2012年 04月 12日
屋台
c0120913_14252140.jpg
カルメ焼き
OLYMPUS OM-1E-410 with ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6




深川不動尊の正に門前にある
前を通ると強烈な甘い匂いが鼻腔を直撃する
関西の縁日でも珠に見かけるが
甘いものがナニなボクは
子供の頃から一度も食べたことがない
カルメ焼きと綿菓子がダメだった
同じ甘味でも
リンゴ飴は好きだった
それより
たこ焼きにべっとり塗り込められたソースの味が好きだった

もう八十の坂をとうの昔に超してきたような萎びた老爺が
小さな体をさらに小さく丸めてカルメ焼きを焼いていた
もうなんの欲得もないかに看えるこんな爺様にも
商売を続けねばならぬ事情があるのか
こうやって老体に鞭打ちつつ・・・

見ていると
体はすっかり老いさらばえているのに
手の動きだけは一流の現役露天商だった
小いさな手鍋と短い棒を巧みに操っている

 ザラメの焦がし加減
 重曹を入れるタイミング
 膨らみ具合を調えるかき混ぜ方
 火から下ろして冷ますタイミング・・・

なんの迷いも躊躇いもなく淡々と動く手
これだけをもう何十年も続けてきたのだろうなぁ・・・
「熟練」とはこういうことを言うだろう


c0120913_142613100.jpg



少し離れて
おでん屋だろうか
ラーメン屋だろうか
椅子もテーブルも提灯も
一切合切をコンパクトに収納して
道端に佇んで夜が来るのを待っている

by ikasasikuy | 2012-04-12 08:37 | 食文化論 | Comments(8)
Commented by 猫宮トラオ at 2012-04-11 20:01 x
こんばんは 猫です

写真の爺様に関してですが熟練の職人、一流スポーツ選手、
そして高名な舞踏家に共通するのは「無駄な動きがない」ですね。
カルメ焼きは余り関西では縁が無かったですが綿菓子のざら目の
焼ける匂いにリンゴ飴の甘い香り、
烏賊焼きの匂いと蛸焼のソースの匂いをミックスしたのが
「縁日臭」でしたね。

で、先般の「外人プール」「鳴尾浜の進駐軍」に関連して
こんなサイト見つけました。
http://ksa.axisz.jp/a5621HansinPark.htm

かって一世を風靡した各種飛行機や今は無き飛行場群を詳しく
調査されてます。
あの聖天さんの零戦原寸模型?も出てきますよ。
Commented by orityan at 2012-04-11 20:13 x
でも
今日は
12日と ちゃう。
Commented by ikasasikuy at 2012-04-11 20:38
ねこどの
舞踏は門外漢ですが
だいたいなんでもそうですね
ほんで
1945年8月29日
終戦すぐの写真ですね
申川の土手の松がぎょうさん残ってます
うちの実家
画面左端に写ってるはずですが
よぉわかりません

1948年8月31日の写真
うちの家写ってます
画面右上に鳴尾小学校が写ってるでしょ
その東側で中競馬道と小学校のあいだです
中競馬道をずどーんと南へ下がったところ(枝川沿い)が
当時進駐軍に占拠されてた土地です
家の前の西競馬道から
鳴尾競馬場のメインスタンドが見えました
メインスタンドの5階建ての建物は
進駐軍の本部になってて
その後武庫川女子大学になりました
ああ
なつかしいなぁ


外人プールと
スタンド付きのテニスコートも写ってますね
戦後〜昭和33年ぐらいまでは海はきれいでしたが
その後どんどんどんどんどんどんどんどん汚染がすすんで
小学校の頃には
この前の甲子園浜で泳ぐと
体中コールターで真っ黒になりました
Commented by ikasasikuy at 2012-04-11 20:46
orityan


そうです
今日は12日ちゃうんです
ちゃうんですけどね
皿屋敷て知ってるでしょ
そうそう
落語の皿屋敷です
桂枝雀のが面白いです
あの下げのとこ

 「こら〜、お菊〜」
 「なんですの」
 「皿は九枚しかないのに、なんで十八枚も数えるねん」
 「今日、二日分読んどいて明日の晩はお休みしますの」

というやつですねけど
ほんで
千光寺の展望台からの眺めはほんまにヱヱねぇ
Commented by 猫宮 at 2012-04-11 21:42 x
そうですか
「競馬場筋」なる言い回しはN尾地区に古からお住まいの人が
よう使いはりますがN小学校東横の縦の道は「中競馬道」言うの
ですね。その道が臨港線に行き着くあたりが多分、おぼろげな記憶で進駐軍の正門やったようです。
先日述懐されたアメちゃんは門を真っ直ぐ北上してご実家に来たのでしょうね。
猫の実家の近くには競輪場が有りましたが昭和23年時点では
何も写っておらず旧阪神パークの敷地同様、戦時中に家が取壊
されていたのか何なのか興味が尽きません。
アメちゃんが引き揚げた後、旧飛行場の前の浜に父が「鰈の投げ釣り」するのに付いて行きました。
だだっ広い飛行場跡にの隅に米軍トラックの残骸が数台分ポツンと残されており「つわものどもが夢のあと」
実に寂寥感あると言うか薄気味悪い淋しさと言うか今でも印象に
残ってます。
Commented by ikasasikuy at 2012-04-11 22:49

ねこどの
ごめんごめん
まちごーてました
家の前の道は中競馬道やのぉて
西競馬道(にしけーばみち)でした
中競馬道ゆうのはもう一本東側の道で
南へ下がると臨港線(進駐軍のフェンス)のとこで
今は西宮東高校と浜甲子園中学のあいだに出てくる道です
ほんで
東競馬道はむかし鳴尾東映ゆう映画館があった道です
うちの前の西競馬道は新明和工業から戦車が陸送されてくる道になってて
年に2へんか3べん戦車や装甲車が10台ぐらい連ねて通りました
家の二階の窓からそれを見るのが好きでした
岸和田のだんじりみたいな感じ
戦車が近づいてくるとものすごい音がして
地震なみに家が揺れて
窓ガラスがビシビシ鳴ってました
ほんで
戦車が通ったあとにできる
キャタピラのカタチ通りに長方形にめくれたアスファルト
これを拾て宝物にしてました
角が崩れてへん四角いのが宝物でした
そんなわけで西競馬道は年がら年中道路工事やってました
中競馬道は阪神鳴尾駅から競馬場へ行く近道でしたが戦車は通りませんでした
西競馬道は本郷の踏切があって北へ抜けられました
ほんで
鳴尾浜のカレイ
よぉ釣りに行きました


Commented by じゅんた at 2012-04-11 23:10 x
ささきさん
こんにちは
カメラOM-1ですか
すごいですね
あはは
あはは
Commented by ikasasikuy at 2012-04-12 00:47
じゅんたさん
うわ
なんと
なんと
ごめんね
ごめんね
E-410でした
とぅんまてん
とぅんまてん
OM-Dならよかったんですけどね
うふふ
うふふ


<< 野に咲く花の名前は知らない      サクラサク >>