2017年 03月 25日
帆立めし
c0120913_22511890.jpg
帆立めし
LUMIX DMC-TZ70




帆立めしは麦めしで炊くとうまい
こんど鮹めしも麦を混ぜてやってみよう
麦のめしを食い
麦の水を飲む

 時代は麦

最近は醸造炭酸麦水より蒸留麦水が特にうまい

心太
帆立の旬はいつか・・・
おそらく春ではないかと思う
でもいまは殆ど養殖モノなので年中安定してある
つまり旬は特にないとも言える
つまり年中帆立めしが食えるというわけだ
ニッポンの三大めしは

 鮹めし、海鞘めし、牡蛎めし

これに帆立めしを加えて「めし四天王」にしようという動きがある
しかし
これに対して
牡蛎と帆立では貝がダブるという意見もある
しかし
これに対して
そんなことを言うなら
鮹ももともと貝から派生した動物だし
海鞘もいわば貝みたいなもんじゃないかという反論もある
そこで
ニッポン炊込みめし協会が出した結論は

 んなこたどうでもいい

であった




  

by ikasasikuy | 2017-03-25 19:03 | 食文化論 | Comments(0)


<< あんかけ塩焼きそば      ザ「塩」ラーメン第九作目 >>