2007年 05月 25日
たこぶつ
タコ料理もいろいろあるが
たこぶつ
これが一番うまい

c0120913_1228572.jpg


まず
タコはぬめりがなくなるまで塩で揉まねばならない
大根おろしを使うとぬめりが取り易い
ゆびでタコをこすったとき
「キュッキュキュ・キュッキュキュ」
というぐらいまでぬめりを取る
大鍋にたっぷり水を入れ塩を一つまみ
これをぐらぐらと沸騰させる
鍋は大きいほどよい
それへさして
タコを投入するのだが
一気に「どっぽん」と入れてはいけない
必ず頭(本当は胴なのだが)を鷲掴みにして
足の先からゆっくりと投入する
するとどうだ
足はクルックルッと見事に外側に巻いて
グロテスクだったタコくんの姿が
気の毒なほどマンガチックになるではないか
思わず「あはははー」と笑ってしまうぞ
しかし
いつまでも笑ってばかりはいられない
30秒から2分でさっと湯からあげねばならない
茹で時間はタコの大きさによって異なる
1キロ級なら1分半ぐらいだ
「おいおい、まだナマじゃないか」
と言いたい気持ちはよく解る
しかし
タコは半ナマが一番うまい
それをぶつぶつぶつとぶつ切りにするだけだ
塩味だけでもうまいが
山葵醤油があれば完璧だ

ああ
またも食べ物ブログ化してきたtm‥‥‥

by ikasasikuy | 2007-05-25 12:28 | 食文化論 | Comments(6)
Commented by 散髪屋でおます at 2007-05-25 07:36 x
うまそなタコですな
タコをぶつぶつって切ったから たこぶつって言うんですか
なるほど なるほど
あれっ なんかまえに読んだ「乾いて候」って劇画に
タコの吸盤だけを取って…どうたらこうたら
それが「たこぶつ」って書いてあったような無いような
曖昧な記憶ですから 忘れてください
Commented by ささき at 2007-05-25 10:12 x
散髪屋はんおはよごだます
明石ダコはマダコです
ほなけん吸盤も小さいです
吸盤だけ取って料理することはないでしょう
皮をむいて刺身にした場合に
皮と吸盤があまるんですが
捨てるの勿体ないから
吸盤を酢の物にしたり
さっと茹でて刺身にすることはありますが
それを「たこぶつ」とは言いませぬよ

日本にはマダコの十倍ぐらいになるミズダコというタコがいて
そうそう、寒い海が好きで
東北地方の太平洋側と日本海側に多いタコです
(北陸地方にもぎょうさんいてます)
そいつは全長3mぐらいに育つので
吸盤も5円玉ぐらいあります
足のつけねの太いところなど500円玉級です
ミズダコは皮を引いて薄造りにして
蛸しゃぶしゃぶにするとべりーうまいです(好き)
吸盤も大きいので刺身として使われます

それをタコブツと呼ぶのかどうか・・・
北の海の水産資源に詳しいhotaka先生、どうなんでしょうね?
Commented by hotaka at 2007-05-25 14:36 x
吸盤は吸盤です
タコブツはタコブツ
タコツブはタコブツとツブ貝の盛り合わせ
Commented by angling-net at 2007-05-25 18:53
hotaka親方
わかりやすい解説
ありがとうごだあます
タコツブ・・・
タコとツブ貝のジェノベーゼというのもありですね
ああ
次いつタコ釣りにいこかなー
Commented by ちっち at 2007-05-25 19:21 x
いや~おいしそう!!!
昨日に引き続き 幸せの食卓ですね
わたし
毎日タコでもいいくらい 大だいダイ…好きなんで
うらやましくて 腹立ってきましたやんか
明日友人とキタで飲むので
絶対 タコブツ 食べることにします~
Commented by ikasasikuy at 2007-05-25 23:46
ちっちさん
蛸はうまいけど
毎日やといやんなりまっせ
え?
いやにならへん?
そですか
明日
キタで飲むのですか
飲み過ぎたときは
ゾンマサ流クビバケツが便利です
今のボクは
素麺と西瓜が食いたい・・・


<< 北からのいただきもの其の弐      幸せの食卓 >>