2012年 08月 14日
肉辞典
c0120913_503588.jpg
肉辞典
OLYMPUS E-410 with Zuiko D25mm F2.8




本屋であれこれ手に取って
胡散臭そうな本だなぁと思いつつ買ったのがこれである
こういう買い方で本を買うのは久しぶりだ
昔々
二十代か三十代の頃は
時間つぶしに本屋へ行って
書棚のタイトルを眺めて気に入ったのを手に取ってみて
何十冊かに一冊
あるいは何百冊かに一冊
値段も見ず
これはもうどうしても買って帰りたいと思う本に出会ったものだ

近頃は買う本を決めてから買いに行くことが多い
それに
ネットで注文すれば早ければ翌日に届くのだ
本屋へ行くこともすっかりに減ってしまった
便利と言えば便利だが
本との出会い方が希薄でつまらないものになっている



さて
この本
肉のことがいろいろと書かれている
辞典なのでどこから読み始めてもかまわない
パラパラっとページをめくると肉の写真が満載だ
肉好き必携の本だと思った

ただし
同じ肉好きでも
牛肉のそれもサーロインしか食べないという人にはこの本は必要ない
いい肉はなかなか口に入らないけれど
牛でも豚でも鶏でも羊でもそれ以外の肉でも
肉と名が付けば
足もアタマも耳も内蔵も
すべて食べ尽したいという人向けの本だと思う

by ikasasikuy | 2012-08-14 07:59 | 食文化論 | Comments(6)
Commented by ladon at 2012-08-13 11:49 x
内の嫁が
痩せた痩せたと
いふので!?
烏賊ほどと尋ねますると
4㎏と嬉しそうにいふではありませぬか!!
普通の人なら大きな数字で有馬生姜
96㎏から4㎏では・・・!!
92㎏・・・。
昔、[肉体の悪魔]ちゅう映画がありましたが
うちは[悪体の肉魔]であります。
見た目変わりおまへん!!
チャンチャン。
本は本屋をブラブラして
波長の合う本に出会ったら
買います
わりと小説は苦手です
ドキュメント系が多いです
Commented by ikasasikuy at 2012-08-13 13:48
ladon師匠
そうですか
ノリコセンセ92キロですか
すばらしです
うちの悪体の肉魔も
やせたいやせたいゆうて
毎晩スポーツジムへ通てプール調教をしてますが
逆に4キロ増えたんちゃうかと思うぐらいの急成長ぶりです

むかしは
どんな町へ行っても
まずどんな本屋があるのかと探して回ったりしましたが
ちかごろでは
どんな居酒屋やBARがあるのかと
ウロウロ徘徊しているようなていたらくです

ていたらくて為体て書くんですね
最近知りました

Commented by nora-hitsuji at 2012-08-13 19:03
最近日本語離れが進んでいて
読めるけど書けないから
読めないし書けないに
なりつつあります
本を読もうと思っても
活字が小さいと目が痛くなってくるし
第一根気が続かなくなりました
入院したときに読もうと持ってきてもらった本も
少し読んでそのままだし
好きで暗記するほど読んだ本も
今は積読になっております
アァ、ナゲカワシヤです

うちの嫁さんは
以前私が0.1トンほどあった頃に着ていた
ポロシャツやセーターやジャケットが
ちょうどえぇわと言って愛用しております
私は痩せて縮んだので
0.1トンになる前に着ていた服を
再び愛用しております

NZも本屋離れが進んで
一番大きな書店のウイットコールズ(Whitcoulls)も
一度倒産して再建中であります
NZの本は再販商品では無いので
自由に値下げが出来るので
値下げ本の中から気に入った
絵や写真の多い本を選んで
買っております
Commented by othum2bad at 2012-08-13 20:34 x
なんともまた「肉事典」とは
実にもう「そのまんまやないけ」ちゅうような
シンプルかつストレートなタイトルですねえ
あ、いえ、別にいいんですけどね

そういえば最近、あまり書店に立ち寄ること
少なくなってきております
そのかわり(?)
どの町に行ってもまず訪れてみるのが
そこの地元資本と思われる中小のスーパーででしょうか

どんな食材がどんな値段で売られておるか
そんなところからその町の傾向(?)を掴めたような気になるんですよね
実際のところ、それで合ってるかどうかはともかく

あと「なんじゃこりゃ?」なものに遭遇するのが楽しいです

とまあ、それはともかく
痴呆の・・・ じゃなかった、地方の
古くからの個人経営の書店
どんどん廃業して行くところが多くて
なんだか残念です
と言いつつ在庫が無いならアマゾンでオーダーすっか?
となるこちらもその一因なんですけどね
なははは
Commented by ikasasikuy at 2012-08-13 23:05
nora-hitsujiさん
ニュージーランドはアフリカの次に日本語が通じなさそうな気がします
本屋へ行っても日本語で書かれた本は少ないでしょうね
ほんで
目が老眼になると本を読む気力が失せるようです
それでも電車の中で老眼鏡をかけて小さそうな字の本を熱心に読んでおられるご老人をよく見かけます
本が命の次に大事というような気概をを感じます
ボクは面白い時代小説ならどんなに小さい字でも読めます
アマゾンで買うと立ち読みができないのでしょっちゅうスカの本を買ってしまいます
本はだいたい10ページぐらい読んで面白くなかったら捨てます
詰まらん本は紙屑以下ですからね
本を読む気力が失せても
これだけ長いコメントが書けたらまだまだ大丈夫です
もういっぺんニッポンに帰ってきて
いっしょに一芳亭のシュウマイ食べませう
Commented by ikasasikuy at 2012-08-13 23:11
othum2badさん
肉辞典
牛豚鶏羊などなど
部位の名称から料理法まで
ものすごく簡潔に書かれてます
グダグダしたところのない
几帳面かつあっさりした
いい本でした
知っているようでじつは知らなかったことがいっぱいで
ためになるというか
べんきょになるというか
肉がものすごく食いたくなります
この本を買ってから
肉ばっかり食べているので
少し野菜不足になりました
面白いけれど
健康に良くない本でもあるような気がします
もちろんアマゾンでも買えたんですが
これからもできるだけ本は本屋で買うようにします



<< 夏は冷やし中華      キーマカリー >>