2013年 06月 16日
秋田で駅弁を買って食べること
c0120913_994971.jpg
秋田味づくし
Panasonic DMC-TZ30





ニッポン人は駅弁が大好きだ
百貨店で全国の駅弁フェアを開催したり
テレビの旅番組で沿線各駅の駅弁を特集したりと
バカじゃないかと思うぐらいニッポン人は駅弁が大好きだ

駅弁とセットで買うお茶の汽車土瓶がポリ容器になったとき
せっかくの駅弁が台無しだと大騒ぎしていた
人気ランキング上位の駅弁は
前もって予約をしておかないと食べられない
なぜ
そこまでしてニッポン人は駅弁なのか・・・

たしかにむかしは
汽車の旅といえば駅弁ぐらいしかなかった
でもいまは
わざわざ駅弁を買わなくても
駅構内にコンビニもあれば立ち食いそばもある
大きな駅には喫茶店やレストランもある
美味しいものはいくらでもあるのだ
それでも
ニッポン人は駅弁が大好きだ
もしかしたら駅弁には
ニッポン人の心の奥底に潜む
旧き佳き時代の郷愁を誘うナニかがあるのかもしれない


秋田駅でも改札の中と外に
それぞれ駅弁の売店があった
二十種類ぐらいの駅弁が並んでいる
これ
ぜんぶ秋田駅の駅弁なのか
これだけあると迷うなぁ・・・

ひとつの駅弁に目が留まった

 秋田味づくし 1000ヱン

秋田の美味しいものだけをあつめて詰めた駅弁らしい
どうみても美味しそうには見えないけれど・・・
よし、これにしよう
三十年ぶりに駅弁を買った

選んだ理由は
ど真ん中のコンパートメントにある

 小ブナの甘露煮

である
これから八郎潟でフナを釣るのだ
こんな小さなフナが釣れたらいいなぁ
いわば
縁起ものだ



c0120913_1559545.jpg

  小さな小さな小ブナの甘露煮・・・


八郎潟の岸辺で弁当を広げた
お茶は汽車土瓶ではなくペットボトルの伊右衛門だ

右上の飴のようなネッチョリしたのはなんだろう
やたら歯にくっつく・・・不味い!
比内地鶏のタレ焼きは硬くて不味かった
とんかつは衣がズレて見た目が悪いので食べなかった
そもそも秋田は豚の産地なのか
玉子焼きは色が悪いので食べなかった
比内地鶏の卵である可能性は低いと看た
ワカサギ(らしき)天ぷらは衣が油でべとべとだった
野菜の炊き合わせは味が薄すぎて不味かった
特にサトイモはサトイモの味がしない不思議なサトイモだった
牛蒡の味噌漬けは塩っ辛くてダメだった
チョロギの酢漬けは酸っぱくてダメだった
ごはんは硬くて冷たくてダメだった

肝心の小ブナの甘露煮はどうだったか・・・

 聞くだけ野暮というものである

そもそも
駅弁が美味しかったとか不味かったとか
そんなことは芸者のときに言うことなのだ

by ikasasikuy | 2013-06-16 07:55 | 食文化論 | Comments(18)
Commented by 猫宮トラオ at 2013-06-16 08:43 x
おはよございます、

駅弁ですね・・・
御指摘の通り「郷愁を誘う」んですよ。きっと。
「懐かしい故郷」「遠くへ行きたい」「旅行は愉しい」のイメージを惹起させるシンボルとして。
「高い・不味い・遅い」と三拍子揃った食堂車なんて昔は、庶民に
縁遠い存在だったので駅弁こそが長時間(=遠距離)汽車旅の
象徴なんだと思います。

だからコンビニ弁当が裕に3ヶは買える値段で売られる、これら駅弁、
を買う人の大半は「ご馳走」としてでなく、しょもない惣菜の
1個1個から色々な事どもを回想するキッカケを与えてくれる
「ツール」としての価値を評価するのでは内科医と。
猫宮も写真に出ている小鮒の甘露煮を見たとたん、
木の床、同じく木の壁面、SLの煙の匂いの染み込んだ座席、
ボンヤリと車内を照らす白熱電灯のボロ客車を連想しましたよ。
Commented by ikasasikuy at 2013-06-16 09:13
ねこどの
おはよごだいます

