2011年 09月 13日
toyaman
c0120913_9475371.jpg
左からトージョージュニア、ヨータン、シーバタン、リョータン
fuji finepix z33wp



最初は
彼らが何をしゃべっているのか
さっぱりわからなかった
外国人かと思った

 そんながけ
 そんながいぜ
 じゃまないけ
 じゃまないちゃ
 そんながならはよいってこまいけ
 いいちゃ
 なにゆぅとんがいはよせぇまぁ
 いいちゃゆうとるが
 だらぁ

語尾に独特の抑揚があって
長閑でまったりとした感じだった
最近はずいぶん慣れて
話の三分の一ぐらいはわかるようになった


彼らは魚釣りの上手い部族で
ややこしい流れの川から
見事に肥えた桜鱒や虹鱒を釣り上げてきた
ブレットンやコータックで
いとも簡単に釣り上げてきた
ボクらも真似してみたができなかった
ボクらとは技術も心掛けもちがっていたのだ
ボクらは
うまいもん食って
うまい酒飲んで
へたな歌唄って
おもいきり腰振って
翌朝はみなゾンビになっていた
その点
彼らはシャキッとしていた
まるで狩人のような精悍さで河原に降り立っていた

 アマゾンの奥地に住むピラルク漁師のようなペンキ屋
 中国人マフィア直系の麻薬密売人のような散髪屋
 蒙古軍の生き残りのような薫製チーズ屋
 ふざけたマシュマロマンのようなタコ焼き屋

など
など
えとせとら
えとせとら
みんな一見「ボーッ」としているようで
しっかりしていた
ちゃんとしていた

 人を外見だけで判断してはイケナイのである

by ikasasikuy | 2011-09-13 06:09 | 釣り文化総論 | Comments(8)
Commented by ゾン at 2011-09-13 15:12 x
海みたいな眺めでした。
前日ボキもTOYAMAMANと同じ
場所で釣っておりましたが

美味しそうな雲が前日も
横たわっておりましたので

雲の写真を数枚とりました。
もちろんケタコは釣れませんでした
Commented by ikasasikuy at 2011-09-13 20:12
ゾンさん

近江の国はそのむかし
「淡海」と書いたそうです
つまり淡水の海です
ほんで
トヤママンではなく
トヤマンです
マを二回言うと舌噛みますよ
ほんで
そういう言い方で言うと
広島の人はヒロシマンで
岡山の人はオカヤマンです
フクシマンにトクシマンにワカヤマンにカゴシマンです
マはひとつでヱヱです


Commented by ゾン at 2011-09-13 20:27 x
そうでおまますね。
Commented by ikasasikuy at 2011-09-13 21:15
・・・
Commented by サクラバ at 2011-09-14 01:03 x
toyamamamの住んどるとこにちゃ、昔から万葉集にある「奈呉の江」いう「淡海」あったがやちゃ。”ば”の小さいころは、平目の餌に小鮒や諸子、獲りにいったもんやちゃ。でも、なーん釣れんかったねぇー。

失礼しました。「ウヰスキーを飲りながら」「東淳平の日記」等からやって来ました。
宜しくお願い致します。
Commented by ikasasikuy at 2011-09-14 01:42
サクラバさん
「なごのえ」
いまはもう埋め立てられて
ないんですね
福光や福野の疑似餌釣師とはもう30年のおつきあいです
いや
長い歳月が流れました
toyamanのことばもたくさん憶えました
最初に憶えたのは
「だらぶつ」
でした
Commented by いの at 2011-09-15 05:17 x
うつやかな写真、
心うつとり あへあへあへ。

福福にゅうすからこちらへリンク貼らせてくだはれ。
あっ それからケタコの写真
無断借用させてくだはれ
きのどくな
Commented by ikasasikuy at 2011-09-15 08:25
いのちゃん
「うつやか」て
なんでそんなむづかしいことば知ってんのん
福光弁辞典にはのってへんはずやけど
ほんで
ふくふくにうすに貼ってください
ほんで
きのどくなケタバスの冩眞もどうぞ


<< 小鮎の天ぷらを語る      ケタバス >>