2016年 06月 02日
玄米定食
c0120913_8271945.jpg
玄米定食
LUMIX DMC-TZ70




天ぷらささ木
朝の定食シリーズ
大豆メインの玄米朝食
味噌汁も納豆も冷や奴も元は大豆だ
大豆はえらいなぁ
京都人は
あたまとおしりに「お」と「さん」を付けて

 お豆さん


愛情と尊敬を込めて呼ぶ
「お」と「さん」を付けてもらえるのは
豆と芋だけだ

米は「おこめ」で「さん」は付かないが
玄米は米の総元締めだし
ぬか漬けも米のパワーだし
ニッポン人はやっぱり米と豆だなぁ・・・
宮沢賢治も
一日に玄米四合と
味噌と少しの野菜を食べたらしい
土鍋でふっくらとおいしく炊いた玄米ごはんの定食が

 390ヱン

安い、早い、旨い
ただし
玄米は白米を炊く3倍の時間がかかる
浸水時間、水加減、火加減が難しい
てまひまかかるわりに390ヱン
もうけなし
まあ

 ほかで儲けるからいいのだ





 

by ikasasikuy | 2016-06-02 07:20 | 食文化論 | Comments(6)
Commented by juntaseasons at 2016-06-02 07:55
ikasasikuyさん
おはよごだます
おおずっと土鍋炊きですか
えらいなあ
私は炊飯器の玄米モードで手抜きです
毎日食べてると「超」の具合が「会長」です

字が違う?

そんなもんです
あはは
あはは
Commented by Kenneth.K十三〇番弟子 at 2016-06-02 08:06 x
玄米に紅生姜
じゅんたさんスタイルですね?
Commented by ikasasikuy at 2016-06-02 08:30
juntaseasonsさん
おはよごだます
宮沢は一日に四合も食べたそうですが
ボクは一日一合です
朝半合を味噌と少しの野菜で食べ
昼残りをカレーライスで食べます
玄米をたべはじめてから
一日三麺だった食生活が
一日一、二麺になってしまいました
玄米は研いで(洗って)二十四時間(白米は八時間)浸水させます
じゅうぶん水を含ませたら
土鍋でやや多めの水加減で二十分(白米は八〜九分)炊いて火を止め三十〜四十分(白米は十五分)蒸らします
ふっくらした玄米ごはんができます
良く使う土鍋は
ハリオの
http://www.hario.co.jp/gohangama/1go.html
です
電気炊飯器は現在お蔵入りです
いっぺんに六合以上炊くとき以外は洋梨になりました
え?
ようなしは洋梨やのおて用無しや?

ほんまですね
Commented by ikasasikuy at 2016-06-02 08:34
Kenneth.K十三〇番弟子
そうです
じゅんたさんは玄米道の師匠ですから
じゅんたさんスタイルを踏襲しています
むかし
越中五箇山の民宿「まいだ」の名物だった稗めしも
じゅんたさんスタイルの紅生姜が乗ってました
玄米ごはんと「まいだ」の稗めし
食感がよく似てます
どっちも郷愁を誘うごはんです
Commented by ladon at 2016-06-02 09:38 x
おはよごだます
五箇山「まいだ」のオバアの炊く
稗飯、なっつかしいです・・・
米8・稗1.9・砂0.1?
の割合で
アハハ、偶にジャリっとありました
夜明け前から、竿を担いで上流へ行ったり
下劉へ行ったり、釣れない魚を追っかけ廻し
腹ペコ、ノーフィッシュあるいは当て外れのウーさんや
入賞ほど遠いメメザッコニジぶら下げて「まいだ」へ戻ると
朝飯、丼三杯いけました
一杯目は素で
二杯目は山椒の葉ぁの佃煮
三杯目は紅生姜
定番でしたは・・・
Commented by ikasasikuy at 2016-06-02 09:53
ladon師匠
おはよごだます
こないだクボコウイチが
「キヌア」というアフリカ産の稗に似たつぶつぶ(穀類?)で
たこめし炊いて食うてました
砂は入ってませんけど
「これはまいだの味や」ゆうてゆうてました
ボクもこんどキヌア買お
それより稗買ぉたほうがええかな
ほんで
まいだの朝飯
3杯もお代わりしてはったんですか
そんない食えますか?
ボクは2杯が限界でした

そういえば百姓に成り下がったマックは3杯食うてましたわ
こないだ
ふとまた稗めし食べたなって
どっか五箇山周辺で稗めし出す店ないか思て杉本あっしーに聞いたら
「もうどこにもありまおんせん」
ゆうてゆうてました
こうなったらもう自分で炊くしか有馬温泉
米8、稗1.9、砂0.1
稗そんなに入ってますかねえ
ボクの見立てでは
米9〜9.5、稗0.4〜0.9、砂0.1ぐらいと思います
トニーのおとーさんが
「ジュシマツノヱサ」
と呼んで愛したまいだの稗めし・・・
なんとか天ぷらささ木の朝定食シリーズに加えたいもんです


<< 川穴子      カスクート >>