2012年 06月 09日
蛸を蒸す
c0120913_23493176.jpg
小蒸篭で蛸を蒸す
OLYMPUS E-420



小蒸篭で蛸を蒸す

 茹でると蛸独特のうまみが湯に溶け出すので蒸した方がうまい

というのが蒸し蛸派の言い分である
たしかに一理ある

モンダイは蒸し時間だ
茹で時間と同じく非常に難しい
つまり
どういう状態の蛸を食べたいかで蒸し時間が異なる
あたりまえのことだが
生に近いものを好むなら短時間
芯(脚の中心)までしっかり火を通したかったら長時間だ

小蒸篭にぴったりの小蛸
蛸の大きさを考慮して10分蒸してみた


c0120913_2357554.jpg
蒸されてグッタリしている小蛸



いい具合に蒸し上がったようにう見えるが
身が堅かった
少し蒸し過ぎたか・・・
はらわたは苦玉をのぞいてすべて食べられるが
蒸し蛸派が大袈裟に言い立てるほどうまいとは思わない
やっぱり
このサイズの蛸なら
熱湯で45秒〜1分茹でる方がボクにはうまい
ぶつ切りにして
乱切りのキュウリと一緒に二杯酢か山葵醤油だ
塩だけというのもうまい
酒はギンギンに冷やした玉の光

ああ
夏だなぁ・・・





   ほんで
   ヨルダン弱すぎ
   ほんまにこれ最終予選なんやろか・・・
   と
   油断してたらえらい目に遭うのはよくわかっている
   さ
   EURO 2012観よ


by ikasasikuy | 2012-06-09 11:48 | 食文化論 | Comments(0)


<< mens      ナマズ日和 >>