2013年 01月 31日
八朔
c0120913_19123772.jpg
八朔
Panasonic DMC-TZ30




和歌山のむっちゃんとりえさんが
丹誠込めて作った八朔
風邪で弱っているところを
無理を言って送ってもらった

 むっちゃん&りえさん
 ごめんねごめんね〜(by U字工事)

八朔は
冬の数少ない楽しみである
これがないと冬が寂しい

by ikasasikuy | 2013-01-31 07:08 | 食文化論 | Comments(9)
Commented by ladon at 2013-01-31 10:56 x
八朔と何やらを掛け合わせ
[傑作]てな蜜柑もあるやうで!!
ひょっとして、ゾンさんやったら
何を掛け合わせたか知ってるやも・・・むむむ?
八朔といへば此処(南河内)では
八朔市といって9月の朔の日に
顕聖寺といふ寺の門前に市が立ちますが
今時分が旬の八朔蜜柑が
暦の八朔から来てるんでしたら
冬にも八朔があるんでしょうかね?
虎の本、[偉大なる王(ワン)]
ニコライ・A・バイコッフ著
虎の王と老練な猟師の物語です
ワンは人喰い虎と違いますので
この本ではない様です
もう一つの虎の本ですが
戸川幸夫の本やったと思うて見ましたる処が
なんぼ探しても出てきません
手持ちの本の中に有るにはあるんでしょうが・・・
何の本やったか?
関東軍の将校と満人猟師が
虎撃ちに出かけ
虎の交尾期の怖さを体験する話の部分だけ覚えております
人喰い虎の退治の為やったかと・・・定かでは・・・
すびばせんね
Commented by ikasasikuy at 2013-01-31 12:27
ladon師匠

果実の八朔
名前の由来は
八月の朔日から食することができるから
ということですが
たぶん夏の間はすっぽぉて食えんと思います
ヱンさんは半分に切って砂糖まぶって食べるそうですけどね
それはそうと
八朔市と銘打ちながら
九月の朔日に市が立つというのは
なんぼ考えても理解できません
グレゴリオ暦やのおて旧暦でゆうたはんにゃろか・・・
せやけど
それやったらむかしの八月一日が
丸一ヶ月遅れの九月一日にはならへんと思うんですけど

ほんで
偉大なる王に出てくる老猟師は
話の中で松の実食うてませんでしたか
もし松の実だけで雪の山中を凌いでたらそいつが犯人です
記憶にあるのは

 松の実
 王大虎
 山猟師

この3つだけです
王大虎が人間を食べるシーンはなかったような気がします
それに関東軍の将校と虎が交尾するシーンも記憶にありません
Commented by ladon at 2013-01-31 15:03 x
今夜、件のブルース
バックグラウンドに
本、読みかえしてみます・・・
そぐわぬか?
Commented by ikasasikuy at 2013-01-31 17:15
ladon師匠
よろしくおねがいたます
Commented by othum2bad at 2013-01-31 18:32 x
ご無沙汰しておりました
コメントはせずとも欠かさずは意見させていただいております

さて、Ladon師匠の仰る作品は戸川幸夫の「白色山塊」と思われます
クリックで書評にとびますので
よろしかったら確かめてみてください

失礼いたしました
Commented by ikasasikuy at 2013-01-31 20:36
othum2bad さん
こんばんわ

戸川幸夫という作家にまったく憶えはないのですが
白色山塊というタイトルにうっすらとした記憶があります
雲母のように薄っぺらく脆い記憶です
話の舞台が満州国のロシア国境で黒龍江付近というのもおぼろげな記憶があります
主人公の田中吾一が東寧県の参事官として就任するという設定にもやや憶えがあります
それより
なんといっても
主人公が対峙する虎が
王大虎(ワンターフー)と呼ばれる特別大きく賢い虎ということです
ワンターフーという日頃使わない言葉が記憶の片隅にくっきりと残っていますが
これが見事に合致します
それに于竜飛という現地人の老猟師が出てきます
竜飛という名前に記憶はないですが
この老猟師こそが
松の実を袋に入れて携行した犯人?です
いや
もしかしたら
竜飛に教わった吾一が松の実を携行して王大虎を追ったのかもしれません
いずれにしろ
この小説に間違いありません
結局
王大虎、吾一、竜飛がどうなったかは
まったく覚えておりませんが
これで
松の実を見るたびに「あの小説なんやったかなぁ」と
思い煩うこともなくなりました
御礼申し上げます
ありがとうございました
Commented by ikasasikuy at 2013-01-31 20:37
ladon師匠
そんなわけで
くだんの小説
わかりましてございます
白色山塊
でした
お手数をおかけいたしました
Commented by なべくみ at 2013-02-01 08:03 x
八朔
美味しくいただいております
冬のビタミン補給には良いですね
皮もピールにて頂きます
Commented by ikasasikuy at 2013-02-01 10:25
なべくみさん
おはようございます
秋保は雪の中でしょうか
寒いやろなあ・・・
二月の石巻で釣りをして
両手の指が凍傷になったのを思い出します

この二、三日
大阪は春が来たかと思うぐらい暖かいです
一昨日
ウクレレを一本買いました
テナーという大きなウクレレです
ソプラノ(スタンダード)と同じ音程なので
弦はキンキンに張った状態で
思ったより音が小さいです
心は春を通り越して常夏のハワイです

油断してたら
週明けはまた冬に逆戻りらしいです

来月
奈苗どのと父上が来阪とのこと
楽しみです



<< 春遠からじ      伊勢湾物語 >>