2015年 07月 29日
粉山椒
c0120913_0525817.jpg
八幡屋礒五郎謹製「粉山椒」
LUMIX DMC-TZ30




善光寺
二十年ぐらい前に
牛に引かれて行ったことがある
その門前に八幡屋礒五郎の本店はある
七味唐辛子を売る店だ
そのとき以来
八幡屋礒五郎と付き合っている
七味は七つの味の薬味を合わせたもので
八幡屋礒五郎の七味は

 蕃椒(赤唐辛子)
 山椒
 白薑(生姜)
 麻種(マリファナの種)
 胡麻
 陳皮(ミカンの皮)
 紫蘇

の七種をブレンドしている
その中の山椒である
山椒は
うなぎの蒲焼きの定番の薬味だが
京都では麺類の薬味にも粉山椒を使う
ボクはこの香りが大好きだ
唐辛子にはない雅びやかな香りが楽しめる

味と香り
味もそうだが
特に香りは好き嫌いが別れる
山椒の香りを好まないひともいる
香菜(コリアンダー)がダメなひともいる
八角(スターアニス)がキライなひともいる
シナモンやクローブやナツメグがダメな人はインドには住めない
ボクはクミンが苦手だ
いまクミンの香りに慣れようと努力している
いつかインドや中近東に移り住む日のことを考えながら・・・



  マリファナの種には幻覚作用がない
  種子が発芽すると葉や花などに幻覚物質が生成される
  七味唐辛子用の麻種は発芽しないように加熱処理されている・・・らしい


by ikasasikuy | 2015-07-29 07:34 | 食文化論 | Comments(2)
Commented by ladon at 2015-07-29 09:32 x
おはよごだます
今頃はハイピッチでタコの頭
蹴っ飛ばしてはるころかな・・・
痲種は麻の実、緒の実の事ですな
緒は糸よりやや太いものを言うと覚えております
麻の繊維は太くてあんまり細い糸にするより
太糸にする方がらくやったんでしょうか
麻糸の事を麻緒ともいいます
麻緒の実で、緒の実となったのかな・・・
緒はエーゴでストリングやったかな
スレッド
ライン
ストリングス
なんぞと
太さによって糸の呼び方変えてるみたいですな
へて、緒の実
市販の七味には,入ってません
実が大きくてキャップの穴から出んからやとか
魔のもとやから入れてないとか等々
言われてるようですけど・・・
あの、香ばしさがないと気が抜けてます
緒の実は発芽しないように加熱処理されているのは、仰るとおりなんですが
偶に、その熱に耐えきって発芽する
強者もあるそうです
Commented by ikasasikuy at 2015-07-29 17:03
ladon師匠
おはよごだます
今日は未明から蒸し暑ぅて
海の上に浮かんでタコを釣りながら
なんべんも
「死ぬか」
と思いました
ヱンさんが小学一年生の孫(ほんまは曾孫かも)の健生くんを連れてきて
にぎやかなクラシコでした
勝負の行方は明日書くこととして
今明石海峡のタコは「ア〇でも釣れる」状態
最盛期を迎えています
これから盆ぐらいまで釣れ続き
その後パタ〜ッと食いが止って釣れやんようになります(和歌山弁)
ご十三番弟子は
毎年この最盛期に一度だけ明石にきます
目標にはわずかに届きませんでしたが
じゅうぶん一年分の食料調達に成功して帰りました
ほんで
麺類の薬味ですが
最近は七味は使わず
もっぱら蕃椒、山椒、白胡麻の三種類です
特に山椒は不可欠香辛料です
ああ
暑かった〜


<< TIFA 明石タコクラシコ 第七戦      やまもりれーめん >>