2014年 04月 06日
鍋焼きうどん アサヒ
c0120913_14363156.jpg
松山銀天街裏「アサヒ」
LUMIX DMC-TZ30




あさひといえば
大阪日本橋黒門市場裏のカレーうどんのあさひだが
伊予松山にもうどんのアサヒがある
こっちはカレーうどんではなく

 鍋焼きうどん

である
去年も気になっていたが
今年はなにがなんでも食べるぞ・・・と

場所は銀天街の裏の路地
白地にやや色褪せた赤でアサヒと書かれた暖簾
いかにも歴史を感じさせる簡素さ

昼12時半過ぎ
若いサラリーマンが四人(内一人OL)
いつものようにという感じで暖簾を潜り入っていった
遅れてボクも中に入ると超満員だ

ちょうど一人食べ終わって席が空いた
店のお姐さんが
「こちらへどうぞぉ」
奥の四人掛けのテーブルだ
前は二人掛けのちっちゃいテーブルに老夫婦
隣はお婆さんの三人連れ
ボクのすぐ後から入ってきたおばちゃんは
知らんおっちゃんとむりやり相席させられている

続いてむさ苦しい感じの若い男三人組が・・・
お姐さんが
「すみません、満席です」
と言うと
「待ちます」
と帰る気配はぜんぜんない
ボクの席はあと三人座れるけれど
相席をたのまれなくてよかった・・・
それにしても
ものすごい人気店だなぁ

店のやさしそうなおじいさんがお冷を持ってきて
念のために聞くという感じで
「ご注文は鍋焼きうどんですね」
なにしろメニューは鍋焼きうどんと稲荷寿司のみ
稲荷寿司は鍋焼きうどんだけで足りないひと用のサブメニューだ
見回すと大方の客は鍋焼きうどん+稲荷寿司一個だ
炭水化物×炭水化物

待つこと五、六分
くだんの鍋焼きうどんは
こんな感じで運ばれてきた

c0120913_15214076.jpg

うむむ
年季の入ったアルミの鍋
このチープな感じが素敵んぐだ
割りばしとやっぱり年季の入ったアルミのレンゲ
熱い鍋を直にテーブルに置くので四人掛けのテーブルは四ヶ所が焦げている
なんだかすごく癒されるなぁ・・・
ふたを開ける


c0120913_14592999.jpg
うどん、牛肉の時雨煮、刻み揚げ、蒲鉾、じゃこ天、竹輪、青葱・・・



甘い出汁の匂いが鼻腔をくすぐる
牛肉の時雨煮、刻み揚げ、蒲鉾、じゃこ天、竹輪、青葱・・・
思いのほか具だくさんだ
レンゲで汁を啜ってみる・・・
熱い!
甘い!
思い切り熱くて甘い!
今まで食べた鍋焼きうどんの中で甘さマックスだ
うどんを啜ってみた
おぉ!
ぐにゃぐにゃやん
ぐにゃぐにゃやん
うまい!
四国のうどんはみな讃岐うどんかと思ったら
これは大阪でも珍しくなったぐにゃぐにゃうどんだ
ぐにゃぐにゃやん
ぐにゃぐにゃやん
うまい!
やっぱりうどんはこうでなくっちゃイケナイ
牛肉は時雨煮だ・・・
熱い!
甘い!
思い切り熱くて甘い!
今まで食べた鍋焼きうどんの牛肉の中で甘さマックスだ
揚げは細かく刻んで煮てある・・・
熱い!
甘い!
思い切り熱くて甘い!
今まで食べたうどんの揚げの中で甘さマックスだ

ボクの隣のおばあさん三人連れは
食べるペースは遅いが
猛烈なスピードでしゃべっている
三人同時にしゃべっているときもある
頬張ったまま「はふはふ」しゃべるのでよく聞き取れない
でも
やっぱり女だ
さすがは女だ
三人寄ればかしましいとはよく言ったものだ
それに鍋焼きうどんに稲荷寿司を一人二つづつ食べている
おばあさんパワー恐るべし

c0120913_15223110.jpg

甘すぎて飲めないと思った汁も
牛肉も揚げもきれいに完食

これで500ヱン
安い!
また松山に来たら必ず食べに来よう

c0120913_1528911.jpg

店内には
さりげなくこんな色紙が貼られている

食べ終わって表に出ると
店に入ろうかどうしようかと
立ち止まったまま悩んでいる妙齢の女性が・・・


c0120913_15312127.jpg
悩む



同じ昭和レトロでも
昨日の酒井屋とはちがって
こっちは郷愁を誘う質素な店構え
狭いながらもしっとりと落ち着いた店内
この店ならladon師匠にも納得していただけると思う
でもちょっと甘すぎるかも・・・

