2014年 01月 16日
とーくぁばうとぉいすたー
c0120913_10534036.jpg
small oyster sakoshi
LUMIX DMC-TZ30




柿も好きだが
牡蛎はもっと好きだ
秋が深まって柿が姿を消すと
そのかわりにというように牡蛎が現れる
寒くて暗くて寂しい冬を
牡蛎が温めてくれる
春になって牡蛎が終わっても
少し待てば今度はイワガキが登場する
季節はうまいものを絶やさないようにうまく回っているのだなぁ・・・

もう二十年以上
ボクは冬の坂越の牡蛎を食べ続けている
出資している生協が坂越の牡蛎業者と契約しているのだ
坂越の牡蛎は瀬戸内でも粒が大きくて旨味が濃い
ところがここ数年
急激に粒が小さくなった
それよりなにより味が薄くなった
いったい坂越の海にナニがあったのだろう

去年の暮れ
そろそろ季節かなと
いつもの天ぷら屋をのぞくと
殻付きのいいのが入ったという
それはありがたい
どこの牡蛎かときくと
岡山の坂越というところの牡蛎だという
坂越は兵庫なんだがなぁ・・・
案の定小さかった

十一月に大分の杵築で食べたカキフライ
マズくはないがウマくもなかった
揚げたてのアツアツだけが取り柄で
東北の牡蛎とは比べものにならなかった
九州の人は気の毒だなぁ
それにしても
東北の牡蛎はなんであんなにウマイのだろう
牡蛎を育てる海水がちがうのだろうな
東北の海にはウマイ牡蛎を育てるナニかがあるにちがいない
そのナニかがナニなのかはわからない

広島の牡蛎は有名だが
岡山も牡蛎漁は盛んだ
オリーブオイルと刻み大蒜と自家製パンチェッタを携えて
日生までクルマで三時間かけて行った
焼き牡蛎2時間食べ放題だ
牡蛎は自分で好きなように焼くシステムだ
食べて食べて食べまくるぞと
勇んで挑んだが
開始30分で退場した
七つ八つしか食べられなかった
牡蛎がとんでもなく残念な牡蛎だったのだ
それでも大食いのひとは一人50〜60個食べるらしい
いっしょに行ったひとはそれぐらい食べていた
トテモシンジラレナイ


c0120913_1050033.jpg
三日連続牡蛎鍋 〆は牡蛎雑炊


尾道へ行ったとき
いかにもそれらしい店名の牡蛎料理屋で牡蛎を食べた
とりあえず生で五つ六ついってから
焼き牡蛎、蒸し牡蛎、牡蛎の天ぷら、カキフライ
ほかにイタリア風やフランス風も試してみた
牡蛎はトマトソースやチーズやオリーブオイルも合うのだ
どれもウマかった
いい料理人がいると思う
しかし
どれも
牡鹿半島の狐崎や
牡鹿半島の向こうの雄勝浜や
石巻の波止の付け根で食べた牡蛎とは比較にならなかった
まあ
比べても詮ないことだ

店を出ようとすると
食べっぷりが良かったのか
よっぽどの牡蛎好きに見えたのか
店のオーナーがボクの席にやってきて
少し時間をいただきたいという
なにかときくと
スーツにネクタイの青年が傍らに立っていて
牡蛎の話がしたいという
どういう話かときくと
青年は
この店の牡蛎はすべて尾道の牡蛎だという
しかも自分が生産した牡蛎だという
なるほど
そうか
それでそれがどうだというのだ
熱弁の割になかなか話が見えてこない
用件を掻摘んで言ってくれというと
要するに養殖牡蛎棚のオーナーにならないかというのだ
個人出資者を募っているらしい
なんだそんなことか
それで
儲かるのかときくと
損はしないという
答えになっていない
たぶん儲からないのだろう
儲かるといいたいのはやまやまだが
良心が邪魔をして「儲かる」とはいえないのだろう
考えてみれば
この手の話は世の中にいくらでもある
松茸山の権利だとか
椎茸の原木のオーナーだとか
ワイン用の葡萄の木のオーナーだとか
競走馬の百分の一口馬主だとか
儲かりそうな(気にさせる)話はゴロゴロある
青年はみなさんに夢を売っているという
しかしどうみても夢の押し売りだ
それに
スーツにネクタイ姿の漁師ほど胡散臭いものはない
丁重にお断りした


