2013年 06月 01日
ラスト餃子
c0120913_16595958.jpg
ウエストブロムウィッチのせいで焦がしすぎたラスト餃子
OLYMPUS E-410 with Zuiko D25mm F2.8




ちょっと前
最後の餃子を作った


小学校5年のとき
横浜から甲子園に引っ越ししてきたナカムラのおばちゃんに
餃子の作り方を教えてもらった
おばちゃんは中華街の近くで生まれて
離乳食が餃子だったと言う
おばちゃんと言っても三十を過ぎたばかりで
ちょっとやんちゃなツッパリネェチャンだったが
小学生だったボクからみれば完璧なおばちゃんだった
横浜時代は餃子だけを食べて生きてきたと言う
それ以外のものは食べなかったのかと訊くと
「アッタリメェジャン」と言う
おばちゃんの餃子は韮と大蒜がたっぷりでとても臭かった
臭かったけどうまかった
ボクが「うまい!」と言うと
おばちゃんは「アッタリメェジャン」と言う
そして
褒めてくれたお礼だと言ってジョニーキャッシュのLPレコードをくれた
ジョニーキャッシュは人相の悪いオッサンで歌がヘタクソだった
アルバムに入っている曲はどれも眠たくなるようなだるい曲だったが
ボクは"I Walk the Line"という曲を繰り返し繰り返し何度も何度も聴いた
「またきなよ」と言うのでまた行くと
餃子の作り方を教えてくれた
おばちゃんのダンナは週に一日だけ帰ってくる長距離トラックの運転手だった
ダンナの帰ってくる日にあそびに行くと
ダンナは「オーマイベイビー!」と言ってボクにキスをする
おっさんにキスされるのはイヤだったがとてもやさしいダンナだった
この家でなんど餃子を食べたか忘れてしまった
いつ行っても韮と大蒜と煙草臭い家だった
おばちゃんがパートで働くようになってからは行くことが減った


次にボクに餃子の作り方を教えてくれたのは
神戸在住の華僑のお婆さんだった
名前はシュウさんだったと思う
どんな字を書くは知らない
シュウさんは子供の頃ニッポンに来たと言う
シュウさんの作る餃子は水餃子だった
醤油ダレで食べた
ボクが「うまい」と言うと
シュウさんは粉の練り方を一から教えてくれた
大雑把なようでかなり繊細な作業だった
皮の作り方だけで数日かかった
具は自分で工夫しろと言った
餃子は皮が大事だと言った


そんなふうに
横浜風だったり
北京風だったり
東海樓風だったりしながら
長いあいだ餃子を作り続けた人生だが
今日を限りに餃子を作るのをやめることにした
理由は準備と仕込みに時間がかかりすぎるからだ
特に皮を作るのが骨だ
たった10分足らずで食べ終わる餃子に
粉を練って捏ねて寝かせて捏ねて
気が遠くなるほどの時間を費やす
皮ができたら具を作る
野菜を刻む
肉を刻む
混ぜる、練る、捏ねる、晒で搾る
具ができたら皮に包む
そして焼く
あるいは茹でる
もしくは蒸す
もう面倒くさくなってしまった
焼き餃子が食べたくなったらちょっと電車に乗ればうまい店はいくらでもあるし
水餃子のうまい店も神戸には何軒かある
そんなわけで
これが家で作る最後の餃子にした
皮は上手くできた
具も申し分なしだ
一個々々ていねいに包んだ
なにしろ最後の餃子だからな
そして
ファーガソン監督の引退試合を観ながら焼いた
マンチェスターユナイテッド vs ウエストブロムウィッチ
カガワシンジのゴールなどで3−0で勝っていたのが
気を抜いたのか3−2に追い上げられた
ファンペルシーのゴールなどで再び3点差の5−2になったと思ったら
スコールズ(こっちも引退試合)が出てきていきなりイエローカード
ウエストブロムのルカクが途中から出てきて
80分を過ぎてからあっという間にハットトリックだ
引退試合に勝って花を添える予定が
なんと5−5のドローで終わってしまった

 おかげで最後の餃子が焦げてしまった

まるでファーガソンやスコールズの心境だ
きれいな焼き色でラスト餃子に花を添えることができなかった
少しく心残りである
でももういい

by ikasasikuy | 2013-06-01 07:11 | 食文化論 | Comments(11)
Commented by iけねすけ at 2013-05-31 08:16 x
ささきさんと横浜
ささきさんと餃子

