2013年 02月 26日
支那そば
c0120913_10322225.jpg
支那そばの春木屋(準備中)
OLYMPUS E-410



支那そば
「支那」と名が付くがニッポンの食べ物である
いわゆる東京ラーメンのことだ

支那という呼称は
1949年に中国共産党によって建国された社会主義国家
「中华人民共和国」の蔑称だとする意見がある
蒋介石や一部のニッポン人が何と言おうと
支那は歴史上消し去ることのできない永遠に存在し続ける漢人の国家
あるいは地域(モンゴルやチベット等を除く)の呼称である
・・・
というような
政治的な意図は一切なく
ただ単に「中華そば」と言うよりも
「支那そば」と言う方がうまそうに聞こえるだけのことである

支那そばを定義づけるとすれば

 ・和風出汁
 ・濃い醤油味
 ・中細のちぢれ麺
 ・無造作に放り込まれた支那竹

である
特にあの鼻にツンとくる支那竹こそが支那そばの支那そばたる由縁である
(支那竹はチーズやキムチと同じ発酵食品である)

そうそう
支那竹をメンマ(麺媽)などと言うのはヨロシクナイ
メンマは支那語のようでじつは日本語だ
あえて現地読みをするならカンスン(乾筍)と言うべきだ


c0120913_1830937.jpg


支那竹以外のトッピングは

 叉焼
 青葱
 鳴戸巻き
 焼き海苔
 ほうれん草

である
であるが
焼き海苔とほうれん草はべつになくてもいい
なぜなら
支那そばに入っていても特別美味しくないのだ
特に焼き海苔は汁を吸ってぐにゃぐにゃになる
春木屋の支那そばには焼き海苔とほうれん草は入っていない
そういう言い方で言うと
鳴戸巻きもいらないのじゃないかということになるが
鳴戸巻きはいいのだ
見た目が可愛いし
入っているとなんとなく嬉しいじゃないか

by ikasasikuy | 2013-02-26 07:24 | めん類学 | Comments(14)
Commented by ladon at 2013-02-26 10:33 x
おはよごだます
支那は蔑称やてですか?
中国、支那の英語読み
チャイナ!!堂々と使うとるやないですけ!!
チャン〇ロてな蔑称はいかんと・・・
私目にはチャン〇・・・でもええくらいや
思うてますへ・・・
そうです!!
支那蕎麦にほうれん草と
焼海苔は絶対にいらん!!
葱も東京葱(白葱の事確か子供時分そう言うてた)
はあかん、万能葱もダメ
普通の青葱にして・・・
麺は、学食の黄色い蕎麦が私としては・・・好です
和風出汁に何故かコショウが相ます
ナルト・焼き豚・支那竹につきましては
結構かと・・・
Commented by 猫宮トラオ at 2013-02-26 11:22 x
こんにちは
ボチボチ時分どき、「そそられる」写真ですね。
猫は金曜日に長駆、西脇までラーメン喰いに行きます。
「滝野 大橋ラーメン」or「西脇 大橋ラーメン」です。
魚介系の甘い目かつアッサリ出汁に「ギト~」とした脂身の多い
焼豚の対比が何とも言えんのです。
あの方面においでの際は是非一度お試しあれ。
焼き海苔は乗ってますが鳴門巻きは無いので「支那そば」
とは言えませんね。
メニューは「普通」「濃い口」「御飯」「ビール」以外有馬線。
続く・・・
Commented by 猫宮 at 2013-02-26 11:22 x
・・・承前
あの国にかっては属国として朝貢していた国は「チュングク」「ツォングック」とか言ってますがその他全世界は
「シナ」「シノ」「チナ」「チノ」「チン」「シン」etc
が普通で支那自身がそれらに対し自分でそう名乗ってるのですが
ね~。仏蘭西人が「しのわ」なんて言うときには東洋文明的
なものに対する憧憬の念すら篭っている気がしますがね~。
ただし、お相撲さんの常食に「ろ」の字が付いたら侮蔑語に
なりますね。
その点、バーラタ(婆羅陀)の人は「大人」ですね。
我々がインドと言おうが印度と書こうが合わせてくれます。
こーゆー大人の対応を見習ってもらいたいものですね。
ニャハ
Commented by ゾン at 2013-02-26 12:31 x
あ~何という哀愁漂う店構えだ。
昭和の雰囲気そのままだ。

