2014年 12月 29日
Contorni di Nikka Wiskey
c0120913_2017416.jpg
Penne di bunashimeji nanohana e aglio
LUMIX DMC-TZ30





ブナシメジとナノハナのペンネ
ブナシメジのブナは「山毛欅」と書く
ほかにも「橅」や「椈」や「桕」という字を充てることもある
シメジは「占地茸」と書く
ブナシメジをフル漢字で書くと

 山毛欅占地茸

となる
読めるひとはまずいない
カタカナにすると5文字のものを
わざわざ漢字を6文字も使って表す必要があるのだろうか・・・

ブナシメジだが
ふつうのシメジとどこがどうちがうのかと聞かれると返答に困る
ブナシメジの方が100gあたり20〜30ヱンぐらい高いので
もしかしたらうまいのではないかという錯覚にとらわれているだけかもしれない

ナノハナはこれからが旬だ
おひたしにすると美味いけれど
今日は炒める
炒めると味に深みが出る
とくにシメジは茹でるより油で炒めると格段にうまくなる
ボクは必ずアーリオ・オーリオで炒める
シメジが少ししんなりしたらナノハナを加える
ここからは炒め過ぎてはイケナイ
ナノハナが草臥れないように頃合いを見計らう
ペンネはお馴染みペンネリッシェ
きっちり14分茹でる

【材料】
 ペンネリッシェ・・・75g
 山毛欅占地茸
 菜の花
 大蒜
 オリーブ油
 アンチョビ
 赤唐辛子
 黒胡椒
 塩


これを肴にウィスキーを飲む
橋詰米酒店の若大将イチオシのウィスキー

 Hi Nikka


サントリーの角瓶より安くてウマイらしい
ハイボールで飲んでみた
うむむ
よくわからない
飲み干してからサントリーの角を飲んでみた
うむむ
どうなんだ
もういちどハイニッカ・・・
うむむ
やっぱりわからない
さらにもういちどサントリー・・・
ニッカ・・・
サントリー・・・
ニッカ・・・
サントリー・・・
結局よくわからないまま

 スッカリヨッパラッチマッタジャネエカ

飲みすぎには注意が必要だ

by ikasasikuy | 2014-12-29 07:37 | めん類学 | Comments(6)
Commented by juntaseasons at 2014-12-29 08:15
ikasasikuyさん
おはよごだます
ペンネ75gですか
いつもの量より多めですね
日課が三鳥より美味いという説は
45年前からありました
私も少し信じていてオールモルトを時々買ってます
三鳥の山崎貰ったりすると
やっぱりこっちが美味いなんて思ったりして
いい加減ですが・・・・・
あはは
あはは
Commented by ladon at 2014-12-29 09:09 x
おはよごだます
日課も三の鳥居も、幹は一緒ですよってにね
枝葉の部分で多少はあるかもですけど・・・
(て、アンダー・ドアが言うてもですけどね)
酔う程に味覚も曖昧味~となりにけりで余計に朦朧と・・・
アハハ


Commented by ikasasikuy at 2014-12-29 11:14

juntaseasonsさん
おはよごだます
ペンネ75g
ちょと大杉真下
ほんで
日果も三之鳥居も
値も味も大差ないように思いました
となると
瓶の形で選ぶしか有馬温泉
ボクは三之鳥居の角瓶(黄色ラベル)が美しいと思いました
ほんで
山崎うまいです
でももろたこといっぺんも有馬温泉
もらうともらいっぱなしというわけにはいきませんので
後のことを考えるとできうるかぎりもらいたくない心境です

そうそう
いま某国民放送局でウィスキーのドラマやってますね
あれ見るたびにニッポンのウィスキーがパチモンに思えてなりません
きっと演出がヘタクソやからと思います
死んだオカンが最も愛飲した酒が赤玉ポートワインでした
騙されてるとも知らず「うまい」ゆうて逝きました
気の毒な母です
親父は二級酒が好きでした
特級酒や一級酒を好きになれない理由が人知れずあったと思います
気の毒な父です
ニッポン人がウィスキーを造る・・・
それは
フランス人が清酒を醸造してるような
スペイン人が芋焼酎を作ってるようなが
イタリア人が泡盛を造ってるような
そんな気がする年の瀬であります
じゃ股(by 桑原和男)
Commented by ikasasikuy at 2014-12-29 11:24

ladon師匠
おはよごだます

昨日の雨が上がって
朝は晴れてましたけど
また曇ってきました
年の暮れらしい曖昧味な天気です
でもまあ冷え込みが緩んで風がのぉて過ごしやすいです
さてけふは
本年最後のお医者通いですねん
甚兵衛はんに紹介してもろた駅前の赤壁周庵先生に診てもらいます
このセンセ
藪医者と大評判で
治る病もみな彼の世逝きらしいです
ほんで
血液検査するんですが
毎回血ぃに酒が混じってて
薮のセンセに
「あんたなごないな」
ゆわれます
きっとけふも
日果と三之鳥居が
かわりべんたんかわりべんたんに出てくるのでせうね
あは
あは

Commented by ladon at 2014-12-29 13:34 x
あはは
赤血球白血球の代わりに
ウヰスキー・ジン・ビールにワインやエテセテラが・・・
アータの血ぃ吸うた蚊ぁや虻は酔払い飛行するんで、退治しやすいんでせうね
将又、ドラクラなんかチャンポン酒できっと悪酔いの極みで宿酔必至でっしゃろな・・・
きっと「もう、アイツの血ぃ吸うのん二度といやや・いやや(byデイリースポーツCM)」て、ダダ捏ねるんやろね
大蒜・十字架より強烈!?
アハハ

へて、ヤポネのウヰスケ
何時の間にやら、スコッチ・アイリッシュ・バーボンと並んで世界四大ウヰスキーとかで
メジャーな存在になってるさうでして
今や・・・
ちゅうか、世界中でこの四っつしかウヰスキー
作ってへんのんちゃいまんのかいな・・・?
Commented by ikasasikuy at 2014-12-29 18:11

ladon師匠
薮の周庵センセ
年末の書き入れ時かして
ちょっと検査して診てもろて薬もらうだけやのに
4時間かかりました
イケナミのいっぱい入ったkindle持って行ってよかったです
ほんで
ウィスキーもそうですけど
ニッポン人はなんでもかんでも
外国のモンをマネするんがうまいです
江戸時代は竹に馬の尻尾やった釣り道具が
鎖国が解けるやいなや
あっとゆうまに世界一の釣り道具を作って
欧米の釣具先進国形なしです
しかも最近は
ある程度使たらどこかが壊れて買い替えるように仕組んだ製品ばっかりです
その点
昔のアンバサダーは50年経っても摩耗すらしません
それでもアホやからすぐ壊れるリール買いますねん
ボクはもう
ベイトはスウェーデン
スピニングはおフランスでいいです
せやけど
スウェーデンで1キロのタコ巻くん
ごっつしんどいんです


<< 2014@Choka大賞      ゾンさんラーメン・シクスティー >>