かくも長いお付き合いなんですね。

自分のための餃子は最後のとのことですが
だれかに伝承はされたのでしょうか。
Commented by ladon at 2013-05-31 09:03 x
ウ~ム
ラスト・エンペラならぬ
ラスト・コーテル イーガ・リャンガ
ですけ
ジョニーキャッシュ
確かに人相悪くて歌下手です
曲も、このアイ・ヲーク・ザ・ラインを始め
単調な歌ばっかりで音域が狭く
生焼けの餃子みたいでね・・・
焼けすぎの方がまだましでっせ
焦げたちkろ~は
胃薬やと思うて
ははは
ははは
こども時分
隣のよしこチャンは
炭齧るのが好きな
変な子ぉでした
Commented by ladon at 2013-05-31 10:11 x
焦げたところ~は
です
エッツ、わかってるわいてですけ
スマソン
それと、アイ・ウオーク・ザ・ラインです
アッツ、これも、ワカテルアリマシタデスカ
スマソン
Commented by ゾン at 2013-05-31 13:00 x
ん~ラストギョウザですか、
ん~なんかなんでよか、残念だ。

確かに作るのに時間と手間がかかるが・・
あ~残念だ。
Commented by ikasasikuy at 2013-05-31 13:22
iけねすけさん
何年かして
ナカムラのおばちゃんは
優しいダンナと別れて横浜に帰りました
生きていたら80歳です
ほんで
横北餃子(横浜と北京の合体)は秘伝です
だれにも伝えることなく消え去るのです


Commented by ikasasikuy at 2013-05-31 13:23
ladon師匠
おはよごだます

エンペラ・・・・
なるほどそういわれてみると
この餃子
ポンプのインペラーのカタチに似てますね
いつもはだいたい
縦一列に6コづつ焼くんです
フライパンやと6×2=12コですが
最後は円く収めようと思い・・・サッカー見てて焦げました
ほんで
ボクがカントリー音楽に興味を持ったきっかけは
本格的にはカーターファミリーなんですが
それ以前に子供の頃にジョニーキャッシュを聴いていたからです
あの最初の「ん〜〜〜〜〜〜〜〜」と言うところが
阿呆臭くも好きでした
高校になって
和田山の蓑吉らとギター初めて
カーターファミリーに出会いました
すると
後でわかったことですが
カーターファミリーの娘のジューンカーターとこのおっさんにへんめの結婚してるんです
世間は狭いという言葉をココで使てヱヱのかはわかりませんが
びっくりしました

ほんで
炭をかじる少女



Commented by ikasasikuy at 2013-05-31 13:33
ゾンさん
もう家で餃子を作るのはやめたんです
せっかく残念がってもろてるのに悪いですけど
やめたもんはもうどないもなりません
餃子が食べたなったら
焼き餃子ならT海樓やT水軒あたりへ行けば
ほぼ完璧なもんが食べられます
水餃子はやっぱりS海餃子かなぁ
小籠包は鼎泰豐と思います
シウマイは大阪では一芳亭でしょう
豚まんは一貫楼でええと思います
おそらく堺近辺にも
「これや!」ちゅう餃子屋やシウマイ屋や豚まん屋が一軒や二軒あると思います
またこんど連れてってね
お礼にカレーうどんのうまい店連れてったげるし


Commented by ladon at 2013-05-31 16:06 x
さうです
炭、齧ってました!!
へて、土壁も舐めってました
おかんの母親いはゆるばあ様の
のたもうことには
癇の虫がキツイからやそうで
一種精神の軽あるい病があったやもです・・・
Commented by ikasasikuy at 2013-05-31 17:25
ladon師匠
おはよごだます

ほんで
炭だけやのぉて壁土!
こぶ弁慶ですね

 http://www.youtube.com/watch?v=HwrPpko-ozM

寿司?

すし?
つち
すーし
つーち
つちてあのつち?
つちにあのもこのもありません
・・・という話です


Commented by じゅんた at 2013-05-31 20:50 x
ikasasikuyさん
こんにちは

桂枝雀さん
CDでしか知りませなんだ
(国営放送のドラマでは見てましたけど落語のDVDは高手間船)

ご紹介いただいたYouTubeで見てみたら
枝雀師匠が
 演台
 はかま姿
という東京とは違った形で演じてたました
噂には聞いてましたけど
その形もいいですね

上方落語の師匠がたも
東京で演るときは
寄席でしつらえがないのでしょう
ひら座布団で演ってはります

それも気楽でいいですけど・・・・
あはは
あはは
Commented by ikasasikuy at 2013-05-31 21:34
じゅんたさん
こんにちわん
桂枝雀落語大全(DVD全40巻)
持ってるんです
 代書
 寝床
 高津の富
 質屋蔵
が好きです
 いたりきたり
 不動坊
 どうらんの幸助
 次の御用日
 茶漬えんま
も好きです
 はてなの茶碗
 宿替え
 つぼ算
 池田の猪買い
も捨てがたい・・・
うふ
うふ
でも最近はYouTubeで全部見られるので
いらんといえばいらんのですけどね
あは
あは
ほんで
演台はない場合の方が圧倒的に多いです
どっちかというとないほうがすっきりして見えるbので好きです
えへ
えへ



<< 週間アクアリウムニウス 6月号      続々・小物釣師の戯言 >>