2017年 10月 23日
南国土佐でコモノ釣り(day1)
c0120913_21233432.jpg
南国土佐の豆チヌ
Xperia XZ SOV34




超大型台風21号が通りすぎた朝
高速バスで高知へ行った
朝6時過ぎに出発して
昼前には高知に着いた
とりあえず今日は鏡川のハゼで様子見だ
ブルーワームを買いに
とさでんトラムで上町四丁目まで行った
四丁目で降りるところ
まちがえて二丁目で降りてしまった
4−2=2
しかたがないので二丁目分歩いた



c0120913_21274417.jpg
つりぐの岡林




岡林といえば「手紙」だが
々もあの歌は内容はわかるが理解に苦しむ
でも今はそんなハナシをしているときではない
大量のブルーワームを買うとボクは屋台餃子を食べに行った
ほんとうは明神丸のかつおのたたきでビールだったが
明神丸は行列ができていた
それで急きょ餃子にした
失敗だった
高くズイマーだった
コストパフォーマンスで言うと
G子のO将の1/6だ
T水軒の1/36だ(当社比)



c0120913_21372168.jpg
〇兵衛の屋台餃子




再びトラムに乗ろうと思ったら
大橋通の電停は女子高生で溢れかえっていた
女子高生は一人のときは多少ビーユーヱスユーな子でも可愛いが
団体のときの女子高生はダメだ
話し声を聞いただけでイライラムカムカする
彼女たちはなぜ大勢でいるとあんなに大声で下品になるのだろう
トラムを諦めてタクシーでホテルまで行った
とちゅう鏡川を渡った
案外増水していない
運転手によると雨はそんなに降らなかったらしい



c0120913_2144149.jpg
鏡川




ホテルに荷を下ろしてすぐに釣りに行った
去年もここで二度釣りをした
ハゼを筆頭に
チヌ、キビレ、スズキ、マルタ、クロサギ、ヒトヒキサギ、モチヱバ
ほぼ入れ食いだった
とくにモチヱバはよく釣れた
しかし
今日はアタリの「ア」の字もなければ
モチヱバの「モ」の字もない
なぜだろう

対岸に釣り人発見
三、四人竿を出している
橋を渡って対岸へ移動する
やってみた
アタリがない
岸沿いに四角い護岸ブロックが入っている
そのキワに落としてみた

 クククク

きた!
ちっちゃいハゼだ
あ!
これヒメハゼじゃないか!



c0120913_21483834.jpg
ヒメハゼ




マハゼより青っぽい褐色で体側に鱗二枚分の黒斑が4つある
居場所がわかるとあとは簡単に釣れた
2時間ほどのあいだに14匹釣れた
入れ食いというほどではないけれどよく釣れた
全部7〜9cmだった

護岸ブロックのさらに内側の穴に落としてみた
ヒメハゼとはぜんぜん違う鋭うアタリがきた
マハゼだった
釣り飽きているのか
マハゼはヒメハゼほど感動がない
宍道湖lであれだけ釣ったら飽きるのも仕方がない



c0120913_21583854.jpg
マハゼ




さらに
ヒメハゼを狙っていると
引ったくるようなアタリがきた
七本継のULが満月になっている
でも魚は小さい
チヌだった
ちっちゃいけどよく引く



c0120913_223523.jpg




前に投げてもチヌがきた
茅渟は川全体に要るようだ
しかし
スズキもクロサギもモチヱバもぜんぜん釣れない

右岸で一時間
左岸で二時間
合計三時間の釣りだったが面白かった
台風の直後でボーズも覚悟していただけに
なんでもいいから釣れてよかった



【本日の釣果】
 ヒメハゼ・・・14匹
 マハゼ・・・2匹
 チヌ・・・4匹
 -------------------------------
 合計 3魚種20匹



c0120913_227185.jpg
沈む夕陽



この一週間
降りに降った雨だが
大きな台風が通りすぎて
初日から絶好の釣り日和となった

さて
明日はどこへ釣りに行くかな・・・




   風去りて 秋空の下 小物釣り
                どろ





 

by ikasasikuy | 2017-10-23 21:52 | 釣魚小全 | Comments(0)


<< 南国土佐でコモノ釣り(day2)      Mr. COLOR #4 Ye... >>