2011年 10月 02日
スゴモロコ
c0120913_2045313.jpg
スゴモロコの佃煮
OLYMPUS E-410



琵琶湖産スゴモロコの佃煮である
亡義父の大好物だった
大好きな赤い器にのせてみた

 色といい
 艶といい
 形といい

この器以上にスゴモロコの佃煮に合う器は世界中のどこにもない
美しい・・・


さて
佃煮だが
話は江戸時代初期に遡る
将軍徳川家康が
己の食欲を満たしたいがために
大阪の佃村の漁師を江戸湾の無人島に拉致軟禁し漁をさせた
腕自慢の漁師たちは江戸の漁師の何倍も魚を穫った
そして江戸湾の魚を獲り過ぎた
そこで余った魚を醤油と砂糖で煮て保存食とした
のちにその島は大阪の佃村から「佃島」と名付けられ
煮た魚は「佃煮」と呼ばれるようになった
もちろん伝え聞くところであるので詳しいことは知らない
少々脚色はしたが概ねそんなところではないかと思う

佃煮は甘露煮ともいう
素焼きしてからから煮込んだものを甘露煮とする説もある
飴炊きというところもある
店によってそれぞれ味がちがう
家の数だけ味がある
まあ
どう呼ぼうが
どんな味だろうが
ボクにはちょっと甘すぎる
したがって
少しだけでいい
(冩眞の量がちょうどいい加減だ)

ご飯のおかずにする人が多いが
ボクは断然酒の肴だ
芋焼酎に合う
オンザロックに限る
鹿児島の居酒屋で隣り合わせた客に
「芋焼酎は六四のお湯割りだ」
としつこく諭されて仕方なくお湯割りを飲ってみた
咽せた
臭みが増長されて不味かった
以来芋焼酎をお湯で割るというような愚行は慎んでいる
酒は冷たいのに限る
口の中で酒が解ける感じが堪らないのだ
そんなにお熱いのがお好きなら
味噌汁でも温めて飲んでおけとボクは言いたい

 鹿児島を敵に回す気かという危惧する声もある









c0120913_9473476.jpg

サウスアフリカ vs サモア
もしかするとサモアが勝つんじゃないかと思った
それぐらいサモア人のパワーは凄まじかった
どの選手を見ても
まるでじねんぼうの親方をそのままタテヨコに伸ばしたような体型だ
それに顔つきもじねんぼうの親方と同じだ
こういうのを「相似形」というと小学校の算数で習ったと思う

さて
サウスアフリカ vs サモアだ
ディフェンディングチャンピオンのサウスアフリカだが
一人一人の力ではサモアが完全に上回っていた
勝てないのは何故か
その答えは
「組織力」と「ずる賢さ」だ
それに
せっかく相手陣に押し込んでも
つまらない反則でペナルティを取られる
サウスアフリカには
自陣10mラインの内側からでもPGを決められる選手がいて
サモア人が熱血漢になるたびに3点づつ取られる
挙げ句の果てに
「非紳士的行為」でレッドカードを食らう
サモア人はすぐ頭に血がのぼる人種のようだ
ルールのある闘いには向いていないのかもしれない
サウスアフリカはアフリカと言いながらNZや豪州と同じ大英帝国のチームだ
つまりハクジン主体のチームなので当然ズルガシコイ
ルールのある闘いに向いている
レッドカード退場のときも
殴られた選手は殴られる前に上手にパンチやエルボーを入れて
上手にサモア人を怒らせてておいて
サモア人が軽く平手打ちを返した途端大袈裟に倒れ込んで暴力行為をアピールした
あきらかにサッカーでよくあるシュミレーションだ


その点ニッポンは(半分はNZ人だが)ちがう
興奮して相手を殴ったり蹴ったりなどあり得ない
卑怯なことも一切しない
武士道が根底にあるからだろう
極めて冷静沈着で紳士的な人種だ
試合に負けて「フェアプレー賞」をもらって喜んでいる
これではやっぱり勝てるはずがないかな



by ikasasikuy | 2011-10-02 08:00 | 食文化論 | Comments(4)
Commented by 猫宮トラオ at 2011-10-02 20:46 x
イカザスさん、今晩は

佃煮の由来ですね。
猫宮の知ってる伝聞では寧ろ、反対に家康の大阪城責めの際、
豊臣軍の補給路を海上から断つ戦略に佃の漁師が協力的だったので江戸に招き、江戸湾の一部で末代に亘る独占的使用権を与えた
とか、それ以前に家康さんが多田神社か住吉大社かに参詣するのに舟を出して便宜を図った褒美やらどうたらこうたらですが
諸説は色々あってもえーやないかです。
ま、お膝元の漁師に愛想を尽かされるくらいですよって豊臣家の
末期は前途真っ暗やった訳ですね。

で、闘球ですが精強・剽悍無比で血気盛んの、昔で言う
南洋のd人さん(試合前のハカたら言う儀式するから尚更そう)
も白人種の狡さと連携のよさには、どうにもならなかったですね。
自分から仕掛けておいて被害者面はどこぞの超大国のお家芸ですしね(以下自粛)
白人国が植民地支配していった歴史を物語るような一戦でした。
Commented by ikasasikuy at 2011-10-02 21:18
宮さん
わははー
家康のハナシはボクの作り話です
don't mind
サモア人
脳味噌が筋肉質です
サモアには「冷静」という言葉は存在しないのかもしれません
「ハカ」は面白いですね
ニッポンも対抗して
「シコ」とかやったらええのに

思ったラグビーワールドカップ2011NZ大会でした
(すでに過去形)
Commented by 猫宮トラオ at 2011-10-02 22:11 x
イカザスさん、再度猫宮です

はははっ・・・
己の食道楽のため「拉致」ですって~?
将軍は将軍でも「徳川将軍家」やのうて、何処ぞの「将軍さま」
やったら、やりかねへん(以下自粛)

「ハカ」に対抗して「シコ」えーですね。
四股は「邪気をはらう神事」やの「足腰の鍛錬」や言いますが
元は相手を威迫する意味やと思いますね。
猫宮は昔、相撲とは関係のあまり無い某社会人競技で
○○タ自動車の男に対戦前に四股を踏まれて吃驚してもうたことが
あります。
Commented by ikasasikuy at 2011-10-03 17:02
梅宮さん

ニッポンは相撲が国技やけど
モンゴル人とか
一部旧ソビエト連邦諸国にのっとられて
かいもくやし
せめて「シコ」だけでも・・・


<< 気が向いたらプラグ作り2      捨てられないモノ2 >>