2013年 12月 19日
もみじ
c0120913_20344413.jpg
大徳寺境内
LUMIX DMC-TZ30




紅葉が野山を錦に染める頃
古都は最も美しい時期を迎える
日本中から
世界中から
京の雅を一目見ようと
夥しい観光客が押しかける
そして年の瀬
紅葉が枯れ落ちると
漸く京都は静けさを取り戻す
毎年々々
同じ繰り返しである
一年で一番心落ち着くときだ

枯れて
落ちて
踏まれた紅葉
ほんの半月ばかりまえは
さぞ美しかったことだろうなぁ・・・

年に二度
古都を彩る桜花と紅葉
もう随分その盛を見ていない

by ikasasikuy | 2013-12-19 07:44 | 植物学 | Comments(8)
Commented by ladon at 2013-12-19 09:51 x
おはよごだます
盛りの紅葉も綺麗ですが
落葉して枯れた葉色もなかなかにと
思いおります
毎夕の犬の散歩は
枯葉の敷き詰められた山道を、略毎日
ガサゴソと踏み分け歩きおります
チョット心地良い雰囲気です
キナコを解いてやりますと
枯葉を蹴散らして大喜びで燥ぎ廻ります

紅葉は、葉に糖分をため込む事によって起こります
糖分をため込んだ葉は枯葉となって
落葉します
落葉はその貯めこんだ糖分で
バクテリアを引き付け、バクテリアによって
分解され(腐葉土)となって、木自身の
栄養とする循環で
落葉樹の命を繋ぐ戦略なのであります
と、人からの受け売りで御座います
Commented by ikasasikuy at 2013-12-19 10:16
ladon師匠
おはよごだます

なるほど
なるほど
どおりで去年
箕面の滝へ紅葉見にいったとき
沿道の屋台で買ぉたもみじのてんぷら
ごっつ甘かったです
え?
なんです?
それは揚げ衣に砂糖ぎょうさん混ぜたあるから?
それもそうですね
あは
あは
しかし
寺の坊主が銀杏の落ち葉を竹箒でかき集めて焼いてます
落ちたままにしといたほうが
黄色いじゅうたん敷き詰めたみたいできれいし
バクテリアがなにkして腐った土になって木ぃの栄養になるのに・・・
ほんまクソ坊主
なんにもわかってません
せやけど
落ち葉焚きの中にサツマイモ入れて焼いたら
美味いですね
どっちの味方や?
あは
あは
しかし
犬を飼うということは
いっしょに散歩に行かんなんので
足腰の鍛練になりあmすね
その点猫はあきまへん
炬燵で丸ぅなってるだけで
かいもく役に立たんし体怠る一方です
あは
あは


Commented by ladon at 2013-12-19 13:13 x
そうです
とんとで焼いた焼芋は
他の手段で焼いたものより
格段に甘くなり美味しいですは
そういや、[とんと]てあんまり言わんようになりました
>体鈍る一方
て、言うたはりますけど
チンデン・忘年会(夢、縮めたり端折って読んではいけません)
の時、ジェニヤへ行く時の貴方は
結構足がはやかたでありますので
心配はないでせう
あはは
あはは
Commented by ikasasikuy at 2013-12-19 14:00
ladon師匠
おはよごだます

さふですね
とんとという言い方
とんとせんやふになりました
だいたい
とんとそのものができんやふになってます
むかしは
冬の朝は
ガッコ行く道中のあちこちでとんとやってて
ちょっとあたっては次のとんと
またちょっとあたってはつぎのとんとと
なかなかガッコにたどりつませんでしたです
子供の頃からあまいもんがもひとつやったのか
甘い焼き芋より
焦げた皮が好きでした
あは
あは
Commented by ladon at 2013-12-19 17:14 x
>とんとせんやふに・・・
期待通りのフレーズで!!
ごだました
アハハ
そうです、皮剥かずに丸ごとたべてましたです
もみじが焼芋に・・・
アハハ
Commented by ikasasikuy at 2013-12-19 18:59
ladon師匠
おはよごだます

けふはぬくおしたけど
明日からまた大荒れやゆうてゆうてます
はよ
夏にならへんかなxさ・・・と
そればかりをねがっておるやふなけふこのごろでごだます

Commented by ドクた、 at 2013-12-19 23:28 x
あれ? 来てたんかいな
ザンネンながら 僕ぁずぅ~っと仕事ゃ
せやけど明日の夕方はハヤシのホルモン食べに行こかな
(思てんねん)

せやけど12月っちゅーても観光客けっこう多いやろ?
あの国の国民にはシーズンオフっちゅうのが無い(みたい)。
Commented by ikasasikuy at 2013-12-20 08:15
ドクた、

>あれ? 来てたんかいな

もう帰ってきたわ
ほんで
あの国てどの国?
こんどからちゃんと書いてや〜



<< あらしやま      Wandering Kyoto... >>