2005年 05月 29日
ワンダリング福岡1/2
29 may 2005 fukuoka 1/2

うまいモンを食いに博多へ行く

c0120913_12145860.jpg

伊丹空港に着くと
扇風機の羽根のような脆弱なプロペラ機が待っていた
これで飛ぶのか
機内は観光バスより狭い・・・

ボクの心配を余所に
トンボのようなプロペラ機は無事福岡に着いた

とりあえず昼は博多ラーメンだ
博多と言えばラーメンだ
だれがなんと言ってもラーメンだ

大名にある「はかたそばの鈴木商店」
‥‥‥閉まっていた
第二候補は天神の辛ネギそばの「郷家(ごうや)」
‥‥‥開いていた

c0120913_12151827.jpg

ピリカラの絶妙の味だ
この一杯でだれもが博多に住みたくなる

 ほんまか?

夜はもつ鍋だ
博多と言えばもつ鍋だ
だれがなんと言ってももつ鍋だ
春吉の交差点近くにあるもつ鍋専門店の「笑楽」
味噌仕立ての出汁にニラがてんこ盛りだ

c0120913_12153749.jpg


うまい
そのうまさに目が回りそうになる
山葵と柚で食べるもつ串がこれまた最高だ
ビールがビールがススム君だ
仕上げは残った出汁でチャンポン麺だ
もう胃袋が破れそうだ

シダックスで酔いを醒まして
食えなければ後は飲むだけだ
中州のBAR「SAMBOA2」へ行く
サンボアではなく何故かサンボアツーだ
ハイボールとドライマチーニを仕込んで腹ごなしだ

c0120913_12161936.jpg

もう食えないと言いつつも
焼き鳥を食べに天神方面へ移動
途中みつけておいた焼き鳥屋へ行くと閉まっている
まだ十時前だというのになんということだ
しかし考えてみると
もうひと串も食べられそうにない
食べたらそのまま耳から出そうな気がする
夜はまだまだこれからだが
車を拾って宿に戻る

深夜
宿を抜け出して博多漁港に向かう
ホテルから徒歩5分
深夜の漁港は思ったより明るい

c0120913_12162852.jpg

メバル爆釣に期待が高まる
しかし
アタリのアの字もなければ
メバルのメの字もない
遠近深浅遅速
手を変え品を換えやるがアタリがない
そうこうしていると
赤色灯を回したクルマが無音で近づいてきて停まる
パトカーだ
「オレはなにもワルイコトをしていない」
「無実だ」
「潔白だ」

 ただの巡回だった

突然
4pc6ftのパックロッドに強烈なアタリが来る
竿が曲がる
糸が鳴る
尺クラスのメバルか‥‥‥?
期待に胸が膨らむ
しかし
水面を割って出たのは尺足らずのセイゴだった

c0120913_12164199.jpg

なんだセイゴかと言いつつも
福岡での初物は格別だ
感謝しつつリリース

by ikasasikuy | 2005-05-29 22:58 | 釣魚小全


<< ワンダリング福岡2/2      651のタコ釣り >>