なんたって店先の日除けの色使いが駄菓子屋さんぽくてボキは好きた。

で、イカさんもラーメンにのりと、ほうれん草は要らない派だったんだ。

ボキもいらない派なのだ。

あーなんか中華ソバがたべたくなってきた。

かどやの、中華ソバが食べたくなってきた。
Commented by ikasasikuy at 2013-02-26 17:46
ladon師匠
おはよごだます
さふさふ
おおせのとおり欧米諸国は支那をChinaてゆうんです
チャイナ、チーナ、シーナ、シンなどなど
言い方は少しづつちがいますけど
みなシナです
だいたい
支那人は自分の国の名前をシナと呼ばれることに特段の違和感はないんです
それを蔑称だと騒いでるのは一部の日本人と蒋介石一派です
中正紀念堂を案内してくれた台湾人の青年に
台湾から見た中国とはどんな国かと訊くと
言下に
「テッコクデス」
と答えました
さらに
蒋介石はあなたにとって英雄かと訊くと
これまた間髪入れず
「イイヱ」
と言って
「ムカシワヱイユーダタカモシレマセン」
と付け加えました
そこで少し意地悪く
それならなぜ中正記念堂を建てて崇め奉っているのかと訊くと
「タテタノワニジュウゴネンモマヱノコトデス」
と言って苦笑してました
「イマワガイコクジンシカキマセン」
とも言ってました
_u_m_u_m_u_
春日大社とおなじです・・・
ほんで
薬味の葱は青葱以外には考えられません
魯山人も同じことを言ってました
Commented by ikasasikuy at 2013-02-26 18:02
ねこどの
こんにちわん
滝野の大橋ラーメンを食べた男が
「めちゃくちゃうまい」
というので
「それなれば滝野町に釣りに行ったときでも立ち寄ろう」
というと
別の男が
滝野町の大橋ラーメンもうまいが
同じ滝野町なら紫川ラーメンのほうが
「もっとうまい」
というので
「それなれば紫川ラーメンを食べに行こう」

あいなったわけであります
店は客入りもよく盛況でした
よくせきうまいのだろうと期待に胸を膨らませたのですが
紫川ラーメン
かいもく口に合いませなんだです
これのどこが・・・というぐらい
なにひとつ良いところがありませんでした
小野の「らんめん」の足元にも及びませんでした
それで
半分ぐらい食べて止めて
その後すぐ大橋ラーメンへ行こうと思って店を出たのですが
脂が回ったかして
食欲が減退したのでやめました
しかし
その後も大橋ラーメンの評判はあちこちで耳にしますし
やっぱり滝野の大橋ラーメンは食べておくべきだったと
今は深く反省しています
ここのところ
西脇も滝野もすっかり釣りに行かなくなりました
あは
あは
Commented by ladon at 2013-02-26 18:51 x
ほんま!!
東播磨平野に
釣りにいかんやうに
なりましてごだます!!
ぬくなりますれば、一度足運ぶのもよいですな
そうです、不遜にも傲慢にも、厚顔にも世界の中心は
俺とこじゃと、中華なんて呼ばす根性が・・・
イケマセヌは!!
ヤポネは中華を使わぬやうにいたしませう
支那料理・支那饅頭・支那のよ~る~♪
(渡辺浜子やったかいな)でいきませう!!
Commented by ikasasikuy at 2013-02-26 19:53
ねこどの
承前
朝鮮はたしかに属国であった歴史がありますが
ニッポンもまた
遣隋使や遣唐使が貢ぎ物を持って支那を朝貢してますから
支那から見ればニッポンは属国とということになるのではないでしょうか
ニッポンは一度も支那の属国になった記録はないと言う人もいますが
それなれば
なにがゆえに
あの時代に朝貢使と言われかねない使節を派遣したのでしょう
あの時代はニッポンより支那があらゆる面で数段優れていたからではないでしょうか
学校で習ったニッポンの歴史の中で
理解できなかった三つないしは七つの疑問のうちの一つです
思うに
自国の歴史を自国で学んではイケマセン
これは世界中の全ての国において間違いなく言えることです
いま
桑原隲藏が書いた
「支那人間に於ける食人肉の風習」
をロハで読んでます
支那人は四つ足のものはテーブル以外は何でも食うというのを思い出しました
地球に再び氷河期が来て飢餓になったとき
ニッポンを含む周辺諸国はみな支那人に食い尽されるのでしょうか


