2014年 07月 27日
たこめし
c0120913_12411650.jpg
たこめし
LUMIX DMC-TZ30



このところ
毎日たこめしを食べている
たとえば
たこめし+ざるそば
たこめし+冷やしうどん
たこめし+冷やしそうめん
つまり
管理栄養士が眉をひそめる

 炭水化物×炭水化物

たこめしのときは
小さいタコを使う
大きいタコを使ってもいいけれど
大きいタコがあんまり釣れないので
しかたがないのである
soreni
負け惜しみに聞こえるかも知れないが
タコは小さい方が柔らかくて美味いのである
soreni
soreni
たまさかに釣れる大きなタコは
刺身になったり
天ぷらになったり
あるいは他家へ貰われていったりして
なかなかたこめしにはならない・・というか
なれないのである
tokorode
たこめしは本来は干しダコを使う
その方が味が深い
でも
生ダコでもじゅうぶん深い
これ以上深くなったらはい出せなくなる
まるでアリジゴクの巣のようなたこめしだ
ところで
前から疑問に思っていたことだが

 オオアリクイはアリを食うアリジコクを食うだろうか

さて
今日のたこめしは
粳米と糯米を半々にして塩味で炊いてみた



 たこおこわレシピ

 【材料】
  うるち米・・・1合
  もち米・・・1合
  明石蛸・・・小だこ=200g前後2匹足のみ
  枝豆・・・15〜20鞘
  生姜・・・適量

 【調味料】
  昆布出汁・・・450cc
  薄口醤油・・・大さじ1
  純米酒・・・大さじ1
  味醂・・・大さじ1

 【手順】
  (1) タコはよくぬめりを取って刻む
  (2) 米を研いで水気を切る
  (3) 枝豆を茹でてむく
  (4) 生姜を針生姜にする
  (5) (2)に調味料と(1)(4)を加えて30分置いてから炊く
  (6) 炊きあがったら(3)を加えてかき混ぜて出来上がり
    薄口醤油の代わりに塩を使うと色が美しく仕上がる



暑くてごはんが喉を通りにくいときでも
たこおこわならどんどん喉を通るのである
でも
冷めたごはんに冷や汁かけも美味いし
胡瓜と茄子の浅漬けで冷たいお茶漬けも捨てがたい
どれにしようかな・・・

 好きにしろという声もある

どうみても
夏やせの心配はなさそうだ

by ikasasikuy | 2014-07-27 07:37 | 食文化論 | Comments(4)
Commented by パスタ六十番弟子じゅんた at 2014-07-27 08:04 x
ikasasikuyさん
おはよごだます

おー
美味そう
美味いだろうなー

たこめしも入門しようかしらん
でも
その前に
タコ手に入れないと・・・

あは
あは

Commented by ladon at 2014-07-27 08:24 x
おはよごだます
今朝は案外涼しくて
キナコの散歩あんまり汗かかずにすみました
嫁の実家ちゅうても隣町
直線距離にして2Km程ですが
夏祭り(品も無ければ格もない、ヤンキーのガス抜きみたいな・・・)
で、朝から、ツーツーレロレロツーレーロ♪てな
戯れ唄なんぞをダンジリ引きながら
拡声器の音量大で喚きたおしとります
(蝉時雨のほうが、まだまし!!)
半夏生や夏越の祓いてな伝統的な
行事とは無縁で
半夏生に蛸を食すてな・・・(チョト前ですが)
風情は欠片程にもありませぬ
Commented by ikasasikuy at 2014-07-27 09:10
パスタ六十番弟子じゅんただん
おはよごだます
蛸めし入門・・・
て?
入門するほどのモンではないですよ
まず
蛸めしを上手に炊くには
蛸めしを上手に炊ける道具が必要です
じつは
ここだけの話
どうか他所でお話しにならんように
じつは
ボクは三年ほど前に
蛸飯を炊くための鍋を買ったんです
米を一合だけ炊く陶製の炊飯鍋です
やってみたら実際には二合まで炊けましたが一合炊き鍋です
勿論一合五勺も炊けますが一合炊き鍋です
赤飯や炊き込みご飯はみなこれで作ります
あんまり簡単に炊けるので吃驚して腰を抜かすと思います
Commented by ikasasikuy at 2014-07-27 09:11
ladon師匠
おはよごだます
>今朝は案外涼しくて
えええ〜〜〜
そうですか
ボクは暑ぅて目ぇが覚めました
夏祭り
ひとが大勢集まるのがキライなので
祭りはいつも遠くから見てます
天神祭に祇園祭
なんで死人が出るほど暑いこんな時期にやるんやろ・・・
昔の夏はもっとずっと涼しかったんやろけど
ほんで
半夏生に蛸
これ大阪だけや思います
東京は蛸は冬の食い物ですねん
蛸は夏が美味いのん知らはらへんのでしょう
なんしガッチョのことメゴチゆうてるようなひとらやから
しかし
半夏生
一年を七十二候に分解して
それぞれに名前を付けるやなんて
むかしの人はおもろい(スゴイ)ですね
あてなんか
二十四節気でもよう覚えやんのに(紀州弁)


<< C-33顛末記      ひやしうどん >>