営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜
店内禁煙

by ikasasikuy | 2014-04-06 07:36 | めん類学 | Comments(8)
Commented by じゅんた at 2014-04-06 07:58 x
ikasasikuyさん
おはよごだます

うむむ
甘いのか・・・・

うふ
うふ
Commented by ikasasikuy at 2014-04-06 08:46
じゅんたさん
おはよごだます

甘いねん・・・

えへへ
えへへ
Commented by ladon at 2014-04-06 10:01 x
おはよごだます
中途半端な木造モルタル造り
ちゅうのが、昭和中頃過ぎ辺りの雰囲気で
かえって、潔いと・・・
子供時分の郷愁が仄かにですは
鍋焼きうどんの中身も
ゴチャゴチャ、あれやこれやしすぎず
で、肉うどんに蒲鉾多目ちゅう感じですかな
味のほうは想像するほかないんですが・・・
練り物三種はチトクドクないかな?と
アルミの鍋とチリレンゲ、懐かしいですは
アルミニウムはそれ自体の温度を常に18°c位に
保とうとする性質があるそうで
グツグツ煮え返る鍋焼きうどんでも
土鍋なんかに比べて食べ頃の温度に
マッチしてるんやないかいな
と、私目は考えておりまする
いや、単に什器を揃えるのに
安くて、割れない、取廻しが楽やし
18°cに・・・てなこじつけた様な能書きみたいなもん
知るかへやとは思いますがね
Commented by ikasasikuy at 2014-04-06 11:20
ladon師匠
おはよごだます

この店
創業が終戦直後の昭和二十二年と書いてますから
建物はたぶん昭和四十年代にいっぺん建て替えてますね
築四十数年と看ました
店の場所はこう見えて結構松山の中心部で
松山大空襲で焼け野原になった後
当初はバラックで営業していたのでしょう
甘いもんが貴重やった時代ですから
この甘い出汁の鍋焼きうどんが人気を呼んだと思量します
ほんでそこそこ儲かった後で
当時流行の最先端の木造モルタル塗り店舗付き一戸建て住宅に建て替えたんでしょう
ほんで
金属の性質に関する知識はもとより
そんなことは考えも及びませんでした

 安い
 軽い
 落としても割れへん
 重ねても割れへん
 洗いやすい
 

店もボクといっしょで
それ以外のことは考えてへんと思います
今は
むかしを懐かしむ老人と
値段の安さに釣られた近くのサラリーマンや学生で
押すな押すなの大盛況です
それでも店は
丁寧な接客で驕るところは一切ありません
梅田のはがくれや三宮の長田本庄軒とはおおちがい

Commented by ゾン at 2014-04-06 12:08 x
おはようございます。
イカさん。

アルミ鍋・・・
西成の鍋や思い出した~
Commented by ikasasikuy at 2014-04-06 13:10
ゾンさん
おはよごだます

もうながいこといってへんな〜
西成のなべや
あこのなべはもうちょっと深かったで〜
四月中でヒマな日ぃゆうてや〜

Commented by なべくみ at 2014-04-08 20:33 x
甘い鍋焼きうどん
食べてみたいです
素朴な感じが良いですね
Commented by ikasasikuy at 2014-04-08 21:04
なべくみさんこんばんわ
これ
家でも簡単にできます
イリコでしっかりめに出汁を取って
薄口醤油と砂糖たくさんでつゆを作ります
牛肉とお揚げさんも思い切り甘く煮ておきます
練り物は仙台なら笹蒲で決まりです
青葱はあれば九条葱がよろしい
葱以外を鍋に入れて火にかけてぐつぐつぐつ
出来上がったら葱を入れてふたをします

モンダイのうどんは
製麺所から出荷されて二日目のものが良いです
完全にコシが抜けているのがキモです
素朴ですが全体的に濃厚な甘さです
松山へお出での折りは是非

大阪へ来たら
なにわうどん食べに行きましょう


<< ニッポンいちゴミの多い漁港      めしや酒井屋 >>