2007年 04月 25日
清蒸魚
淡路島メバル釣り大会のとき
ヱンドレス森下釣ったメバルを清蒸にする
ヱンドレス森下はメバルを食べないのでもらって帰ったのだ

c0120913_2021410.jpg


なにしろ大会中に釣れた一番大きなメバルである
煮付けや唐揚げにするのは勿体ない

鱗を取り腸を出してきれいに洗ったメバルを冷蔵庫で一日半寝かせ
料理をする直前に冷蔵庫から出し軽く塩をして常温にもどしておく
メバルの腹に生姜の薄切りを二、三枚入れる
葱、玉葱、韮を皿に敷いてその上にメバルを乗せ
上から紹興酒、醤油をかけまわし蒸篭で蒸す
蒸し時間は約10分程度
蒸し上がったメバルの上に葱、玉葱、韮をたっぷり乗せる
鍋でサラダ油を煙が出始めるまで熱し上からかけまわして出来上がり

油はサラダ油よりピーナツ油の方が良いらしいが
家にそんなものはない
醤油も中国の醤油が甘味があって良いらしいが
家にそんなものはない
甘味のある醤油なら富山の城端醤油(亀甲城)が良いかもしれない
油は鍋に火が入るぐらい熱した方が良いらしい
低温の油をかけるとべとべとして生臭くなるらしい

食てみる
・・・う、うまい

by ikasasikuy | 2007-04-25 20:20 | 食文化論


<< いつもの川 其の十九(下流でア...      fly bassing >>