2014年 07月 07日
なんちゅうか・ひやしちゅうか
c0120913_10565261.jpg
野菜サラダに見えなくもないひやしちゅうか
LUMIX DMC-TZ30




夏が来れば思い出す・・・

ここだけの話
恥ずかしながら
尾瀬がどこにあるのか最近まで知らなかった
でもまあ
関西人だからしかたがない
関東の人が有馬温泉がどこにあるか知らないのと同じだ

 同じじゃないという指摘もある

そんなわけで
夏が来ると思い出したように冷やし中華を食べている
具材は

 錦糸卵
 海老
 ハム
 叉焼
 鶏笹身
 牛肉叩き

などなど
夏の食の細い時期にも
しっかり栄養補給できるように工夫されている
しかし
これからの冷やし中華は生野菜だけだ

 胡瓜
 水菜
 人参
 もやし
 かいわれ大根

日ノ出町のパタンだって
大蒜と葱だけであれだけ美味い

さうさう
こないだまた
冷やし中華と冷麺をいっしょくたにしているひとがいた
ほんとにもういい歳をしてなんにも知らない

 冷麺は朝鮮料理で
 冷やし中華はニッポン料理だ

どっちも中国料理ではない
それにしても
ヒヤシチューカ・・・て
思い切り「いけぞんざい」なネーミングだなぁ

by ikasasikuy | 2014-07-07 07:27 | めん類学 | Comments(15)
Commented by ゾン at 2014-07-07 08:57 x
おはようございますイカさん。

今回の冷やし中華は野菜山盛りなんですね。
野菜のシャキシャキ感と麺のもっちり感。
アクセントでくる紅生姜の酸味。
おいちそうです。

あ~ボキも今日は一麺食べたくなってきました~
Commented by ikasasikuy at 2014-07-07 09:16
おはよごだます

日本麺類学会では
「一日一麺」

合言葉に
日夜戦い続けています
ボクはここ数年来
一日二麺を目標にがんばってます
昨日は二麺
一昨日は三麺でした
だいたい夏のベスト10は

ざるそば
ざるうどん
把丹
冷やし素麺
温うどん
パスタ
冷やし中華
焼きそば
冷麦
フォー

です
ときどき温かい麺も食べますが
ゾンさんと違う点は
ラーメンがベスト10に入ってないことです
家では把丹以外はだいたい乾麺を使います
Commented by ladon at 2014-07-07 09:19 x
おはよごだます
ひやしちゅうか・・・
大坂には、<冷やしうどん>ちゅう
うどん屋の夏メニューがありますんで
その流のネーミングですかね?
冷やしうどんの事
内では、<すすりうどん>とも言うてました
冷やしラムネ・冷やしスイカ・冷やしワラビ餅
冷やしコーヒー(ここからかな、冷コーなんて畿内
独特の言い回しになったんは?)
夏になったら、冷たくして売る・・・当然の発想やに
店によっては、サービスの所もありましたが
冷やし代取りよる店もありましたは
何にしても、野菜いっぱい食べて
夏を乗り切ってくだはれ
Commented by ikasasikuy at 2014-07-07 09:42

ladon師匠
おはよごだます

じつは今日
七月七日は冷やし中華の日なんです
そんな日ぃがあるんか?

お思いでしょうが
あるんです
二十年ぐらい前に制定されたそうです
さらに
四十年前に
全日本冷し中華愛好会
というのが発足
ジャズ芸人の山下洋輔が発起人やそうです
でもこれ
「中華」といいながら日本料理です
歴史はまだ100年ありません
昭和期前半と思われる
したがって
ニッポン麺類学会では「新参者の部」で分類しています
ところてん
畿内の冷やしうどん
ちょいちょい
麺とつけ汁が別になってるもの(セパレートタイプ)を
「冷やしうどん」と称してる店があるんですが
あれも冷やしうどんなんでしょうか
ボクは
冷やし中華のように
あらかじめちべたい麺にちべたい汁がかかった状態で供されるものと思うのですが
いかがでせうか?

Commented by ikasasikuy at 2014-07-07 09:43

ladon師匠

ところてん2
和歌山ではアイスコーヒーは「冷コー」では通じません
「ひやこいこーひー」です
まああこらは畿内ちゃうし
近畿ゆうても外国みたいなもんですから
ほんで
そうゆえばむかし
「冷やし代」
とってる店ようけありましたね
鳴尾銀座のラムネ屋(鳴尾鉱泉直売所)もとってましたわ
家に冷蔵庫のない家がまだようけあった時代ですね
いわれて思い出しました

Commented by ladon at 2014-07-07 10:01 x
そうですか
ラーメンが和食の範疇に入ってしもうてる御時世ですからね・・・
冷やしうどん
吾が身の廻りは
ちょいちょいと、と言うより
つけ汁が別ちゅうのがあたりまえ・・・です
素麺にしろ、うどんにしろ
汁かけたあるのは、<ぶっかけ>となるのでは
そも、<ぶっかけ>とは言いませなんだですけど
何処からきた言葉なんですかね?
汁かけて喰うたら行儀悪いて怒られたもんですけど・・・ね
Commented by ikasasikuy at 2014-07-07 10:33
ladon師匠

