2011年 12月 26日
コロッケそば
c0120913_1435833.jpg
コロッケそば
OLYMPUS E-410




  Do you know the Soba Croquette ?
   きみはコロッケそばを知っているか?
 

わが家の年越しそばは
どんなに寒い日でも冷たい笊蕎麦である
しかし
今年はちょっと趣向を変えて
温かい蕎麦にしてみようと思っている
しかも

 「コロッケそば」

である

少し前に"windpost+"で紹介されていた
マルちゃん「ほくほくのコロッケそば」の影響を多分に受けている
とりあえず
試作してみる

まずはコロッケだ
そこらへんのコロッケでは納得いかないので
クルマで駅前の「神戸水野屋」へ買いに行く
もともとは精肉店だが
今はチェーン店が20店舗あるテイクアウト専門のコロッケ屋になっている
質のいいラードを使っているのだろう
とにかく衣がサクサクでうまい

 そばに入れたらサクサク感がなくなるぢゃんという指摘もある

たしかにそうだが・・・
まあ
しかたがない
なにしろ水野屋のコロッケだ
サクサク感が失われても微動だにしないうまさだ(ほんまか)
夕方になると学校帰りの女子中高生が三々五々やって来て
ひとり一個づつ揚げてもらってその場で食べているのをよく見る
花も恥じらううら若き乙女たちが
なりふり構わず揚げたて熱々を頬張っている姿を見るにつけ
よくせきここのコロッケが美味いんだろうな・・・と思う
一個94ヱン
となりのスーパーの2倍近くする
ところで
水野屋の「水」は水曜定休日の「水」かと思いきや
じつは年中無休なのだ


そばは
信州のきれいな蕎麦では力が弱い
ここはなにがなんでも北海道だ
荒々しくとも強さを前面に押し出さなくてはイケナイ
音威子府か滝川だ
なぜかと言うと・・・
おっと
そばを語ると友だちをなくすのでやめておく
そばは語るものではない
だまって食うものだ
そんなわけで
とりあえず滝川を使ってみる
音威子府に負けず劣らず黒い蕎麦だ

そばはややかために湯がいて丼にとる
それへ差してしっかりとろみをつけた出汁(鰹、昆布、味醂)を張り
その上からコロッケを乗せる
いわゆる餡かけ仕立てだ
少しでもサクサク感を保つためコロッケが沈まないように工夫する
薬味は九条葱と炒り胡麻だけ
一味は振らない

c0120913_14352692.jpg

食べ方は
箸でコロッケを崩しながら
そばと一緒に口の中に滑り込ませる
衣から溶け出した豚の脂と
じゃがいもの円やかで豊かな甘味が
淡白なそばの風味と溶け合って
じつにうまい


調子に乗って
素麺バージョンもやってみた
いわゆる「コロッケにうめん」だ

c0120913_12533967.jpg

宮城県白石のは「温麺」だ
「うーめん」または「ううめん」と読む
一見素麺だが油を使わず製麺するところがちがう
胃にやさしいらしい
こないだまで戴き物があったが食べてしまった
しかたがないので大門素麺でやってみた

食べてみた
じつは
どっちかと言うと
そばよりこっちの方が合う
しかし
残念ながら
テーマは「年越しそば」なので
あきらめるしかないのである


また別の日
調子に乗って
細うどんバージョンもやってみた
いわゆる「コロッケうどん」だ

c0120913_2150562.jpg

食べてみた
じつは
どっちかと言うと
にうめんやそばよりこっちの方が合う
つまり
細うどんとコロッケは抜群の相性だ
しかし
残念ながら
テーマは「年越しそば」なので
あきらめるしかないのである


それはそうと神戸水野屋
年中無休だが大晦日もやっているのだろうか・・・




【参考資料】
 windpost+
 マルちゃん「ほくほくのコロッケそば」
 神戸水野屋




昼間に録画しておいた高校駅伝を夜中に観た
男子も女子も阿弗利加人を混ぜてる学校が優勝した
阿弗利加人ランナーは桁外れのスピードだった
こんなことを言っても始まらないのはわかっているが
阿弗利加人混成チームを除けば
男女とも岡山が1位で兵庫が2位だ

c0120913_12532424.jpg

ラグビーにしろ駅伝にしろ
企業なら兎も角
そこまでして優勝しなければいけない事情が学校にあるのだろうか
学校もまた「商売」だという指摘もある
学生スポーツとはなんだろう
学校とはなんだろう

T京大学やD東文化大学やK東学院大学が
ラグビーでW稲田大学に勝つには
この手しかなかったのだろうか
たぶん
なかったのだろうなぁ・・・


by ikasasikuy | 2011-12-26 07:33 | めん類学 | Comments(4)
Commented by othum2bad at 2011-12-26 08:54 x
おお!
コロッケそばのみならず
コロッケううめん
コロッケ細うどんまで!

そうです
コロッケをほぐしつつ
そばといっしょに味わうには
熱い出汁のなかで持ちこたえる
タフさ(?)が必要で
更科系のお上品さは向かない
というような気がいたします

あ、いけないいけない
ついよけいなことを語ってしまいましたね

ところで文末の
windpost+リンクですが
表紙(?)からめくってって何枚目
という指定になっているようです
明日になると新しい記事のせいで
ひとつずつズレていまいますので
固有の記事アドレス(↑の名前リンクになっています)に
変えていただければこの先もずっと
そこに飛びます
Commented by ikasasikuy at 2011-12-26 09:31
othum2badさん

そうなんです
ちょっとかために湯がくと
ちょうどヱヱ具合になります
ほんで
ふつうのだし汁にしたら
コロッケがすぐに溶けてしもて
半分ぐらい食べた時点で出汁がわやくちゃになってしまうのは明白やし
そこで
餡かけ仕立てにしてみたんですけど
コロッケを箸でこう「ぐちゃぐちゃぁ」と大胆にほぐしたかて
衣やらイモやらが出汁に解け込んでいかへんのですわ
出汁もにごらへんし最後まで出汁の味を香りをキープしてくれますねん
これは
大発見や!(じがじさん)と思いました
まあ
ちょっと考えたら
誰でも思いつくことかもしれませんけどほんまに「効果大」です
ほんでこれ
細うどんでやるともっとうまいです

LINK
entry505.htmlではりなおしときました
Commented by まい at 2011-12-29 09:09 x
大晦日仕事かと聞いてきたのは水野屋のコロッケをかってきてほしかったから?
Commented by ikasasikuy at 2011-12-29 10:45
うむむ
さすがやね
ヨミがスルドイ
ほなけんど
水野谷のコロッケは
こないだぎょうさん買ぉて
まだ温いうちに冷凍してあるねん


<< 帆布      象乃会 >>