c0120913_10591067.jpg
できたらすぐ食べる


私見だが
牡蛎が鍋の中にいるべき時間は
煮立った鍋で1分30秒
それ以上でも以下でもイケナイと思う
(牡蛎の粒の大きさにもよるが)
牡蛎雑炊のときも同じで
牡蛎投入後は1分30秒で火を止める
すぐに器に装って
すぐにふうふういいながら食べる
牡蛎はヒトを待たせても
ヒトは牡蛎を待たせてはイケナイ
これはあくまでも私見であることを重ねて申し上げる


by ikasasikuy | 2014-01-16 07:14 | 食文化論 | Comments(12)
Commented by 猫宮とらお at 2014-01-16 08:44 x
おはよござます、

しかし「夢を売っている」・・・またまた巧い言い回しですね。
この青年。
最後には開き直って言うのでしょうか。
「あ~確かに『夢を売ってる』とは言いましたよ。あくまで『夢』をね・・・」

「儲かる」と言う話を見ず知らずの他人に誘いかける時点で
アレな話やということですね。
Commented by ikasasikuy at 2014-01-16 09:37

ねこどの
おはよごだます

近頃は
広島でも岡山でも
牡蛎棚オーナー制度
大流行です
棚は百萬単位ですが
ワイヤー一本一萬円からオーナーになれるようですよ
なんだかもう
ヤケクソになってるのではないかと思います
それにしても
食べ放題の牡蛎の質の悪さ
酷いです
たしかに安いですけど
あれは返ってマイナスイメージになりかねません
なにしろ鮮度も大きさも「佃煮用」ちゃうのという牡蛎です
(牡蛎の佃煮はあれはあれでうまいですけど)
熱いご飯に乗せて
熱いお茶かけて
ガサガサガサと食べたらたまりませぶんです
ほんで
この真面目そうに見える青年
「夢を売る」とは言いましたが
最後まで「儲かる」とはひと言も言いませんでした
なかなかの強者でしたよ
あはは
あはは

Commented by ladon at 2014-01-16 10:29 x
おはよごだます
商売ちゅうもんは
夢なんてな綺麗事で・・・
済ませられる世界やおまへんがな!!
「夢を売る商売て」
よく芸能人が言うことばですがね
あんな、浮いた浮いたの実の無い世界やから
言えるんで、すやろね
まあ、詐欺師/詐話師の世界の常套句でも
ありますがね
(夢を売る)
「端から損してもしゃあないど」、て言うてる様なもんですな

へて、柿はもう一つアキマヘンが
牡蠣はハオであります
Commented by ikasasikuy at 2014-01-16 10:46

ladon師匠
おはよごだます

まあ
食べた後に商売の話されたら
せっかく美味しい思たのに
なんか後味悪いです
「不要」
というと
すぐに引き下がったところが良かったですけどね

さふさふ
不要は支那語で「プヤォ」です
上海へ行くとき
神戸の支那人におせてもろたんですけど
支那人の客引きは世界一しつこいから
眉間に縦じわ寄せて
「プヤォプヤォプヤォプヤォプヤォ」
と早口で数回まくし立てんとあきません
それで
そいつは退散するんですが
すぐまた別の客引きがたかってきます
ウンコにたかるハエみたいです
ほな
ボクはウンコですか
あは
あは

ほんで
柿はボクの好きな果物の上位にランキングされてます
巨砲、西瓜、八朔、富有柿、白桃、桜桃、温州蜜柑、芭蕉の順です
果物でイマイチなのは
ドリアン、林檎、マスカット、メロン、苺、キウイです
え?
なんです?
キウイは鳥ちゃうのんか?

