2017年 05月 31日
カツカレーどん
c0120913_20595051.jpg
カツカレーどん
LUMIX DMC-TZ70




カツカレーうどんを作ろうと思ったが
ふと
うどんの「う」を取って

 カツカレーどん

にしてみた
どんぶりの底に
千切りにしたキャベツを薄く敷き
その上にごはん
そしてとんかつの順に乗せて
カレーうどんのときと同じつゆをかけ回す

【汁】
 水・・・300cc
 鰹節・・・15g
 昆布・・・5g
 丸大豆薄口醤油・・・大さじ1
 S&Bカレー粉・・・小さじ1/4
 片栗粉・・・小さじ2

最近
水溶き片栗粉であんかけにするタイミングをマスターした
今まではあんが薄過ぎたり濃過ぎたりダマになったり不安定だったが
そういうことがすっかりなくなった

心太(tokoroten)
その片栗粉だが
昔はカタクリから作られていたが
今はジャガイモから精製された粉で作られている
それなのにいまだに片栗粉と呼んでいるのは何故だろう
ジャガイモ粉でどこがいけないのだろう
それに
わらび餅も今はワラビ粉を使わない
サツマイモやタピオカの澱粉から作られている
それなのにサツマイモ餅とかタピオカ餅と言わないのはなぜだろう

 ニッポンの偽装食文化

である
もうそろそろ
ニッポンを偽るのは止めよう
世界に誇れる日本食の明日のために




 

by ikasasikuy | 2017-05-31 12:40 | 食文化論 | Comments(0)


<< ラタトゥイユ      塩ラーメン #45 >>