Commented by 猫宮 at 2013-02-26 19:57 x
今晩は

そうでしたか
とんでもない「地雷」踏んでしまいはったんですね。
こればかりは個々人の「感覚」なのでどうにもなりません。
猫も実は「s川」行きましたが好みとしては「o橋」なので
以後「o橋」です。
まあ、ラーメン一本のみで何年も同じ場所で商売やってる家に
大きな外れは無さそうなんですが。
ニャハハ
Commented by ikasasikuy at 2013-02-26 20:00
ゾンさん
春木屋
ええかんじでしょ
この店
東京の「やなか」というとこにあります
あこらは下町の風情がたっぷり残っていて
東京の中でも暮らし易そうなところです
ほんで
ゾンさんほうれん草キライなんちゃう?
好き嫌い多いからなあ・・・
ほんで
ボクがこれだけ
中華そばと言うより支那そばと言う方がうまそうに聞こえる
支那そば!
支那そば!
支那そば
と連呼しているのに

>あーなんか中華ソバがたべたくなってきた。
>かどやの、中華ソバが食べたくなってきた。

・・・て
ゾンさんの
そういう天衣無縫で唯我独尊なところが好きです

Commented by ikasasikuy at 2013-02-26 20:11
小野や社は鯰釣りで毎年通い続けてますが
それより西は行かなくなりました
つまり
加古川を越えなくなった
と言う方がわかり易いですね
仰る通り
温くなれば一度足を運んでみようと思います
ほんで
「中国」というのは
ボクのルーツである広島県尾道市や岡山県津山市のあるエリアの名称です
関西人とか東北人とか九州人という言い方があるように
ボクは中国人の両親から生まれた生粋の中国人です
支那を中国と言うぐらいならまだ中华とか中共の方が許せます
Commented by ikasasikuy at 2013-02-26 20:24
ねこどの
こんばわん

あれは地雷やったんですか
ふみ心地
悪かったです
ほんで
おおせのとおり
味覚というものは千差万別でありますから

 ボクが美味しいと思ってもアナタは美味しくないと言うかもしれないし
 アナタがこんな美味いものはないと言ってもボクにはとても不味く感じられたり

というようなことはよくあることで
それが極あたりまえのことなんでしょう
しかし
北大路魯山人というオッサンはそのへんのことにも触れつつ
それでもなお普遍的な美味しさにも言及していますね
恐ろしい(痛快な)オッサンです
食通と言われた作家の池波正太郎や開高健とは格段にちがう気がします
ほんで
ラーメン屋に限らず
同じ場所で
同じ商売を
何年も長きに渡って続けているということは
いかに客に信用されているかという明石ですね

 え?
 なんです?
 あかしは?
 「明石」やのぉて?
 「証」ちゃうか?


ほんまですね
あはは
あはは

Commented by 猫宮トラオ at 2013-02-26 22:03 x
>あの時代はニッポンより支那があらゆる面で数段優れていた

確かに・・・
漢方医学・醤油醸造法・茶・暦法・農産物の種苗・建築・銅銭
絹糸養蚕・豆腐製造etc 結構ずくめです。

反面、昨今では犯罪者・密輸拳銃・違法薬物・黄沙・
有害スモッグ・病原菌、ウィルス・違法コピー商品・etc

もうちょっとエーもん送って欲しいですね。ニャハ
Commented by ikasasikuy at 2013-02-26 23:45
ねこどの
支那が隋とか唐と呼ばれてた時代は
ニッポンはまだ未開国に毛が生えたぐらいの後進国でしたからね
それが
江戸時代に300年鎖国をしていながらも今日に至るわけですから
よくがんばったと思います
それにひきかえ
支那はなんとしたことか
隋や唐の時代から一歩も前へ進んでません
それどころか数歩から数十歩は後退しています
イギリスもニッポンも煤煙に塗れた闇の時代がありましたけど
支那は今がその時代です
スモッグで100m先が見えない北京や上海などは
ちょっとまえのリバプールやマンチェスターやアマガサキと同じです
多くの支那人はちょっとまえの英国人やニッポン人といっしょで
「発展」だと思っているのでしょう
まあ
ニッポンも過去におんなじことやってきたんやし
えらそなこと言えませんけどね
ああ
大橋ラーメン


<< wandering kobe      時代小説端末 >>