そうですね
>回想するキッカケ
いや
まさに
仰せのとおりです

駅弁
ほんとうに不味いんですよ
料理に心がこもってないです
Kスタ宮城で野球観ながら食べた
楽天ゴールデンイーグルスののまー君ステーキ弁当の方が
値段100ヱンしか違わないのに何十倍もうまかったです
ほんとうにうまい駅弁は
富山の「ますのすし小箱」ぐらいです
あ、森の「いかめし」も出来立てはうまいですね
冷めるとダメです
冷めてもうまいのはなかなかないです
それでも
横浜崎陽軒の「シウマイ弁当」は不味くても好きです
全国的に有名な「峠の釜飯は食べたこと有馬温泉です
群馬県に用事がないからだと思います

Commented by じゅんた at 2013-06-16 09:17 x
ikasasikuy さん
おはようごだます

あはは
>そもそも
>駅弁が美味しかったとか不味かったとか
>そんなことは芸者のときに言うことなのだ
ですかー

うまいまずいは別にして
わたし駅弁好物です

父方は秋田の出身なのですが
秋田のうまいものというのは
いままで聞いたことが有馬温泉

なので
 この駅弁
 まずかったのは
 場所が秋田だったうえに
 「秋田味づくし」というコンセプトだったから
 ではないかなー

秋田の駅弁を切り離して
駅弁一般は擁護しておきたいと思っているのでござる

わはは
わはは
Commented by ikasasikuy at 2013-06-16 09:34
じゅんたさん
おはよごだます

駅弁は日本人の心のふるさとです
いかに不味くとも
いかに高くとも
未来永劫
ニッポン人に愛され続けるでしょう

秋田の駅弁ですが
秋田名物といえば「しょっつる鍋」と「きりたんぽ」です
しかしどっちも駅弁にはしにくい食べものです
他に稲庭うどんもありますが
うどんもやっぱり弁当にはしにくいですね
ナマハゲは食えませんし
いや
秋田はむずかしいです
日本一の駅弁不毛県です
もう
こうなったうえからは
ふたをあけると
梅干しとごはんだけ
という弁当はどうでしょう
ザ・ヒ・ノ・マ・ル・ベ・ン・ト・ウ
これこそジャッパニーズランチボックスです
もちろんお米は「あきたこまち」です
ごま塩を添えておきましょう

ところで
じゅんたさんの
ナンバーワン駅弁はなんですか
ちなみにそれがし
「富山のますのすし小箱」と
「横浜崎陽軒のシウマイ弁当」のはざまで
なやみになやんでおります

えへ
えへ
Commented by じゅんた at 2013-06-16 09:54 x
ikasasikuyさん
またまた
おはようごだます

わたしのばあい
「富山のますずし」が一番かなー

むかしむかしのおおむかし
大学の寮(6人部屋)にいたときに
富山出身の一年先輩の桐上さんが
帰省してまた上京するときに
いつもお土産に買ってきてくれました

そのころからずっと
味変わってないよーです

うふ
うふ
Commented by ladon at 2013-06-16 10:13 x
おはよごだます
思い返せば
昔から、あんまり鉄の道辿って
長い草鞋を穿いたことおまへん
よって、駅で弁当を買って食す事
ありませなんだ
日帰りでも、道中昼飯にかかる時は
おかんが、弁当持たせてくれてましたし
今はしょうことなしに駅弁を喰らう事もありますが
ハッキリ言って、腹がくちればそんでよろしで
ありまして・・・
味も見た目もアッチャムイテホイです

富山の鱒ずし、
どこの店のんも、酢飯の塩梅が
私の口に合わないのか?
それと、鱒(鮭)の切り身が薄過ぎて
飯とのバランスが悪く
私目にはハズレになってます
例外はあるでせうが
名物に美味いもん無しの
比喩は何にでもあてはまるんでせう・・・ね
Commented by ikasasikuy at 2013-06-16 10:17
じゅんたさん
再びおはよごだます