ほんまですね
あは
あは
あは

Commented by ladon at 2014-01-16 12:01 x
なんでも喰いますが
柿と無花果ちゅうてもカンチョウて、ボケんでも・・・
がイマイチです
キウイはマタタビの仲間で
木天蓼を横切りにしますと
キウイと同じ断面です
七色ダム(土場)でボート降ろしてる時
オババがマタタビを見つけて食べたことあります
ラムタラにキウイ与えたら、ゴロニャンとなると
思われますが・・・如何なもんでしょうね?
Commented by ikasasikuy at 2014-01-16 12:13

ladon師匠
無花果アキマセンのん?
あれ干したやつもうまいですけどね
ウイスキーの肴です
マタタビて木天蓼て書くんですね
ボクはまだ木天蓼を食べたこと有馬温泉
股旅もんの時代劇はよくみますけど
焼津の半次とか・・
ほんで
ラムタラはキウイフルーツ食いませんでした
むかしマタタビの粉末が売ったあったので
買ぉてきてラムタラに舐めさせたら
ゴロニャンになってました
あは
あは

Commented by ゾン at 2014-01-16 15:59 x
カッキフライ大好き。
Commented by ikasasikuy at 2014-01-16 16:48

ゾンさん

ダイワ・バスジャカー
のときは小さい「ッ」がいりますが
カッキフライのときは
小さい「ッ」はいりません

ほんで
カッキフライは揚げたてに限ります
スーパーの惣菜売り場に売ってる朝揚げて時間経ったやつを買ぉて帰って電子レンジでチンしてもいっこも美味しくアリマセン
衣はぐにゃぐにゃになってるし
牡蛎は2へんも加熱されてかとうえげつのぉなってるし
さっぱりけつかいであります
ゾンさんとこの店
カッキフライ売ってるでしょ
あれあきません

今日は
修行やすみですか

Commented by ゾン at 2014-01-16 17:28 x
みせではもちろんカッキフライ売ってます。
イカさんがおっしゃる様に
揚げモンは揚げたて一番です。

今日は修行です。
はやく帰って昨日釣った
がしら・めばる・たけのこめばる。の、
煮付けの食べ比べをしたいです。
今晩は正月に義理父からもらった
田苑ゴールドを水割りで飲みます。

あ~修行なんかしてるばやいやないわ~
はよ時間ならんかな~
Commented by ikasasikuy at 2014-01-16 18:32
ゾンさん

>昨日釣った
>がしら・めばる・たけのこめばる
て?

ほんまや〜
@Chokaに魚の写真貼ったあるわ〜
知らんかったな〜
たつみさんの小銭入れも貼ったあったわ〜
ほんで
4種釣れたと書いたあるけど
「張りの腰」の2匹はどっちもタケノコメバルちゃうん?
下の方
ええサイズやけど
まちがいなく
ガシラ>メバル>タケノコメバルの順番に美味しいです

ほんで
大阪湾五大根魚て
このみつうのほかはなにですか
もしかして
アコウとガッチョ?
Commented by ゾン at 2014-01-16 18:48 x
あ!やっぱりちこいのも
たけのこめばるですか~
残念。
ちこいの、ソイとおもたわ~

大阪湾五大根魚は
「がしら、めばる、あこう、黒ソイ、たけのこめばる」
次点がむらそいです。
Commented by ikasasikuy at 2014-01-16 18:55
ゾンさん
そういえば
ちいこいのはムラソイかも知れへんなぁ
タケノコメバルはもっと顔長ぉて口がとんがってるけど
このちいこいほうは丸顔で口とんがってへんなぁ
それに
顔がごつごつした感じやし
よしっ
これはムラソイにしとこ
そのほうがおさまりええわ


<< 夜明け      釣りをせんとや・・・八 >>