2012年 09月 10日
琉球慕情
c0120913_2005456.jpg
ゴーヤーチャンプルー
OLYMPUS E-420 with Zuiko D25mm F2.8




秋保から野菜や果物が届いた
ちゃんとタコも送れなかったのに
申し訳なくもありがたいことである
葡萄と野菜が入っていた
ゴーヤーも入っている
暑い地方の野菜だと思っていたが
雪が降る東北でも栽培できるのだなぁ・・・
さっそくゴーヤーチャンプルーを作る

 【材料】
  ゴーヤー3本
  豚肩ロース300g
  豆腐一丁
  鶏卵2個

とてもシンプルな材料である
調味料は
オイスターソース、塩だれ、砂糖、泡盛
これもとてもシンプル
これだけでボクは沖縄へ行ける

 そういえば
 去年は沖縄へ行かなかった
 今年もまだ行ってない
 ぼちぼち沖縄が恋しくなっている

ゴーヤーチャンプルーができた
ビールと思ったが
ここはやっぱり泡盛だな
久米島の「久米仙」か「残波」か「くら」か
少し酔いがまわったら三線も弾いてみるかな
といっても「安里屋ユンタ」ばっかりだけど
最近は「てぃんさぐぬ花」も少しだけ弾けるようになった

 2曲だけかよという声もある

2曲も弾けたらじゅうぶんだろ
いや・・・
いやいや
沖縄に住むとなると
もう1曲ぐらいは弾けないとな・・・

 住む気かというギモンもある

by ikasasikuy | 2012-09-10 09:24 | 食文化論 | Comments(6)
Commented by juntaseasons at 2012-09-10 20:30
ikasasikuy さん
こんにちは
「ちゃんぷるー」という言葉は
沖縄方言にしても随分変わってるなと思ってましたが
マレーシアとかインドネシアに行くと
なんとかチャンプルーという料理が出てきました

といっても明治以降
クロチョウガイの真珠採りが
マレーとかインドネシアに何千人も出張っていたそうですから
そのころ移入して沖縄に根付いた調理方法ではないかな
なんて思っています
朝鮮語のちゃんぽんと繋がりがあるのかも
いい加減な
思いつきばかりで
 ごめんね
 ごめんね~(C) by U字工事
Commented by ladon at 2012-09-10 21:01 x
ゴーヤーチャンプルーは
ゴーヤーにあまり火を通さぬ様
最後に鍋にいれ、軽く炒め
仕上げは鰹節をたっぷりかけます
そうすると、苦味が少なく
鰹節とゴーヤーの苦味が相乗効果で
旨味が増しますて
ウチナンチュウのおばあに
教えてもろうてやってみましたら
真、その通りでしたんで間違いおまへん
お試しを!!(苦味がキツイほうが・・・やったら
それは、それで)
一曲も弾けんけどというより
楽器音痴の私でも沖縄に住みたい
・・・基地がなくなったらもっと・・・
Commented by ikasasikuy at 2012-09-10 21:37
juntaseasonsさん
こんばんわん
チャンプルーとチャンポンは同じ意味だと思います
「まぜる」です
チャンポンは福建語ですね
福建省からニッポン語の勉強のために神戸に来ていた楊さん
(むこうではyanさんですがニッポンでは日本読みでyouさんと呼んでくださいというので
youさんです)
二十代前半の女性で太ってはいないですが顔がまんまるでした
背と鼻が低いかわりに目がものすごく小さくてマンガのフリテンくんにそっくりでした
生田新道沿いの台湾料理屋でアルバイトをしながらニッポン語の学校に通ってました
当時ほぼ一日おきに豚足煮込みを食べに通ってました
「youさんニポン語うまくなったね」
「そうでもないよ」
「どんどんよくなってるよ」
「そかな」
「ほっけのたいこね」
「それなにか」
「しらないか」
「しらないよ」
「たいこしってるか」
「めんたいこおいしいね」
「がっこそつぎょしたらふっけんしょうかえるか」
「いまかえりたいよ」

毎回ほぼ同じ会話でした

Commented by ikasasikuy at 2012-09-10 21:43
ladon師匠
そこなんです
そこなんです
沖縄でもこっちゃでも
なんでかしらんコーヤーチャンプルーには
かつおぶしがどっさりかかってて
これが苦み消しになるてみなゆわはりますねん
うちもよめはかつおぶしまぶさな苦ぉて食えんゆいますねん
それに本場の
牧志の公設市場の二階食堂のおばちゃんまで
ゴーヤーチャンプルーはかつおぶしがかかってなあかんゆわはりますねん
せやけんどね
わざわざニガウリを食べるのに
苦みを消してしもたら
なんのこっちゃ抹茶に紅茶ですがな
それやったらふつうのウリ食うときなはれっちゅうことですよ
それより
「塩だれ小さじ1」&「砂糖を小さじ1」です
これで
苦みもしっかり残って
豚肉のうまみも引き出せます

べつにかつおぶしがきらいなわけではありません
そうそう
塩だれをつくるときに
あほほどかつおぶし使てますし
ところで
このごろのゴーヤー
むかしに比べて苦みが少ない気がします
品種改良してるんやろか
ボクの舌がアホになってるんやろか
Commented by ladon at 2012-09-11 07:29 x
確かに、歳いて
いろんな五感がボケてきたやうな・・・
味覚の一つ、苦みに関しては
大峰山名物?陀羅尼助!!
子供時分は苦~て・苦~て
嚥下できんかったんですが
今では、下の上でレロレロしてても・・・
ですは
アホにはなってないやろけど
ボケてるんかな
人生色々味わいすぎたんかも・・・
Commented by ikasasikuy at 2012-09-11 18:26
ladon師匠
歳いてボケてくるのはあたりまえなんですけど
若い頃からずーーーっとボケてる
ヱンさんやゾンさんはこの先どうなるんでしょう?
え?
知らん?
ワシの知ったこっちゃない?
まあ
そうです


<< wandering kobe ...      ヤングなでしこ >>