やっぱりじゅんたさんも富山ですか
じゃあ
ボクも横浜は第2位にして
富山がナンバーワンにします(優柔不断だという指摘もある)
ほんで
桐上さん(きりうえさん?)が買ってきてくださったのは
円くてうすい桶に入ったますずしでしょ
ピザみたいに六分割したりして食べるんですね
あれはお弁当には量が多すぎます

源というところの「ますのすし小箱」は
小さな細長い箱で
長方形に切られた小さな鱒寿司が六つで一人前
八つぐらい食べられそうですが六つです
ほんで
お値段750ヱンとお手ごろです
この店
「ぶりのすし」というのもあって同じお値段です
これはまだ食べたことないです
ためしに食べようと思うのですが
ますずしを犠牲にして
もし美味しくなかったら一生の不覚・・・
なかなか試食に至りません
ところが
源のホームページを見ると
なんと
ますのすしとぶりのすしのハーフ&ハーフが出てました
お値段同じ750ヱンです
こんどはそれをいってみようと画策中

来週富山県に行くのですが
目的地が五箇山なので
たぶん買えないと思います
残念です
おほ
おほ

Commented by ikasasikuy at 2013-06-16 10:28
ladon師匠
おはよごだます
およよ
師匠はアンチますのすし派ですか
たしかに
あかん店のますのすしはかいもくあきません
しかし
どこの店のもあかんということになりますと
やっぱりあかんのでしょうね
味覚は千差万別ですから
それはそれでしかたないのであります
そういう言い方で言いますと
ボクはカブラ寿司があきません
ふな鮨は好きなんですけどね
ほんで
鱒(鮭)の切り身の薄さですが
にぎり寿司なら兎も角
分厚いと食いにくいですよあれ
たしかにボクもはじめは薄いなぁと思いましたが
いまはあれはあれでなかなかジャストな薄さだと思います
ほんで
名物に美味いもん無し
富山のますのすしに限ってはあてはまらないような気がいたします

Commented by ゾン at 2013-06-16 11:14 x
イカさん。
おはようございます。

仕事がら三ヶ月に一回くらい催事で
駅弁空弁大会をします。

売れ筋は
マス寿司、イカ飯、北海道の海鮮タイプのお弁当。
あとブランド牛のお弁当が手堅くうれます。

ボキは貧乏なので高い駅弁は買えないですが
高校の夏の合宿で白馬?かあちら方面にいったとき
ツレと車内できれいな山並みを見ながら食べた釜飯はおいしかったです。
Commented by ladon at 2013-06-16 11:27 x
まさに、そうであります
感覚は個の有するものですからね
鱒ずし、食べやん事(和歌山弁)ないんですがね
私目は、真逆で、カブラ寿司はOKですが
出来れば、中のブリ(んな、ええもん)でのうて
鯖の肉厚がもうちょっと欲しいとこです
鱒ずしも、もう少し身の厚みがあって
鱒(鮭)の脂の乗りがもう少しあると
噛み応へがマッチしますし
あのすし飯の酢加減と合う様に思えますです
保存食の押し寿司やから仕方ないのでしょうが
飯が固まり過ぎのあたりも・・・チョト考えて・・・
ほしい処であります
Commented by 鉄の道愛好者 at 2013-06-16 12:27 x
すんません、一つ参戦させてください。
駅弁、冷えてても美味いというのがポイントになるんですが、
小生知ってるところでは、何といっても松山駅の醤油飯でした。
おかずは少ないけど、炊き込みご飯の味が良かったです。

あっ、富山のますのすしより、ぶりのかぶらずしのほうが好みです。
長いこと食べてませんが。

失礼しました。
Commented by じゅんた at 2013-06-16 12:29 x
ikasasikuyさん
また
また
こんにちわん

桐上(きりがみ)さんが買ってきてくれたのは
おっしゃるとおり
>円くてうすい桶に入ったますずし
でした
>ピザみたいに六分割したりして食べるんですね
そうそう
6人部屋だったので
ひとつを6人で分けて食べたんです
確かに全部を一人で食べるのは多いですよね


