2016年 05月 25日
ソラくん
c0120913_14553151.jpg
空豆の燻製 on the Nabeta glass.
LUMIX DMC-TZ70




ソラ豆が美味いかそうでないかは
鮮度で決まるとひとの言う
収穫したらすぐ食べねばならぬとひとの言う
でもそう言うけれど
八百屋に並んでるソラ豆はいつ収穫したかわからない
しかも鞘から外して空気に触れたとたん
ソラ豆は
どんどんどんどん
どんどんどんどん
どんどんどんどん
どんどんどんどん
まずくなる
大急ぎで料理しなければイケナイ
ジャガイモは収穫したあと芽が出てくるまで放っておいても美味しいのになぁ
ソラ豆は賞味期限が極めて短い

そこで
美味しいソラ豆を手に入れるために田舎へ行こう
ソラ豆農家を直接訪ねるのが最良の方法だが
なかなか一面識もないイッパンジンに空豆は売ってくれない
そこで
田舎にある道の駅へ行こう
そこで売られているソラ豆は農家直送なのでおおむね新しいとみてよい

そんなわけで
道の駅でソラ豆を買ってきた
八百屋で買う半額だ
しかもたぶん新しい

ソラ豆はアフリカが原産なので
ヱンさんやゾンさんの先祖はきっとたくさん食べていたはずだ
そうそう
ゾンさんの好きな立ち呑みに置いてるフライビーンズはソラ豆を皮ごと揚げたものだ
あまり知られていないが支那料理に使う豆板醤の原料はソラ豆だし
ボクの故郷ローマでは生食用のソラ豆をペコリーノと共に食べる習慣がある

 だれの故郷やねんというギワクもある

ソラ豆を燻製にしてみた
タカシナアユコの「超絶酒肴レシピ」とは若干手順がちがうが
おおむねうまくできたような気がする


エンドウ豆はぶら下がるようにして生るが
ソラ豆は空に向かってバンザイをするように生る
たぶんソラ豆の語源はこのあたりからきたのではないかと恋しかるべき夜半の月かな






 

by ikasasikuy | 2016-05-25 07:14 | 食文化論 | Comments(8)
Commented by ゾン at 2016-05-25 12:52 x
こんにちはイカさん。

『恋しかるべき夜半の月かな』
ボキには難しすぎだ~

ちなみに空豆あんまり食べないなあ
Commented by ikasasikuy at 2016-05-25 15:07
ゾンさんこんちわ〜
百人一首という
百人のクビを刎ねた死刑執行人が認めた短歌です
ほんで
うすいえんどうのまめごはんはあかん
なっとうははなからあかん
せきはんもあかん
いむらやのあずきばーもあかんというようなゾンさんが
食べることができる豆などこの世にありまおんせん
Commented by ゾン at 2016-05-25 17:34 x
赤飯好きやで~
井村やねなアズキバーこれまた好きで~

で、イカさん甘いもん苦手やのにアズキバー
食べれるの~
Commented by ladon at 2016-05-25 18:15 x
おはよごだます
フライビーンズ
やっぱり、ソラ豆でしたんか・・・
形は似てるけど別モンや思うてました
フライビーンズも好きですけど
フライビーンズの入った煎餅も好きです
揚げずに煎っただけのんを
「はぜ豆」とか「はじき豆」と言うてました
皮ごとガリガリ齧るんが我が家流でした
皮が「エビオス」みたいな味で
親父曰く
ウソかホンマかしりませんが
「エビオスは、はじき豆の皮が原料や」
「せやから、皮ごと食べたら胃腸にエエんや」
てな事を・・・
で、皮ごと食べるようになったんかいな・・・?
ほんで、海水浴に行く時
木綿の袋にこのはじき豆を入れ
海ぱんに結びつけ、一時泳ぐと
海水でフヤケ、塩味もつくんで
それをおやつにしてました
当時は堺の大浜や助松に泳ぎにいってたんですが
今から思うても、結構水が汚かったと・・・
それを平気で食べてたんやから
今の子ぉみたいに免疫力の無いひ弱なカダラになりそうもないですはな!!
アハハ
Commented by ikasasikuy at 2016-05-25 21:21
ゾンさん
だいたい子どもが好んで食べるもんしか食べへんね
もっとほかにもいっぱい食べられへんもんあるんやろなぁ
気の毒になぁ・・・
ボクは井村屋のあずきバーは
映画お引っ越し以来のファンやからむりに食べてるんです
甘いもんが苦手とか
魚釣りが上手とか
そんなことは関係ありまおんせん
ほんで
あずきバーのあずきはひらがなで「あずき」とかかんとほんまにまずそうやで〜
Commented by ikasasikuy at 2016-05-25 21:22
ladon師匠
おはよごだます
フライビーンズは揚げたあるから噛み砕きやすいけど
はじき豆はかとうてあきません
海水に浸すのはうまい食べ方やと思いますけど
ほかに食べるもんなかったんですか当時
ボクはうるち米半々で搗いた黒豆の豆餅が大好きで
今でも自分で作って食べます
はじき豆の川の味はわかりますけど
海老雄はのんだことないのでどんな味がしりません
だいたい薬は富山から来る大きな荷物担いだおっさんから置き薬で買ぉてました
腹薬はミヤリサンで頭痛薬はノーシン風邪薬は葛根湯でした
Commented by ladon at 2016-05-25 21:50 x
バリボリ
喰うてました
未だに歯ぁが丈夫なんは
はじき豆のお陰ですかね・・・?
黒豆の豆餅大好き・・・
フムフム
内の嫁といっしょやいっしょや
うちの置き薬屋は大和の高市から
来てはりまおうした
紙風船やらお手玉(紙製の六角形で薬の宣伝印刷がしてある)
なんぞのオマケくれはるのんが、楽しみでおまりました
腹薬は陀羅尼介
頭痛はハッキリやったかケロリンやったか
風邪薬はうどん屋の風邪薬が
定石やったかとおもいます
Commented by ikasasikuy at 2016-05-25 22:48
ladon師匠
はじき豆
長兄が好物でむかし我が家も常備してましたが
噛み砕くと歯が欠けそうで恐ろしゅうて・・・
堅焼き煎餅とはじき豆はつらかったです
フライビーンズも殻だけ上手に「ひゅっ」と吐き出してると
長兄が「皮がうまいんや」ゆうてゆうてました
まあ
揚げたあるからまるごとでもいけますけど

高市というと橿原神宮の南
明日香村
あこら地べた掘ったらなんかの遺跡が出てきそうなとこですね
富山の薬売りも
紙や竹でできた玩具持って家々の子どもの機嫌とってました
ボクらはただで玩具もらえるので薬屋大歓迎でした
置き薬といえば
一週間ほど前
富山の薬売りのお姉さんがきてたん思い出しました
おんなじささ木ゆう名字でした
年のころなら三十二、三・・
いや五はいってるかもしれません
笑うとまあまあかいらしいですけど
美人というほどではありません
はきはきしゃべるしっかりしたお姉さんでした
置き薬の中味調べて1980円使てますゆうて
お金はろて補充してもろたんですけど
そのとき
その紙や竹の玩具の話をしたら
ボクが玩具欲しがってると勘違いしたのか
お姉さん大慌てで
「申し訳ありません今はそんなサービスはやってないんですぅ」
ゆうて困ってはりました
布亀製薬ゆうていまだにそんな置き薬やってるんです
年に3〜4へん来はります


<< メジャーリーグ      缶つま★レストラン >>