2016年 09月 10日
鯊の天ぷら
c0120913_7522091.jpg
鯊の天ぷら
LUMIX DMC-TZ70




ハゼが釣れたので
天ぷら「ささ木」臨時開店
九月の鯊はまだまだ小さいので捌きにくいが
できるだけ大きいのを選って背開きにして中骨を取る

前割りしてよく冷やしておいた二階堂のグラスを片手に
ハゼを揚げてはちょっとつまみ・・・
天つゆはやや甘めがいい



c0120913_8235224.jpg
竜田揚げ




さらに小さいのは頭を落として竜田揚げにする
梅雨の頃のデキハゼなら頭ごと揚げるが
九月初旬の鯊はもう頭がカタイ
いわゆるイシアタマだ

中骨までじっくり揚げて
塩を一振り

 フィンガースナップソルト

ひねり塩
親指と中指の二本で塩を摘んで時計回りに強く捻る
早い話がポール牧の「指パッチン」だ



c0120913_7531252.jpg




麦焼酎もうまいけれど
ちょっとだけビールも飲む・・・
きめの細かい泡がハゼを包み込む・・・

 好きなようにゆうとけという声もある



 
c0120913_2072346.jpg
マリネ




マリネと南蛮漬けは同じものだと思っているひとがいるが
(実はボクも数年前まではそうだったが)
じつは

 マリネ≠南蛮漬け

である
南蛮漬けをマリネと言うことはできる
ただし
マリネ(marinade)を南蛮漬けと翻訳することはできない
うまく説明できないが
南蛮漬けはマリネ料理の中のワンオブゼムだ
そんなわけで
これは南蛮漬けではなくマリネである

ところてん
マリネ液を家で簡単に作る方法がある

 酢・・・大さじ4
 オリーブオイル・・・大さじ3
 砂糖・・・大さじ2
 塩・・・小さじ2
 黒胡椒・・・少々
 玉葱・・・適量
 人参・・・適量
 ピーマン・・・適量

野菜を刻んで全部混ぜて一晩寝かせる
これに揚げたての魚を浸けるだけ
ナガクツケテオクトホネマデヤワラカクナル
ワインビネガーやバルサミコがなくてもできる



空僧徒
鯊といえばASYのピケさんだが
ピケさんオリジナル

 オイルハーゼン&スモークドハゼ

めちゃくちゃそそられるぅ・・・・
こんどぎょうさん釣れたらやってみよかしら




 

by ikasasikuy | 2016-09-10 20:41 | 食文化論 | Comments(4)
Commented by ゾン at 2016-09-10 21:55 x
こんばんはイカさん。

ハゼのテンプラ
おいしいやろな~

しかし、勝手ながら
ボキも今年はハぜ釣らなあきませんねん。

来年の一月一日のお雑煮の出汁は
焼ハゼの出汁でいこ~とおもとりますので
ハゼ釣ラナア缶のです。
Commented by ikasasikuy at 2016-09-10 21:59
ゾンさん
こんばんわ〜
マリネが思いの外うまいです
まだぎょうさんのこってますから
あしたもマリネでワインです
ほんで
鯊釣ラナア缶二乗はよくわかりましたが
鯊は釣りに行かな釣れません
それに
ゾンさんの腕で
焼きはゼの出汁用のハゼが釣れるかどうか
ア缶ときは
焼き鯊売ってるとこ紹介したげます
ちょっと高いけど
Commented by ゾン at 2016-09-10 22:15 x
こんばんは、イカさん。

おおきいハゼ縛りで焼きハゼ確保に勤しんでいてはいつまでたっても焼きハゼのお雑煮にありつけません。
ので、小さいのもキープします。
Commented by ikasasikuy at 2016-09-10 23:27
ゾンさん
出汁はゼは10月〜11月に釣った大型を素焼きにして天日でカリンカリンになるまで干したやつを使うねんで
ちいさのんでも出汁出るけどぎょうさんいるで
ほんで
ぞんさん鯊の釣り方しってるんですか


<< 週刊アクアリウムニウス九月号      母なる川で鯊を釣る >>