2012年 08月 12日
タコのカルパッチョ
c0120913_0194827.jpg
タコの柚子塩ソース on the Nabeta Glass.
OLYMPUS E-410 with Zuiko D25mm F2.8




タコのカルパッチョ
イタリア料理はよく知らないが
タコのカルパッチョというのはオカシイと思う
そもそも
カルパッチョは牛肉だ
それも生ヘレ肉の料理のことじゃないのか
いつから魚介類までがカルパッチョになったのだろう

気になるので調べてみたら
カルパッチョは牛肉ではなかった
イタリア人の画家の名前だった
その画家が生の牛ヘレ肉にパルメザンチーズをかけて食べるのを好んだので
画家の名前を取ってそう呼ぶようになったらしいのだ
なんと安直でつまらない名前の付け方だろう

 ネーミンガーとしては「最低」の評価を付けざるを得ない

まあ
そんなわけで
タコのカルパッチョのレシピである


【材料】
 明石ダコ(半生に茹でて薄くそぎ切りにしておく)
 サニーレタス
 ベビーリーフ
 ミニトマト
 ヤングコーン(塩茹でしておく)

【ソースの作りかた】
 柚子酢
 塩だれ
 オリーブオイル
 ニンニク
 鷹の爪(入れなくてもいい)
 白ごま
 それぞれ適量をボウルでよくかき混ぜてあわせておく

【塩だれの作りかた】
 酒3カップ、味醂1/2カップを深鍋で煮てアルコール分を飛ばしてから
 鰹節60gを加えて一煮立ちさせたら漉して塩30gを溶かし
 昆布5cm×5cmを入れ10分後に昆布を取り出して冷ましたらできあがり
 (これで焼いた塩焼きそばは涙が出るほどうまい)

 材料をきれいな平皿に並べて
 ソースをかけてできあがり


塩だれは醤油にはない清涼感がある
柚子、大蒜、オリーブ油の風味が
南イタリアの海辺の景色を思い出させてくれる
ああ
懐かしいなぁ・・・シチリア

 行ったことないクセにという指摘もある

行ってみたい・・・


c0120913_5512151.jpg




  それにしても
  どうしてどうしてなんでなんで
  U-23日本代表は3位決定戦で韓国なんかに負けたのだろう
  バレーボール女子は韓国に勝って銅メダルを取ったというのに・・・
  サコダという選手すごかったなぁ


by ikasasikuy | 2012-08-12 08:25 | 食文化論 | Comments(4)
Commented by なべくみ at 2012-08-13 22:48 x
タコのカルパッチョ
美味しそうですね
器とのバランスもいいですね
あのサイズの器はけっこう使えるサイズと思います
我が家でも使う頻度が高いです
Commented by ikasasikuy at 2012-08-13 23:23
なべくみさん
このタコ
うまいんです
塩だれが効いてるんです
ほんで
この器の淡いグリーンは
明石ダコのやや褪めた小豆色をした皮の色とよく合うんです
色といい
艶といい
大きさといい
カタチといい
しかも透明感といい
非の打ち所のない器です
ええもん手に入れたな・・・と
一人ほくそ笑んでます
まいは
秋刀魚の塩焼き用の器を手に入れてよろこんでました
http://pink.ap.teacup.com/maix/329.html

そうそう
ぬるぬるのままでよかったらタコおくるけど・・・
いる?
Commented by なべくみ at 2012-08-14 14:53 x
タコ
うれしいです!
ぬるぬるの取り方教えて下さい
Commented by ikasasikuy at 2012-08-14 15:57
なべくみさん
盆明けに出漁予定です
ぬるぬるのまんま送りますから
自分でなんとかしてください
ぬるぬるの取り方の教則本を添付します
がんばってください


<< キーマカリー      wondering kobe ... >>