2016年 08月 16日
男の作法
c0120913_12552162.jpg
盛り蕎麦
LUMIX DMC-TZ70



もう二十数年来そうやってきたので
自分の中では「ふつう」のことになっていたが

 蕎麦に唐辛子

やっぱり違和感があるのだ
信州へ行けば
冷たいそばには山葵というのが当たり前で
温かい蕎麦なら兎も角
冷たい蕎麦に唐辛子を振って食べるという食べ方はない

西口さんに訊かれて気が付いた
そういえばボクも元々冷たいそばは山葵だった
最近は品質のいい冷凍山葵もあるし
チューブ入りの山葵にもいいものがある
でも
冷たいそばに山葵ではなく唐辛子にしたのは

 池波正太郎

のせいだ
西口さんに池波の著書の「むかしの味」に書いてあった
と書いたが
自信がなかったので
「むかしの味」を読み直してみたら・・
あらららら
そんなことはどこにも書いてない
もしかして
開高健だったか?
いやいや
カイコーのおっさんはそんな細かいことは言わない
藤沢周平も食べ物にはそこまで拘りがない
やっぱり犯人はイケナミだ
ショータローだ
まちがいない
一度読んだ本はたいがい捨ててしまうので
調べるのが大変だった
あった
あった
「男の作法」だった
問答形式の対談を本にしたものだが
池波正太郎は男の作法として蕎麦の食べ方をあれこれ口うるさく言っている
口うるさい割りには食べ方は自由だとも聞き取れる
その中で

それでね、蕎麦というのは本当に蕎麦がうまければ、何も薬味というのはいらないんだけれども、唐辛子かけるときでも、だいたい唐辛子というものはお汁の中に入れちゃう。あれはおかしい。 唐辛子をかけたかったら、蕎麦そのものの上に、食べる前に少しずつ振っておくんだよ。 それでなかったらもう、唐辛子の香りなんか消えちゃうじゃないか。そうでしょう。

書いている
つまり池波は
ごくふつうに唐辛子を薬味にして蕎麦を食べているということだ
池波を崇拝しているわけではぜんぜんないけれど

 なるほど

と思った次第
試しにやってみたらこれがよかった
以来冷たい蕎麦は唐辛子・・・
である





 


by ikasasikuy | 2016-08-16 13:04 | めん類学 | Comments(2)
Commented by おおはし at 2016-08-17 23:09 x
別の話かもですが、生姜は蕎麦つゆに入れてたのが出てきた気がします。剣客商売だったかな?真似してみたけど、よかったです。自宅では、薬味はネギぐらいで、わさびは塩焼きに良く添えます。魚でも肉でも良く合います。
Commented by ikasasikuy at 2016-08-19 06:39
唐辛子、山葵、山椒、生姜、胡椒、大蒜
どれをどの料理に使うかはひとそれぞれちがいますね
ボクは
うどん(冷)=生姜
うどん(温)=山椒、唐辛子
蕎麦(冷)=唐辛子
蕎麦(温)=山椒、唐辛子

麺類に山葵は使わなくなりました


<< ジェノヴェーゼ      ニューリューキュー焼きそば >>