2015年 05月 27日
稲庭きざみうどん
c0120913_13573247.jpg
稲庭きざみうどん
LUMIX DMC-TZ30




日本三大うどん

 香川の讃岐うどん
 秋田の稲庭うどん
 群馬の水沢うどん

讃岐うどんがメジャーになりすぎたきらいはあるが
これが世間が認めるニッポンの三大うどんらしい
反対派の中には水沢うどんを長崎の五島うどんとする説もあるが
いずれにせよ稲庭うどんは讃岐うどんに次いでナンバー2の座に君臨している

 温い稲庭うどん

である
具は豆腐工房「豆匠」のあげを細かく刻んだ
いわゆる「きざみうどん」である
関西(特に京都)ではうすあげを「おあげさん」と呼ぶ
あげに「お」と「さん」が付いている
元の豆腐には「さん」を付けず「おとふ」だが
油で揚げると「さん」を付けてもらえるようになる

豆匠は西宮にある小さな豆腐屋で
ここのお母ちゃんが知るひとぞ知る豆腐の達人である
豆腐のことなら「豆匠のおかんに訊け」というぐらいだ
豆匠の豆腐一丁に使う量の大豆で
スーパーデーリーカーバイトで売っている豆腐が六丁作れる
あたりまえのことだが

 豆の味がする豆腐

である
ここの豆腐を食べて初めて豆腐がどういう食べ物かを知ったひとも多い
しかし
いっぺんでもホンモノの味を知ってしまうと
人間というのはなかなかあとに戻れなくなってしまうものだ
これを開高健は「知恵の悲しみ」と言った
世の中には知らないまま一生を終えたほうが幸せなことも結構多い
それにうまい豆腐を食わなくてもひとは生きていけるし・・・

by ikasasikuy | 2015-05-27 07:55 | めん類学 | Comments(0)


<< 明石蛸      大吉川穴子 >>