>つけ汁が別ちゅうのがあたりまえ
なるほど
そうですか
なるおでは
どこのうどん屋も
「冷やしうどんはじめました」
ゆう店は
冷やしたうどんに冷たい汁をかけたもんで
すうどんの冷たいもんでした
具は刻んだ揚げ、錦糸玉子、蒲鉾、胡瓜、海苔ぐらい
薬味は葱とおろし生姜でした
いわゆる「ぶっかけ」ですねん(ぶっかけとはゆわなんだですが)
ほんで
なるおの冷やしうどんの汁は温うどんの半分ぐらいで少なめです
アタマを雲の上に出し富士山状態のうどんですねん
鳴尾銀座の有明湯が3時に開くので
おとんが「一番風呂いこか」
ゆうたときは
かならず帰りに並びの万福で冷やしうどんとかき氷でした
夏一番の贅沢でした
Commented by Kenneth.K十三○番弟子 at 2014-07-07 12:31 x
あ、把丹がランクインしてますね。
わたしはとみにざるそば率が高くなってきております。


ところで山下氏がジャズ芸人とは言い得て妙ですね。
ジャズも芸もわかりませんが独自性が溢れておりますゆえ。
Commented by ヲギィ at 2014-07-07 12:47 x
守口で生まれ育った私の思う冷やしうろんは…
ガラスの器に氷と水に浸かって出てくる、冷やし素麺のうろん版です。

ちべたいうろんは、大阪特有?の細うろんが好きです。

うひひ
うひひ
Commented by ikasasikuy at 2014-07-07 13:32
Kenneth.K十三○番弟子
把丹もざる蕎麦も
夏に限ったことやのぉて
年がら年中食べてるねんけどな〜
平塚では夏限定?
ほんで
夏の麺ベスト10に
沖縄そばを入れるか入れへんかでさんざん悩んだんやけどね
入れるとフォーをはずさんなんし
とりあえず
次点=沖縄そば
ということにしとくわ
冬は「カレーうどん」とか「鍋焼きうどん」とか「ほうとう」がランクインするねんけどな〜
うふふ
Commented by ikasasikuy at 2014-07-07 13:32
ヲギィさん
こぶたさんです
守口では冷やし素麺のうろん版
なるほろ
なるほど
ラロン師匠とこといっしょで
やっぱり畿内はつけ麺方式やねんな〜
なるお(神戸寄り)のんは
はじめっから鰹出汁のよぉ効いた
ちべた〜い汁に浸かっとったわ
ほんで
細うどんが好き?
うち
乾麺は神埼の極細うどん一辺倒やねん
これ
思いっきり美味いし
気の毒なぐらい安いから
だれにも教えとなかってんけど
ほかでもないヲギィやし
特別推しえるわ

ここで書いたらあかんかったなぁ・・・
あはは
Commented by パスタ六十番弟子じゅんた at 2014-07-07 21:15 x
ikasasikuyさん
こんばんわん

赤いのんは
なにですか?

紅しょうがですけ?

あはは
あはは
Commented by ヲギィ at 2014-07-07 22:24 x
神埼の極細うどん、、びっくりするくらい安いですね。

マルタイ棒ラーメンが高く感じますね。w

乾麺は、半田めんが好みです。
Commented by ikasasikuy at 2014-07-08 00:49
パスタ六十番弟子じゅんたさん
こんばんわん

さうです
紅生姜です
三重県の山奥で主に梅干しを作ってる農悠舎王隠堂のんです
こんなに赤いのに食紅使てませんねん
うちの梅干しもここのんです
お値段
スーパーで売ってる紅生姜の3〜5倍しますねん
あほみたいにお高いですけんど(ゆうても安いもんです)
それに
味は10〜20倍美味しいんです
これは切った状態で売られてるやつですけんど
スライスしたのにころもつけて天ぷらにすると死ぬほどうまいです
この美味しさがわかるようになるとあーたも立派な関西人です
え?
関西人になんかなりとない?
まあ
さうですね
えへ
Commented by ikasasikuy at 2014-07-08 00:49
ヲギィさん
ほんまに安いやろ
支那で作ってんちゃうん
と思うぐらい安いわ
ほなけんど(阿波弁)
値段のこと忘れるぐらい美味いねん
毎年段ボール箱一箱買うねん
こないだも買ぉて家んなか蕎麦やら素麺やら乾麺だらけやねん
ほんで
阿波の半田素麺
二年ほど前に5キロ入りの箱で買ぉて
ほぼひと夏で食べ切ったことあるわ
ほなけんど(阿波弁)
やっぱり素麺は大門が一番やわ
まあこんなもんは好みのモンダイやけんど
こんど
半田の細うどん買ぉてみるわ


<< うちわ      World Foot Vol.20 >>