2015年 04月 25日
初雪食堂
c0120913_1341816.jpg
初雪食堂
LUMIX DMC-GM1



山に登ると腹が減る
なぜだろう・・・

 ロープウェイのクセにという指摘もある

ロープウェーでも腹は減るのだ
さて
寿司にするか
ステーキにするか・・
ん?

 初雪食堂

おぉ!
なんという清々しい屋号だ
じつはそれがし
この「雪」という文字に弱い
地方の居酒屋で「雪」のつく酒を見つけると必ず飲んでしまう
このまえ松山で「雪雀」をしこたま飲んだ
うまかった

 いきなりハナシの筋が逸れた

そうそう
初雪食堂・・である
ヘルシンキの「かもめ食堂」より引きつけられる屋号だ
看板を見た途端
一瞬にして京料理も近江牛も脳裏から霧散した
なにがなんでも

 ここで昼飯を食おう

と思った
どうみても昔ながらの大衆食堂だが
高級ステーキよりこういう店で気持ちよく昼ごはんを食べたかった
なぜならそれがしは
初めての店で高い肉を食べて美味しくなかったときの心構えがなかなかできないのだ

 肩のこらないお昼ごはん

これだ
きっとそれがし
貧乏性にちがいない

それにしても
こんな素敵な店がこんなところにあったとは・・・
店に入って
入口に一番近い席に腰を下ろしながら

 鍋焼きうどん


注文した
ご飯ものも食べたかったが
腹は八分目がビーイーエスティーだ
満腹は灰色の頭脳に良くない


c0120913_1451493.jpg
鍋焼きうどん


出てきた
ふたを取るとかつお出汁に効いた湯気が立ちのぼる

 海老天
 鶏肉
 椎茸
 薄揚げ
 色板
 麩
 青葱
 それに・・・なっ、生卵っ!

しまった
しまった
しまくらちよこ
ボクとしたことが
「卵抜き」と言うのを忘れていた
しかも出来上がってから割り落とした卵だ
これはいかぬ
困った・・

うどんは
大坂人もびっくりの腰抜け麺
申し分なしだ
出汁は
甘味一切なし
京風の薄味だが
鰹と昆布がしっかりきいていて
これまた申し分なしだ
モンダイは
如何に卵の黄身をつぶさないように食べるかだ


c0120913_1452957.jpg


わはははははは〜
うまくいった
卵は無傷だ
大成功!

あゝ
うまかった
この鍋焼きうどん
こんどは初雪の降る寒い日に食べたい

by ikasasikuy | 2015-04-25 07:33 | めん類学 | Comments(4)
Commented by ladon at 2015-04-25 09:56 x
おはよごだます
店構への雰囲気から
鍋焼きうどんの器
アルミ鍋かと・・・
ちゃんと、土鍋でしたか
鍋焼きうどんやから
生玉子ネタでるやろなあ
て・・・
思惑どおりでした
然し、器用に食べたもんですなあ

初雪や
鍋焼き食べる
初雪屋
Commented by ikasasikuy at 2015-04-25 10:42
ladon師匠
おはよごだます
やっとヱヱ週末です
この土鍋
アルミの1.5倍ぐらいの容量です
生卵
思惑通りでしたか
これ
最初から卵落として炊いてくれてたら
出来上がるころにちょうどええ塩梅になるんですけど
出来上がってから入れたら黄身は最後まで生です
どんなりまへん

 初雪や 鍋焼き食べる 初雪屋

季語がダブってるうえに
冬の食べ物
くどくどしさが素ん晴らしい一句です
Commented by ladon at 2015-04-25 11:05 x
確か
白身は55°c
黄身は65°c
で固まるんやなかったかいな・・・と
ええかげんな記憶ですけど
くど、くど、しくてじゅうはちど
くど、くど、くど、しくて
さんさんくど・・・
てしょうもないことをば
あはは
俳句ではなく廃句ですな
Commented by ikasasikuy at 2015-04-25 11:18
ladon師匠
卵の固まる温度
黄身と白身が逆でっせ
黄身は70℃
白身は80℃で固まります
温泉玉子は
卵を70℃の源泉に漬け置きますと
黄身は固まりますけど白身はまだゼリー状のままになることを利用してます
ボクはあのハナミズみたいなどろどろした温泉玉子の白身がキライです
美味しい茹で卵論
大きな鍋に湯を沸かし
沸騰したところへ常温に置いた生卵を入れ
八分五十秒煮ますと
黄身がまだ透明感のある美しい茹で卵が出来ます
白身はしっかり黄身はしっくり


<< 週刊アクアリウムニウス4月号      八幡山 >>