2015年 12月 31日
大晦蕎麦
c0120913_4385658.jpg
大晦蕎麦 ver.2015
LUMIX DMC-TZ70




大晦日の晩に年越し蕎麦を食べるのは
江戸時代中頃に流行った風習だ
由来は諸説あるが
いずれ後人が思いついた作り話だし
いちいち付き合っていられない
しかし
いまも多くのニッポン人がその風習を引き継いでいるということは
既にニッポンの食文化の一つだといえる
麺好きにはうれしい風習だ


きのう枕崎から戻ってきた
ちょっと蕎麦出汁用の雄節を買いに

 ウソツキはドロボーのはじまりだという声もある

有次特製鰹節削り器で
シャカシャカ
シャカシャカ
それに
長崎産の大羽鰮のいりこを加える
頭と腸を丁寧に取り除くのは
出汁に蘞味を出さないための一手間だ

 暇の為せる業だという声もある

鰹と鰯は7:3
蕎麦は信州戸隠太切り
乾麺だ
具は特に無し
大晦蕎麦は
「しんぷるいずべすと」
である

 葱も入ってへんのんかいという指摘もある

うん
そやねん

by ikasasikuy | 2015-12-31 23:10 | めん類学 | Comments(0)


<< 謹賀新年      _f_o_o_t_ >>