2012年 09月 18日
秋蕎麦
c0120913_16424066.jpg
秋も冷たい蕎麦
OLYMPUS E-420 with Zuiko D25mm F2.8




夏は冷たい蕎麦だが
秋もやっぱり冷たい蕎麦だ
そういえば春も冷たい蕎麦だったし
年越し蕎麦もわが家は必ず冷たい蕎麦だ

うどんは熱々がうまいと思うけれど
蕎麦は冷たい方が断然うまい
まあ
ひとそれぞれだが

 冷水で〆た蕎麦を丼に盛って
 錦糸卵、葱、茗荷、枝豆、白胡麻などを散らし蕎麦汁をかけ回す
 食べるときはぐるぐるかき混ぜるのできれいに盛る必要はない

ところで
冷たい蕎麦だが
ざるに盛ると「ざる蕎麦」で
せいろに盛ると「せいろ蕎麦」になる
それなら「もり蕎麦」は何に盛るのだろう・・・
一説では皿に盛るの正しいという
平皿に盛ったのがもり蕎麦の始まりらしい
なるほど
では
写真のように丼に盛ると「どんぶり蕎麦」かというと
そういう言い方はしないそうだ
丼に盛るのは蕎麦汁を上からかけるためで
「ぶっかけ蕎麦」というのだそうだ
同じ蕎麦を同じ汁で食べるのに
器がちがうだけであれこれ言い方がややこしいのである

おっと
語りすぎた
_i_k_a_n_u_
_i_k_a_n_u_

by ikasasikuy | 2012-09-18 07:41 | めん類学 | Comments(8)
Commented by ladon at 2012-09-18 08:00 x
蛸唐草の鉢
中々に・・・ハオ
温かい蕎麦は
炙った鴨肉と
焦げ目をつけた
葱の白身
柚子の皮を散し
山椒をハラリで
戴きたいですな
よられれれきら・・・?
Commented by othum2bad at 2012-09-18 12:55
おなじく
蕎麦は一年中冷たいものを好んでおります

あ、カレーせいろ(もり蕎麦を熱いカレー味のつゆで食する)よりは
カレー南蛮のほうがいいですが!

もっとも
こころあるかたからすると

 カレー南蛮など論外である!

とのことらしいですが・・・


そして「熱い」蕎麦ということで言えば
これまた外道!などとあしざまに言われる
山口県の「瓦焼きそば(茶蕎麦ですが)」も好きでございます

もっとも、そこでの主役は牛肉である
との指摘も寄せられておりますが
あははは
Commented by ikasasikuy at 2012-09-18 13:42
ラドン師匠
おはよごだます
炙った鴨肉・・・
_u_m_u_m_u_
そそられます
そそられます
炙った鴨肉に柚子と山椒ですか
_u_m_u_m_u_
炭火で炙った鴨肉と
タンドリーチキンは
鳥類最大の傑作やと思います
久保コイチはケンチキが一番やゆうてましたが
あんなもん話になりません
ああ
もう蕎麦なんかどうでもよぉなってきました
これからは
鴨と二階堂でいく所存です
吉四六といううまいのがあるんです
吉四六と書いて「きっちょむ」と読むんです

 え?
 知らん?


飲まはらへんのでしたね
ちゅんまてん

Commented by ikasasikuy at 2012-09-18 13:45
othum2badさん
カレーそば
やっぱり大阪のニンゲンですから
カレーはうどんです
カレーそばは十五年にいっぺんぐらいしか食べません
だらだらと長く気が遠くなるボクの人生の中で
まだ四回しか食べてへん計算です
五回目はもうないような気がしている今日この頃です
でも
も少し頑張って
「目指せ!五回目のカレーそば!」
というスローガンを掲げて
残りの人生をゆらゆらと邁進する所存です

ほんで
下関の瓦そば
まだいっぺんも食べたこと有馬温泉
あれ
瓦の上(背中側=凸側)にそば盛ってあるでしょ
食べにくないんですかね
箸を入れるたびに
ずるずるずるずるずり落ちて
ぼろぼろぼろぼろこぼすような気がします
でもいつか
山口を旅したら
必ず食べる所存です
Commented by ladon at 2012-09-18 15:43 x
酒は呑みませぬが
酒の肴は好きです
豊後でおおてたかいな(大分)
の民話の吉四六から
取った名前の焼酎やゆうくらいは
尻折りますですが
香・味・酔い心地までは
与りしりませぬです・・・
Commented by ikasasikuy at 2012-09-18 19:14
Ladon師匠
よくごぞんじですね
廣田吉右衛門(きっちょむ)は豊後の酒蔵元です
賢い人やったと言われてますが
賢いのあたまにズルが付いているように思います
ここに
きっちょむ話がぎょうさんありますが
まあ
ペテン師か詐欺師ですね
いまはなきドクターヤマモトを思い出しました
え?
なんです?
まだ生きとる?
ありゃりゃ
そうでしたか
たしか去年の暮れ
ヱンさんにいっぺん殺されてますけどね
生き返ったみたいですね
Commented by ladon at 2012-09-18 21:42 x
何でも
噂話で殺されると
長生きするそうやで・・・
ゆうても、毒多
わしより
一歳年上やったに
記憶しとりますが・・・
まだ、先長いは・・・
Commented by ikasasikuy at 2012-09-19 00:57
Ladon師匠
ドクター
昭和22年1月11日生まれ
まだ65歳です
あっちへ逝くにはまだまだ若造です


<< 鍋田ガラス用食器棚2      秋のトリコロール >>