで下りて
さらに下って前の川(逆瀬川の支流の白瀬川)へ
20リットルのポリタンク2つ下げてなんべんも汲みに行きました
ほんま
たいへんです


Commented by ladon at 2011-02-28 16:30 x
すまんです!!、生野の芦屋と云われた所、でお育ち遊ばされましたけど、何せ宮家とは程遠い長屋のこやけに毛が生えた程度の暮らしで、裏の長屋(完全に外国でげした)から漂い来ます、エイの干物のアンモニア臭やキムチの臭い、大蒜の臭いと貧乏臭さがないまぜになり辟易となり、実際の処、韓国朝鮮料理に手が出ず、キムチさえ30歳ぐらいからしかくえまへんでしたちゅうのがほんまのところです。よって韓国朝鮮の連れはようけいてまして、猪飼野や御幸通には結構出没しておりましたがまったくそれらに興味関心がなく過ごしてまいりましたゆへ、サンマの南蛮キムチ様の物の名前もなにもわかりまへんのであしからず。
Commented by ikasasikuy at 2011-02-28 19:46
Ladon師匠
さいでしたか
キムチさえ30歳ぐらいから・・・
ほぉぉ
ボクは韓国朝鮮の連れはあんまりいてまへんけど
キムチやら幼少の頃から
「からいうまいからいうまい」
言いもって
もりもり食てました
キムチも古ぅなって酸っぱぁなったやつは苦手で
まだちょっと早いんちゃうかぁ
ゆうぐらいのんが大好きで
でけたら味見して買えるところで買いたいんですが
なかなかそうゆう店は近辺にはござりまへん
Ladon師匠が
ことあるごとに買ぉてきてくれたあのキムチ
めちゃくちゃうまいです
前かた
あんまりうまいので
青野ダム坊主めくりのときやったか
残ったやつをぜんぶ家に持って帰って
次の日ぃから
朝昼晩
朝昼晩
四五日楽しませていただきました
あれはどこで買いはんの?

ほんでサンマの料理名ですが
いま
いろいろ調べてるところです
秋刀魚をキムチの汁で煮付ける料理があって
韓国語で「コンチジョリム」ゆうんですが
もしかして
これやなかろうかとにらんでいます
まだ決定ではなく暫定ですが・・・
Commented by ikasasikuy at 2011-03-01 10:31
追伸

サンマが꽁치(コンチ)であることが判明しました
Commented by ikasasikuy at 2011-03-01 10:32
追伸

煮付けは韓国語で조림(ジョリム)ということが判りました


<< 丘を越えて      書 >>