2016年 01月 02日
雑煮
c0120913_116393.jpg
雑煮の原料
LUMIX DMC-TZ70




正月三が日の主食は餅
元旦の朝は雑煮だ

出汁は鯊の焼き干し
フードプロセッサで粉砕し
紙製のティーバッグに入れて煮出す
薄口醤油と真塩の清まし仕立て
得も言われぬ美味さだ

餅は丸餅
焼き餅が好きだが煮餅
雑煮というぐらいだから煮るのが本来だ

具は
鰤の塩漬け、焼き穴子、鶏肉
等々が入るところだが
なんと
みつばだけ
元旦の雑煮は
「しんぷるいずべすと」
である

 蒲鉾も入ってへんのんかいという指摘もある

うん
そやねん



c0120913_1162344.jpg
しんぷるいずべすと雑煮




毎年々々
元日に雑煮の餅を喉に詰めて召される御老体が絶えない
夜のテレビニュースがうれしそうに報じている
まるで恒例行事のように「雑煮喉詰昇天ネタ」を集めて回っている
他人の不幸を喜ぶとはまったく陸でもないテレビニュースだ

なにしろ御年寄りは咀嚼力が低下しているうえに嚥下力が皆無に等しい
むしろ餅を食べて昇天しない方が珍しいぐらいだ
そういうボクもそろそろナニなのでじゅうぶん注意が必要なナニではある

by ikasasikuy | 2016-01-02 12:27 | 食文化論 | Comments(6)
Commented by ピケ at 2016-01-02 17:11 x
恐れ入りやの鬼子母神!

これぞ鯊出汁の極致ですね~♪
粉砕してチーバックとは、ええ事教わりました。

しかも何んにも入れへんとこが、
流石”天ぷらささ木”ならではの技でごぜーやす!
Commented by ikasasikuy at 2016-01-02 18:11
ピケさん
いやいやいやいや
おせちの鯊の甘露煮には脱帽&脱毛!です
吉良上野介もびっくりです
焼き干しは
そのまま煮出してもええんですけど
砕いた方がよりしっかり出ます
17〜18cmの焼き干し一匹でお椀一杯分の出汁引けます
リリースサイズをリリースせんと一度お試しを
アゴ出汁の1.7倍上品で美味いです
Commented by ladon at 2016-01-03 09:28 x
おはよごだます
あ・け・お・め
こ・と・よ・ろ
シンプルイズベストのぞうにん(河内では雑煮の事をこう訛ります)
よろしおますな
うちは白味噌仕立てのぞうにんでありました
流石は嫁、丸小餅三個を吸い込み
直後に海老の切り餅を三個を焼いて砂糖醤油で流し込み・・・
赤飯、御節(出来合ですけど)をと
食欲全開の年明けであります
まあ、毎年の事ではありますけど・・・
私めは、ぞうにんの汁だけすすって
ワハハであります

へて、昨日嫁の実家へ行きまして
約四十年前に嫁が沖縄旅行で買ったという
瑞穂酒造(株)の当時で十年貯蔵という古酒泡盛を棚の奥に
見つけてまして・・・
岩古焼(と読める)瓶に360ml入った未開封のものです
約半世紀たってますが
飲めると御判断されるなら
宜しければ、お毒見くだされませ
こんだの道明寺天満宮の梅見の時
または、それより前にでも会う機会があれば
御手渡し致したくおもいおります
中身まではわからんですが
外見だけチョーカに貼っときます
Commented by ikasasikuy at 2016-01-03 10:58
ladon師匠
あけましておはよごだます
元日の朝も昨朝も今朝もぞうにんでありました
はぜだしの美味さにハマっているような今日此頃です
明日からははぜだしでうどん&そばにします
ほんで
ノリコセンセが四十年前に・・・
10年+40年=50年
3年でクースーですから
50年は大々々クースーですね
泡盛カ大全という本を持ってます
すべての泡盛のカタログが載ってます
@CHOKAの画像見ますと陶器入りですね
瑞穂酒造の2合陶器入りクースーは
45°はすでに売り尽くしたか今は43°です
それに3年貯蔵しかありまおんせん
もしかしたらこれ
ものすごい「御宝」かもしれませんよ
もしノリコセンセがお飲みにならなくて
それがしにいただけるのであれば
ぜひいただきたいと存じます
Commented by ladon at 2016-01-03 12:31 x
ジーイーケーエーオー
の私共には
宝の持ち腐れですのん
喜んでころこんで・・・
Commented by ikasasikuy at 2016-01-03 12:58
さうですか
ほな遠慮なく道梅のときに・・
ほんで
ヱーはいらんような気がします


<< 冬の散歩道      謹賀新年 >>