「鱒ずし」そのものの味はなにかもしれませんが
私の場合
そのころの想い出が一味入っています

あは
あは
Commented by ikasasikuy at 2013-06-16 12:39
ゾンさん
おはよごだます

おぉ!
さいじ!
こないだタコ釣りの時にゆうてた「催事」のことですね
業務用語とはいえ
むずかしいニッポン語もときどき使えるようになりましたね
これで母国に残してきたご両親もひと安心です
ほんで
やっぱります寿司は売れるでしょ
ボクは奈良の柿の葉寿司もすきですけど
やっぱりサクラマスのすしは格別です
(崎陽軒のシウマイ弁当も捨てがたいけど)
ほんで
いかめしは
森へ釣りに行ったとき
朝早く工場へ行って食べたらベツモンでした
ほんで
貧乏な高校生が白馬で釜飯?
そんなええもん食べたんですか?
うむむ
なかなかやるなぁ・・・
いま
JTBなどの旅行社が企画する白馬方面のツアーには
道中に釜飯が付いてのが当たり前になってきてるそうです
釜飯を付けると付けないとでは
ツアーの売り上げがだいぶちごてくるそうです
6/26の朝はヒマですか?

Commented by ikasasikuy at 2013-06-16 12:49
ladon師匠
たしかにますのすし
本来保存食ですから少々強めの酢が効いてます
それがまたなんとも言えません
ほんで
ええ職人がにぎったにぎり寿司は
こめつぶとこめつぶのあいだに適度に空気が入ってるからうまいといいますが
仰せの通り押し寿司ですから
できるだけ空気を排除せねばなりません
ぎゅぎゅぎゅっと押し詰まったすし飯の食感がまたなんとも言えぬ・・・のであります
ほんで
サクラマス(鮭)は白身魚の中では脂が多いので
刺身にして食べるにはいいですが
厚切りにすると押し寿司には合わんと思うのです
まあ
味覚は千差万別ですから
ここでなんぼ力を入れてもいたしかたないことでございますが
んで
じつはここだけの話
それがしだいこんやかぶらのにおいがあきません
味はよいのですが
口にはこぶ前のあのにおいが
どうにもかないまへん
納豆の方がマシ
です
よって
鰤でも鯖でも鮭でも
かぶらずしはもう死ぬまで口にしないと思います


Commented by ikasasikuy at 2013-06-16 12:56
鉄の道愛好者さん
こんにちわ
>冷えてても美味いというのがポイント
そうなんです
まさにそのことが
お「弁当」のお弁当たるところなんです
それなのに
冷めると不味い料理を何種類も詰め込んで
見た目ばっかり豪華でも
なんの値打ちもないと思います
食べるものの気持ちがわかっていないのでしょう
ほんで
>松山駅の醤油飯
うむむ
ちょっと前に行ったところです
また来年もメバルの季節に松山へ行こうと思っています
その折には是非にも松山駅の「醤油飯」
いただこうと思います
ほんで
鉄の道愛好者さんもかぶら寿司派ですか
うむむ
千差万別・・・

Commented by ikasasikuy at 2013-06-16 13:09
じゅんたさん
また
また
こんにちわん

ボクが使っている
「かわせみ for Mac」
では
きりがみと入力すると「切紙」または「桐紙」と変換します
きりうえにすると「桐上」でした
うむむ
きりがみさんでしたか
それは大変失礼をいたしました
ほんで
六人で食べた鱒寿司そのものの味は「ナニ」でしたか・・・
うむむむ

そのころの想い出がひとあじ加わると・・・
うむむむむ
たしかにそういうことはありますですね
横浜崎陽軒のシウマイ弁当
じつは
子供の頃に生まれて初めて食べたシウマイが
崎陽軒の弁当に入ってるシウマイでした
関東から来たひとの手土産でした
冷めて冷たくなったシウマイが
子供のボクには大変美味しいものだった・・・
という
悲しくも美しい想い出があるのです
その後
あちこち食べ歩くようになって
崎陽軒のシウマイのマイランキングは
もはや地に着かんばかりに下落していますが
それでもなお
崎陽軒のシウマイは
ボクの中でナンバーワンであり続けているのです
したがって
焼売でもシュウマイでもなく
シウマイなのであります
えへ
えへ

Commented by ゾン at 2013-06-16 14:26 x
あ~すいません。
6/26は修行です。
Commented by ikasasikuy at 2013-06-16 14:58
ゾンさん
了解
ざんねんです


<< いなにわうどん      ガッチョ >>