2013年 06月 15日
ガッチョ
c0120913_8211455.jpg
生ガッチョ
OLYMPUS E-410 with Zuiko D25mm F2.8




ゾンさんから
電話がかかってきた

 「ガッチョ仕入れてんけどいる?」
 「どこのん?」
 「泉南岡田浦」
 「いる」

泉南産ときいて
一も二もなく返事した

 「ちょっと小さいで」
 「かめへん」
 「ほんまに小さいで」
 「かめへん」

ということで
クール便で50匹ほど送ってもらった


さて
天ぷら「ささ木」
急きょ開店である

頭と腹を除いて松葉におろす
薄めの衣でサッと揚げる
残った中骨は片栗粉を振って
きつね色になるまでしっかり揚げて骨煎餅にする


c0120913_8203514.jpg
ガッチョの天ぷら on the Nabeta glass.



この魚
大阪でも大和川より南
つまり泉州方面ではガッチョと呼ぶ
関東で言うメゴチのことだが
関東はちょっとややこしい
関東でメゴチと呼ばれる魚は二種類あるのだ
本種のメゴチ(コチ科)とネズミゴチ(ネズッポ科)
どちらもメゴチと呼ばれるが似て非なるものだ
なんでそんなややこしいことになっているのかは知らないが
天ぷらにしてうまいのはネズッポの方で
これを大阪泉州ではガッチョと呼んで珍重している
ほかにも
ノドグサリ、ヌメリゴチ、ネバリゴチなど
地方々々でいろんな呼び名がある

 スズキ目 ネズッポ亜目 ネズッポ科 ネズッポ属
 標準和名:ネズミゴチ

ところが
ボクは生まれてこのかた
ガッチョともメゴチとも言ったことがない
どう言うかというと

 テンコチ

である
天ぷらにすると美味しいコチなので「天鯒」だと思う
白身の肉質は実にきめ細やかで
天ぷらの食材としてはキスより上である
ギンポと比べてどうかと訊かれると答えに困る

タコ釣りに行く道中
ガッチョの話をしていたら
甲子園のマスターが
「ガッチョてなに?」と訊くので
「テンコチ」と言うと
「テンコチやったら知ってるわ」と言っていた
つまり
泉州をのぞく関西圏ではガッチョではなくテンコチが主流だ
堺出身で和泉在住のゾンさんが
「ガッチョガッチョ」と言うものだから
ついついボクも「ガッチョ」と言ってしまうが・・・

一匹だけ
格段に大きいのが入っていた
とりあえず薄造りにしてみた
ただし
ガッチョは大きいものでも身はわずかだ
アタマが大きくて内蔵がしっかり詰まっていているが
肝心の身は尻尾に向かってどんどん細くなる
したがって
大きなガッチョ一匹でとれる刺身はこれだけだ

c0120913_8215569.jpg

山葵醤油で

 うっ、、、うまい!

酒は神戸酔心館の無濾過純米「福寿」だ
冷蔵庫でしっかり冷やしていってみる
軽やかで華やかな香りが立つ
蕎麦には合わないが
天ぷらや肉料理によく合う酒だ


 ゾンさんまたたのむよ

by ikasasikuy | 2013-06-15 07:19 | 食文化論 | Comments(8)
Commented by ladon at 2013-06-15 09:08 x
おはよごだます
大阪東南部も河内(大和川以北)でも
ガッチョでしたで
前にも話しましたが
ガッチョ=ギッチョではないかと推察しおります
左義長(サギッチョ)といふ行事は
日常と異なる事(悪い事)を払う祭りであります
左利きの事をギッチョと言いますのは
右利きが多数を占めるなか
異なる手使いから、そう表現するのかとも
ギッチョは疎まれ強制的に矯正させられたようで
内の嫁もその内の一人です
非道いと精神的錯乱を起こす事もあるやに・・・
内の嫁・・・
無きにしもあらずで・・・
ははは・・・
エスキモーの言葉で
美味しいは「ママット」と言いますが
不味いは「ママギッチョ」と言うらしいです
飯(まま)がギッチョなんですかね
遠い祖先を一にする民族ですのでかなと
まあ、言語学者でも無し
勝ってに想像、面白いなと思ってるだけです
ベッタン(メンコ)の札の絵に人間が
描かれてないものをガッチョ札て言うてました
鱚釣りの外道で釣れてくる異な魚(しかも多い)
で、ガッチョと呼ぶ様になったですかね
鱚よりガッチョの方が
天麩羅美味いです

Commented by ladon at 2013-06-15 09:10 x
この話、前にも聞いた・・・
でしたら、ごめんなはれませ
へへへの屁
Commented by ikasasikuy at 2013-06-15 10:40
ladon師匠
おはよごだます

たしかに
ガッチョギッチョ説
前にもうかがいましたが
そんなに詳細には聞いておりませんでした

ところてん
大阪南東部および河内で「ガッチョ」と呼ぶのは
ごくあたりまえのことです
なんでなら
それらの地域は海に面しておりませんので魚が獲れません
ほなけん
海に面した最寄りの漁師町から運ばれてきた魚を買うので
売り手(泉州の漁師)がガッチョゆうて売れば
買い手(大阪南東部および河内の消費者)もガッチョとして買います
ほなけん
内陸部での海水魚の呼び名は
流通経路の最短距離にある漁師町で言い習わされてる名前で呼ぶことがほとんどです

そらそーと
大阪湾の西部沿岸(兵庫県側)はテンコチ(テンゴチ)ですが
ガッチョとテンコチの分布岐点がどこなのか・・・
安治川ではないかとにらんでいます
安治川は昔は大阪の漁業の中心地でしたが
いまはもう安治川に漁師がいてません
それどころか
兵庫県の塩屋漁港から堺の出島漁港までの間に漁港が無くなってしもたので
「大阪湾ガッチョテンコチ分布考」は暗礁に乗り上げております
Commented by ゾン at 2013-06-15 11:22 x
なかなか興味深いお話しやとよんでおりました、ラドン師匠。



ボキには物事の由来等を深く調べる考えることはとても苦手でできませんが、
ガッチョの天麩羅は美味しいっとかりました。
Commented by ikasasikuy at 2013-06-15 11:49
ゾンさん
おはよごだます
>ガッチョの天麩羅は美味しいっとかりました

ガッチョの天麩羅は美味しいということがわかりました
ということですか
ボキもゾンさんのニッポン語
だいぶ翻訳できるようになりました

ほんで
来週も火曜日に仕入れるんですか?
目方は同じぐらいでいいですが
サイズはもう一回り大きいのでお願いします

Commented by ゾン at 2013-06-15 12:15 x
なかなか大きいサイズは出ていないみたいですがあれば、連絡します。
Commented by ikasasikuy at 2013-06-15 12:54
ゾンさん
たのむよ〜〜〜
Commented by iけねすけ at 2013-06-15 16:52 x
ガッチョっちゅーか
メゴチっちゅーか
ネズミゴチっちゅーか

釣ってないなあ

キスも


<< 秋田で駅弁を買って食べること      あぁ栄冠はキミに輝くかもしれない >>