2007年 05月 26日
北からのいただきもの其の弐
屯田兵に志願して蝦夷地へ渡った和田山の蓑吉から
グリーンアスパラが届いた
こういうものが届くということは
まだ死なずに生きているという証だ
妻も妻の母も
「湯がいてマヨネーズで食べたら美味しいよ」
という
ばかなことをいってはイケナイ
マヨネーズなどトンデモナイ

c0120913_12294590.jpg


アスパラは根元の硬い部分を切り落とし
はかまをすべて取り除き
熱湯でさっと茹でる(1分未満)
茹ですぎると柔らかくなりすぎて
せっかくの食感を損なうので注意が必要だ
さて
ここからだ
グリーンアスパラ専用のドレッシングを作る
材料をあわせるだけなので簡単だ
オリーブオイル
バルサミコ
粒マスタードまたはバジルペースト

胡椒
砂糖
大蒜
これを好きな分量であわせる
できあがりだ

酒は芋焼酎ではなく白ワインであることは言うに及ばぬ

by ikasasikuy | 2007-05-26 12:29 | 食文化論 | Comments(4)
Commented by tri-phop at 2007-05-26 10:51 x
ほ~、そんな食べ方があるのですね。今度やってみます!ちなみにタイはアスパラたくさんありまして、日本へもかなり輸出しているんですよ。
Commented by ささき at 2007-05-26 16:36 x
tri-phopさん
へ〜
アスパラは寒いところで獲れるんかと思てました
タイではアスパラどやって食べるんでしょう?
さっと茹でて
粒マスタードで和えると
象ビールがすすむくんですが
ここはひとつ白ワインで御願いします

Commented by tri-phop at 2007-05-26 17:52 x
タイではオイスターソースなどで炒めて食べることが多いですね。ちなみにタイ語でノーマイファランといいますが、ノーマイ=たけのこ、ファラン=西洋という意味です。白ワインは東北タイの高原地帯に最近評判のよいものがあるので早速試してみたいです。
Commented by angling-net at 2007-05-26 20:01
tri-phopさん
アスパラのオイスターソース炒め
それはうまそうです
ブンボラ城へ行ったら
ノックさんに作ってもらお
タイへ行くと
タイ米の粥(カオパッ)好きです
熱さで胃をやられるのでお粥は有り難いです


<< 北からのいただきもの其の参      たこぶつ >>